ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 06月 09日 ( 1 )

菊池水源棚田米 田植えの様子(2018)前編 平成29年度の『菊池水源棚田米』は残りわずか!早いもの勝ち!

FLC日記 2018年6月9日(土) くもりのち晴れ
『菊池水源棚田米』をご存知ですか?
熊本県菊池市、菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられた、一般流通のない大変貴重なお米です。
ネット独占販売する、「FLCパートナーズストア」の大人気商品の1つです!!
a0254656_17060097.jpg


a0254656_17092164.jpg昨年(平成29年)の稲刈り直前の様子です。
平成29年度の『菊池水源棚田米』も、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米、玄米をそれぞれ、10kg、20kg、30kgで販売中です。
もちろん今年も完売間違いなしの大人気商品です。
ご注文はお急ぎください!

詳細を知りたい方、今すぐ購入したい方はコチラ!


a0254656_17132416.jpg本日のブログでは、毎年恒例となっている、田植えの現地取材の様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県菊池市、菊池水源にある、後藤武臣さんの棚田(田んぼ)です。

a0254656_17183113.jpgここ、熊本県菊池市原(はる)にある、菊池水源地域は文字通り水の源(みなもと)に位置する地区です。
近くには名水100選にも選ばれた、「菊池渓谷」があります。
後藤さんの棚田(田んぼ)には、通称「原井出(はるいで)」を通る、新鮮で清らかな水が流れ込んでいます。

a0254656_17194605.jpgこちらがその「原井出」です。
「井出」とは、水田(田んぼ)に水を引き入れる用水路のことで、「原井出」は、総延長は11kmにも及びます。
今でこそ、コンクリートで整備されていますが、もともとは江戸時代(元禄)に作られたものです。

a0254656_17224668.jpg当時、河原手永惣庄屋、河原杢左衛門(かわはらもくざえもん)と言う方が、菊池川上流から水を引く井出の計画を立て、4年余りの歳月を経て、元禄14年(1701年)に総延長11kmにおよび、長短の総延長500mを超えるトンネルを掘り進め完成しました。
その功績をたたえ、このような立派な石碑も建てられてました。

a0254656_17241730.jpg一昨年(2016年)4月16日に熊本県を襲った、“熊本地震”で倒壊しましたが、現在は、こうして仮の記念碑を建てています。
写真は昨年、3月中旬撮影のもの。
原井出の崩壊も心配されましたが、記念碑が倒壊するほどの地震に耐え、今年もしっかりとその役目を果たしています。

a0254656_17260737.jpg原井出がきている、高台から棚田一帯を撮影しました。
写真中央にある建物(たい肥センター)の左隣、この高台から見た最も南にある5枚の棚田(田んぼ)が、後藤さんの田んぼです。
原井出を十て来た水は、棚田をぬける中央の曲がりくねった道路に沿って、さらに用水路が伸び、各田んぼへと水を送り込んでいます。

a0254656_17290144.jpg用水路の様子です。
この写真で言うと、ここから右に向かう水が、後藤さんの田んぼに流れ込みます。
水の源から最初に届く、新鮮で清らかな水です。

a0254656_17312560.jpg後藤さんの棚田は5枚です。
すでに、4枚の田植えは終わっています。
もともと19枚あった小さな三日月形の田んぼ(棚田)を区画整理で5枚にしました。
それでも、どれも曲がりくねった田んぼです。

a0254656_17362678.jpg後藤さんが田植え機に乗ってやってきました。
「天気の良くなりよるごたるけん、最後の田んぼの田植えばするけん、写真撮りにきなっせ!」
電話でそう言って、急きょお呼びがかかったのです。

a0254656_17423218.jpg後藤さんは早速苗の準備に取り掛かっています。
こうして、苗箱からあらかじめはがして、田植え機にセットするのです。
「ほう!見てみなっせ!こぎゃんん根のはった、良か苗のでけとるばい!」と後藤さん。

a0254656_17505063.jpg後藤さんはかなり力を入れて、苗箱から苗たちをはずしています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17522237.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
田植えや稲刈りのみならず、稲刈り後の冬の様子や苗床作り、苗床での苗の成長(写真)、田植え後の稲の成長の段階や、花咲く様子、黄金色に輝く稲穂などその全てです。

a0254656_17564587.jpg「なら、そろそろ始めようかね!」
後藤さんがそう言いながら、田植え機に乗りこみました。
後藤さんは、肥後もっこす(頑固者)の典型的な人なのですが、私にはよくいろんなことを話してくれます。

a0254656_17582475.jpg「昨年の米は売れてしもたかい?」と後藤さん。
「定期購入のお客様の分を確保すると、残りわずかです。」
「なら今年も完売間違いなしだろたい!」後藤さんの顔に一瞬、笑みがこぼれました。

a0254656_18005022.jpg「俺が作った米ば、「うまか!」って食べてくれる人のおるとだけん、俺の目の黒かうちは頑張るばい。」
完売間もないことを聞き、後藤さんは少し照れたのか、そう言いながら田植え機をすすめました。
さぁ、いよいよ田植えの始まりですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することにいたします。

a0254656_18033952.jpg「FLCパートナーズストア」では、後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
清らかな水にこだわる後藤さんが、惜しまぬ手間にまで育てた、安全・安心な美味しいお米で、一般流通のないここでしか買えない貴重なお米です。
平成29年度の『菊池水源棚田米』は、いよいよ残りわずかです!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-09 18:06 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)