ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 09月 04日 ( 1 )

無農薬栽培の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2018)

FLC日記 2018年9月4日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』、白エゴマ油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を今年度も販売しています!
a0254656_16444979.jpg


a0254656_16472618.jpg菊池水源産『えごま油』は、いよいよ残りわずかとなりました。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、ご注文は早い者勝ちです。

a0254656_16485940.jpgまた、『焙煎えごま粒(実)白・黒』はできるだけ、焙煎してすぐのものを出荷するために、計画的な焙煎とパッケージをしています。
現在は「売り切れ」とホームページ上では表記されていますが、まもなく再入荷します。

a0254656_16512852.jpg大変ありがたいことに、こちらも人気が高く、前回分はホームページで再入荷のアップをする前に、お電話での予約分のみで完売となりました。
現在は、お電話でのみ、次の焙煎分のご予約を承ってます。

a0254656_16460239.jpgおかげさまで、弊社オリジナルブランド商品の白エゴマ油『ピュアホワイト』は、平成29年度分は早くも完売しました!平成30年度の白エゴマ油『ピュアホワイト』は、12月からの販売予定です。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『えごま』


今年(平成30年度)も、この時期、白エゴマに順調に(?)花が咲きました。
こちらは現在の様子です。
a0254656_16585344.jpg


a0254656_17001902.jpgここで育てている白エゴマは中生の品種で、毎年8月下旬から9月上旬に花が咲きます。
収穫は、開花より約50日後の10月上旬の予定です。
もちろん今年も、完全無農薬、完全無化学肥料で育てています。

a0254656_17025532.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある「白えごま」を栽培する畑です。
この畑では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が、「白えごま」を栽培しています。5月下旬に種を撒き、6月上旬に発芽した苗を苗床で育て、6月下旬にこの畑に定植しました。

a0254656_17073902.jpg今年も順調に育ってきました!と言いたいところなのですが、白エゴマに関しては、2つの天候不順が大きく影響しています。
その要因の一つ目は、台風12号です。
インターネット上では、「逆走台風」などと呼ばれていましたが、東から西へ移動し、九州の南沖に長く居座ったあの台風で、エゴマがねじ切れ枯れてしまった個所が多々あります。

a0254656_17134018.jpgこちらは、7月中旬の様子です。
定植を終えた後、極端な雨不足となり、発育が非常に遅れました。
中には、発育が遅れるどころか、枯れてしまうものまで出てしまうほどの雨不足でした。

a0254656_17170179.jpg例年なら、こうして花が咲く今の時期には私の背丈ほど(180cm)まで成長しているものもありますが、今年は背丈がその3分の2ほどしかありません。
おそらく、反当りの収量はずいぶんと減ることだと思われます。

a0254656_17195710.jpgしかし、ご安心ください。
穂の長さは昨年同様にあることに加え、今年は私の栽培に賛同いただいた菊池水源の農家さんたちが、同じように白エゴマを無農薬で栽培してくれていて、作付面積は増えています。
それらを合わせると、昨年同様または昨年以上の収量になると見込んでいます。

a0254656_17255294.jpg弊社で販売する白エゴマ油『ピュアホワイト』は、“α-リノレン酸”の含有量の高さ(65.3%)と、不純物を全て取り除いたピュアオイルの美味しさで大人気です。
しっかりと育て上げ、今年も良い白エゴマ油を作り上げます。

a0254656_17365544.jpg一方、黒エゴマは、今年からさらに、近隣の農家さんに、この2枚の畑を借り、作付面積を増やして栽培しています。
晩生の品種ですから、7月下旬から8月上旬に定植を行いました。

a0254656_17472652.jpgこちらは、弊社の敷地内にある畑の様子です。
順調に成長していて、8月下旬には管理機を使って土寄せを始めました。
私が育てる作物は、全て完全無農薬、完全無化学肥料栽培です。
エゴマの畑の右側にある、栗の王様『利平栗』たちも、もちろん農薬や化学肥料を一切使用せずに育てています。

a0254656_17590636.jpgこちらは、昨年も作付けた畑の、黒エゴマの現在の様子です。
私は、できる限り畔の草を残しながら育てています。
エゴマはあまり虫がつかないのですが、畔の草を切ってしまうと、食料を失った虫たちがエゴマを襲うのからです。
畔の草に虫をとどめ、エゴマに来させないようにして、農薬を使用せずに育てているのです。

a0254656_17294762.jpgさて、『えごま油』や『焙煎えごま粒』に含まれる、“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。
しかし、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。

a0254656_17315530.jpg“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

a0254656_18081277.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を、大好評販売中です。
また、平成30年度産で作った白えごま油『ピュアホワイト』は、収穫→乾燥→脱穀→唐箕がけ→洗浄→乾燥→選別→搾油を経た、早くても12月からの出荷予定となっています。

a0254656_17372237.jpg黒えごまはそれより1ヶ月ほど遅く、早くても来年1月からの出荷になりそうです!
平成29年度の、菊池水源産『えごま油』『焙煎えごま粒』は、数量限定で現在も販売中です。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文はお急ぎ下さい!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-09-04 18:10 | エゴマ | Trackback | Comments(0)