ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 10月 15日 ( 1 )

七城米 長尾農園 平成30年度の稲刈りスタート!新米の出荷は10月下旬からの予定です!(後編)

FLC日記 2018年10月15日(月) くもりのち晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た、『熊本の美味しいお米』を販売いたします。
いずれもここでしか買うことのできない、ネット独占販売のお米です!
a0254656_16370329.jpg


a0254656_16380273.jpg本日のブログでは、昨日のブログに続き惜しまぬ手間ひまをかける匠の農家さん「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”の稲刈りの様子を紹介しながら、どのようにこの“美しすぎる田んぼ”を毎年育て散るのかをご紹介いたします。

a0254656_16394243.jpgここは熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を育てる田んぼの一ヵ所です。
七城町は、日本有数の米どころでこの地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

a0254656_17540673.jpg「七城の米」は、日本穀物検定協会食味ランキングで、最高位の「特A」獲得しています!
2017年度も9年連続11度目の最高位『特A』を受賞しました。

a0254656_16455805.jpgそんな中、「長尾農園」さんは、惜しまぬ手間ひまをかけ、粒ぞろいの美味しいお米を育てる匠です。
こちらは、先ほどとは別の田んぼです。
私は敬意を表して「長尾農園」さんの田んぼを“美しすぎる田んぼ”と称しています。
私が取材に行ったこの日は、風がありましたが、惜しまぬ手間ひまをかけ育てられた稲たちは、風に揺れながら力強く立っていました。

a0254656_16520791.jpg“美しすぎる田んぼ”と呼んでいる理由は、お米の苗(稲)が、実に同じようにそろって育つからです。
もちろん、この稲刈りを迎えた収穫期も、ご覧の通り同じように実りました。

a0254656_16530381.jpgこの七城町のお米作りも、各農家さんによって育て方は様々です。
そんな中、「長尾農園」さんは、とにかく徹底的に手をかけてお米を育ててきました。
同じように育ち、同じように実ったお米は、粒がそろったばらつきがないことで、お米(ご飯)が大好きな方々が、一目置くほどの最高のお米です。

a0254656_16565903.jpg比較に出して大変恐縮なのですが、こちらは、取材同日の近隣の田んぼの様子で、かなりの稲が倒れていました。
これは私の予想なのですが、おそらく裏作でお米以外の作物を育てるので、肥料が効きすぎて、根を強くはらないため倒れているのだと思います。

a0254656_16594940.jpg「長尾農園」さんでは、お米以外の作物を田んぼで育てません。
稲刈りを終え、田植えまでの間は、裏作を育てることなく、美味しいお米を育てるための土つくりに徹します。

a0254656_17024334.jpg来年の米作りのための土つくりは、稲刈りの時から始まっています。
稲刈りと同時に、細かく裁断された稲ワラが、田んぼにきれいにまかれています。

a0254656_17083253.jpgこちらは以前取材した、稲刈りを終えた長尾さんの別の田んぼの様子です。
稲ワラは、田んぼに鋤き込み有機肥料とするのです。
田んぼの栄養を使って育てられた稲の収穫するのは籾(お米になるところ)のみで、それ以外の葉っぱや茎、根っこは、田んぼに鋤き込んで返して、次の年の肥料となるのです。
もちろん多くの農家さんたちがその方法で土つくりをしています。

a0254656_17144221.jpgしかし、徹底的に手をかけてお米を育てる「長尾農園」さんは、その鋤き込み方が違います。
これは3月上旬に行われる“天地返し”と呼ばれる耕運作業の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17150067.jpgもちろん、「長尾農園」さんのお米作りも、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
掘り返された土と溝との高さの差は、30cmいや、もっとあると思います。
その名の通りまさに“天地返し”で、深く深く稲ワラを鋤き込みながら土を掘り返していくのです。

