ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 04月 15日 ( 1 )

デコポン(肥後ポン) 蔵出し完熟デコポン『不知火』大好評販売中!次の収穫へ向けた選定作業(その2)

FLC日記 2018年4月15日(日) 雨のちくもり時々晴れ
「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』は、今年も大好評!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「小春農園」さんの蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』をネット独占販売しています。
a0254656_16084153.jpg


a0254656_14004062.jpg現在は、昔ながらの土壁の蔵の中で大切に追熟された、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』が大好評発売中です!
このなんとも愛らしい形状と、糖度と酸味のベストバランスが老若男女を問わず大人気です。

a0254656_16131522.jpg惜しまぬ手間ひまで育て、徹底管理で追熟し、出荷の際に選びに選び抜いた“極選”のキズ一つないデコポンをお届けします。
現在、毎週火曜日と金曜日の発送で、数量限定、完全予約制で販売中です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア」
蔵出し完熟デコポン『不知火』

流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

a0254656_16172420.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの木造のデコポンの栽培ハウスです。
もちろん、この時期にデコポンの果実は実っていません。
ではなぜ私がここにいるかと言うと、“花芽剪定”の作業を取材に伺ったのです。

a0254656_16193842.jpg熊本の旬を販売している「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「小春農園」さんの『デコポン()肥後ポン』の栽培の様子も、収穫の時のみならず、もう何年もこうして年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16222143.jpg本日は、昨日に続き“花芽剪定”の様子をご紹介いたします。
「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「昨年の夏に芽吹いた夏芽にも花は来るとたい。でも、勢いが良すぎるけん果実がごつごつした感じになるとたいね。」と小原さん。

a0254656_16243892.jpgこれらがおまお話に出てきた夏芽です。果樹全体のバランスを見て、不要な枝を剪定し、良い花芽を残すこの花芽剪定で、デコポンの出来の7割は決まる!と小原さんはいつも話します。

a0254656_16272941.jpg「俺はいつも「命を吹き込む花芽剪定」って言いよるでしょ?絶対に間違うことができない選択をしながら、枝を切り落としよるとたいね。」
小原さんがいつもの優しい芽から、まさに“匠”の芽と変わり、真剣なまなざしで剪定作業を行っています。

a0254656_16371607.jpg「こっちのハウスは『不知火』ばっかりばってん、実はこの子だけは『ひのゆたか』たいね。花芽剪定がちょっと難しかとたい。」と小原さん。
「やはり、『不知火』と『ひのゆたか』では剪定の仕方が違うんですか?」と尋ねると、

a0254656_16394532.jpg「ほら分かる?まだつぼみが見えんでしょ?だけん、違うと言うより『ひのゆたか』は蕾が来るのが遅いけん、今は全体のバランスを見て大まかな剪定をして、細かい花芽剪定は、またあらためてするとたいね。」

a0254656_16434397.jpg「こうして、のこを使って枝ごと落とすこともあるとばってん、残した枝に花が来んこともあるけん、その見極めは大事たいね。」
「え?匠をもってしても、間違うことがあるのですか?」とまた尋ねると、

a0254656_16452946.jpg「ハハハッ!まぁ、めったにはなかばってん、たまにはあるよ(笑)!でも、そうならんように、収穫後も有機肥料もしっかり与えながら管理してきたけん、心配せんでも大丈夫ばい!」と小原さん。

a0254656_16493263.jpgこちらは、収穫の取材の際に撮影した、熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』です。
「小春農園」さんでは、この『ひのゆたか』と『不知火』と言う2種類のデコポンを栽培しています。
正直、私にはその果実でどちらがどうだと見分けることはできません。

a0254656_16544571.jpgしかし、収穫から出荷までには大きな違いがあるのです。
一般的にはデコポンとは『不知火』と言う品種のこを称しています。
『不知火』は収穫してすぐは酸がきついためすぐに食べることができません。
追熟を必要とし、糖度と酸味のベストバランスになったものだけを出荷します。
今の時期に弊社で販売しているデコポンは、全てこの『不知火』と言う品種です。

a0254656_16515813.jpg一方、『ひのゆたか』は、樹上で完熟し、デコポンの糖度と酸味のベストバランスの美味しさを、追熟を必要とせず収穫後すぐに味わうことができる特別なデコポンなんです。

a0254656_17022788.jpgそうこうしていると、小原さんの息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんが、隣の究極の柑橘『せとか』の剪定作業を中断しやってきました。
「何か声がすると思ったら、やっぱり笠さんでしたか!」と将輝さん。

a0254656_17051949.jpg「今日は、俺はデコポン、将輝はせとかって、2手に分かれて剪定ば行いよったとたい。」と小原さん。
「小春農園」さんでは、この親子の匠を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_17074923.jpg本日ご紹介している『デコポン』の他には、現在は、幻の白い『長生たけのこ』(写真)や『乾燥しいたけ』を、大好評発売中です。
その他にも、『干したけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、山あいの『甘熟いちじく』、『ザ・みかん』、清流の里の『原木しいたけ』、究極の柑橘『せとか』などすべてが、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

a0254656_19361077.jpg幻の白い『長生たけのこ』は、数量限定の完全予約制販売で、毎回の出荷予定分は全て完売する大人気商品です。
今年の受注は、残すところ4月20日(金)、4月24日(火)、4月27日(金)の3回分のみとなっています。
ご注文はお急ぎ下さい!

↓今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_17191822.jpg「今年もほんと良か花芽の来とるばい!」小原さんはそう言いながら、とても優しい眼差しで、デコポンの花芽を見つめていました。
「小春農園」さんの「命を吹き込む花芽剪定」作業は、これからまだまだ続きます。

a0254656_17214464.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原さんの長年の経験と卓越した技術、さらには果樹栽培を大学で専門的に学んだ将輝さんの新たな知識で、今年も間違いなく“本物”と呼べるデコポンを育て上げてくれることを私は確信しています。

a0254656_17402591.jpg「小春農園」さんでは、すでに来シーズンのデコポン栽培がスタートしていました。
現在「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』を、ネット独占販売しています。
この時期にありがちな、「訳ありデコポン」とは異なる、美しいデコポンをぜひご賞味ください。

a0254656_17433729.jpgもちろん、その美味さはには絶対の自信をもっておすすめいたします。
リピート率ナンバー1の大人気商品がこの『デコポン(肥後ポン)』ですよ!!
ご贈答用にも大変喜ばれる、くまモンのデザインボックスに入った商品も大人気です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-04-15 17:44 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)