ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 05月 01日 ( 1 )

無農薬フレッシュブルーベリー 着果の様子と摘果作業!2018年の初出荷予定日について

FLC日記 2018年5月1日(火) 晴れのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんが無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』を今年(平成30年)もネット独占販売いたします。
a0254656_16583813.jpg
本日は、無農薬で育てる、「安藤農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の果実が、元気に着果した様子を、現地種愛してきましたのでご紹介いたします。

a0254656_17061541.jpg熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の栽培地です。
「安藤農園」さんは、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田を改良して、無農薬でブルーベリーを育てています。

a0254656_17082234.jpg「安藤農園」さんの、『フレッシュブルーベリー』は、その安全性と美味しさが口コミで広がり、その一部をこうしてパックに詰めて販売しています。
私は「安藤農園」さんの、ブルーベリー栽培のこだわりと、その美味さに惚れ込み、「FLCパートナーズストア」での販売をお願いしました。
a0254656_17092845.png


a0254656_17101746.jpg「安藤農園」さんでは、極早生から晩生まで、現在20種類以上、約400株のブルーベリーを栽培してます。
こちらは、極早生品種の栽培エリアです。

a0254656_17115099.jpg生産者の「安藤農園」の安藤則子さんが作業をしています。
「おはようございます!今日はご主人は一緒じゃないのですか?」と尋ねると、

a0254656_17130820.jpg「ハハハッ!いくらおしどり夫婦だと言っても、いつも一緒にいるわけじゃないのよ!」
則子さんのいつもの明るい笑顔と声の返事が返ってきました。

a0254656_17145368.jpg「安藤農園」さんは、自分たちが育てたブルーベリーの商品名を、自ら「菊池おしどり夫婦が育てたブルーベリー」と命名するくらい、とても仲良しの素敵なご夫婦です。

a0254656_17184019.jpg6月上旬の収穫が始まった頃に撮影した、お2人の素敵な笑顔のツーショットです。
そんなお2人の栽培の様子を、私はもう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_17214121.jpgこちらは冬の剪定作業を取材に伺った際の写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17230536.jpgもちろん「安藤農園」さんのブルーベリー栽培の様子も、もう何年も年間を通し現地取材していますが、最も驚いたのが土つくりです。
毎年こうして大量の木片チップを果樹の根元に投与します。

a0254656_17355480.jpg10月上旬の稲刈りが始まった頃のブルーベリーの栽培場越しの棚田の様子です。
棚田とはお米を育てる田んぼで、このブルーベリー栽培地も以前はお米が育てられていました。

a0254656_17332422.jpg美味しいお米を育てる棚田の土ですが、ブルーベリー栽培には向いていません。
そこで、毎年大量の木片チップを投与し、土壌改良してきました。
言うなれば、腐葉土ならぬ、腐“木片チップ”土です。

a0254656_17373053.jpgそんな惜しまぬ手間ひまをかけ育ててきたブルーベリーが、今年もこうして元気に着果しました。
3月下旬に開花した極早生の品種から着果し実っていくのです。
「その辺りはうまく粒ぞろいになっているからいいわね!」と則子さん。
「ん?と言いますと?」と尋ねると、

a0254656_17422897.jpg「極早生の品種は特に大きく育てたいから、摘果してあげるの。もちろん品種にもよるけど、そうしてあげることで、大きくて甘みもあり美味しいブルーベリーができるのよ。」と則子さん。

a0254656_17444155.jpg「え?こんなにたくさんの果樹たちを1つ1つ見分けながらそうしてるんですか?」とまた尋ねると、
「まぁ、そうなるわね。でも、しっかり手をかけないとやっぱりいいものはできないから、これも楽しみの1つかな!(笑)」
則子さんは、やはりかなりの前向きな方です。

a0254656_17471548.jpg「これなんかちょっと多すぎるのよね。そうなると、数はできても大きくならないし、味も落ちちゃうから摘果するのよ。」
「基本的に小さいものを摘果するのですか?」と尋ねると、

a0254656_17512485.jpg「そこは難しいとこよね。こればっかりは長年の経験がないとできないかもね!」
則子さんはそう話しながら、手際よく摘果作業を行っていました。

a0254656_17525622.jpg「今年も6月上旬からの出荷で良いですか?」と尋ねると、
「5月下旬からは少しずつ収穫するけど、ある程度の量になってから、良いものだけを選んで出したいので、そうしてくれるとありがたいわよね。今年も良い実ができてるから自信もって売っていいわよ!(笑)」
「了解しました!ありがとうございます!」そう言って、栽培地を後にしました。

a0254656_17571681.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「安藤農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
6月上旬からの出荷予定で、5月中旬よりホームページでの先行予約の受付をスタートいたします。
お電話ではご予約を承っているので、すでに初回出荷分から多数のご注文(ご予約)を頂いている大人気商品です。
これからも、ブルーベリーの育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなどなど、現地取材を重ねてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-01 18:01 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)