a0254656_17151113.jpg土を深くまで掘り返すことで、稲ワラも深くまで鋤き込まれ、さらには空気を含んだ土に稲が深くまで根を伸ばすことができるのです。
田んぼのどの場所も均等になるように、この作業は、1枚の田んぼに3回行います。
徹底的に惜しまぬ手間ひまをかけ、お米を育てるのです。

a0254656_17194151.jpg惜しまぬ手間ひまと言えば、この苗床の様子もぜひ紹介したいです。
5月下旬の苗床作りを取材に伺った際のもので、苗床に種まきをしたトレーを並べた後の様子です。
まっすぐに、しかもとことん水平に並んでいますよね。

a0254656_17224950.jpgこの苗床は「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫婦の、惜しまぬ手間ひまの徹底作業によって作られました。
“地ならしペタペタ”と呼ぶ作業で、トレーが水平に並ぶようならしているのです。
種が同じように発芽し、同じように成長するために苗床を均等にしています。

a0254656_17262378.jpg苗床の高さを均等にそろえたことで、水の管理も徹底して行うことができます。
その徹底管理で、苗はこうも同じように育つのです。
「長尾農園」さんは、田んぼのみならず、苗床だって“美しすぎる苗床”です。

a0254656_17295315.jpg田植え前の代かき作業の様子です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんは、「美しく育ててこそ、美味しい作物ができる!」と言う強い信念を実践して農業を行っています。

a0254656_17305739.jpgその為には一切の妥協を許しません。
あぜ道のギリギリまで、徹底的にならします。
稲を植えないこのギリギリの場所も、こうしてくまなくならすことが、同じように稲が育つ秘訣でもあります。

a0254656_17323750.jpg長尾さんが納得いくまで何度も繰り返され代かきをした田んぼへの田植えです。
同じように発芽し成長させ、徹底的にならした田んぼに田植えをして、均等に育つ苗(稲)を育てていくのです。

a0254656_17344397.jpgこれは、7月下旬の田んぼの様子です。
徹底的に手をかけて育ててきた苗は、田んぼに植えられてからも同じように育っていきます。
同じように育つ苗たちが本当にきれいでした。
この育つさまも、私が言う“美しすぎる田んぼ”なのです。

a0254656_17505082.jpg一様に育ち、一様に花を咲かせ、そしていよいよ実りの秋を迎えました。
私は、「長尾農園」さんの田んぼを、こうしてもう何年も年間を通して現地取材してきたからこそ、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』を自信を持ってお勧めできるのです。

a0254656_17520449.jpg今回の稲刈りの取材の際に、「長尾農園」代表の長尾千行さんに尋ねました。
「今年のお米の出来はどうですか?」
「今年も変わらんようにしっかり手をかけて育ててきたけん、良かと思うよ!」
長尾さんは、そう笑顔で答えました。

a0254656_17541962.jpg「今年も長尾さんのお墨付きをいただきましたよ!」
奥様の長尾とも子さんにそう話すと、
「笠さんは、ず~とうちの田んぼば見てきとるけん、笠さんの方が良か出来と言うことがわかるとじゃないと!」
とも子さんは、いつもの明るい声と笑顔でそう話しました。

a0254656_17592565.jpg私は、「長尾農園」さんの米作りの美しさ、そして育て上げた『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』の味に惚れ込み、2年の歳月をかけてお願いにお願いし、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17590257.jpg平成27年度も、仲良しご夫婦が徹底的に手をかけて育て上げたお米は、最高の出来になっています。
ばらつきなく育てられたお米は、甘味が強く、ふっくらとして、お米の香りも際立つ最高のお米です。
現在、毎日稲刈り作業が行われています。

a0254656_17593297.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を、ネット独占販売いたします。
一般流通のない、専用農家さんが安全・安心を第一に育て上げたお米です。
お米の艶、風味、そして独特の甘さ・・・。
ぜひ、新米の美味さを味わってみてください!!
今年も白米、玄米とも10kg入りからの販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
平成30年度新米希望と明記ください!
ご来店お待ちしてます。
ご注文(ご予約)をお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-15 18:02 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)