ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 02月 25日 ( 1 )

熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』 そだね!ジャパン効果?売れてます!!

FLC日記 2018年2月25日(日) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、安全・安心、美味しいにこだわりぬく、匠の農家さんの熊本産高級イチゴを大好評販売中です!
a0254656_16082796.jpg
本日はその中で、完熟のイチゴ本来の美味しさにこだわる、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』を紹介いたします。

a0254656_16123796.jpg『紅ほっぺ』は、美しい色合い、甘い果肉で、普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴです。
平昌オリンピックの女子カーリング「そだねージャパン」の皆さんが、スイス戦のおやつタイムでイチゴを食べていたからでしょうか、弊社の売れ筋ランキングで、イチゴが1位と2位を独占しています。

a0254656_16185165.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、商品名にあえて“完熟”と入れる、美味しさへのこだわりを持ったイチゴです。
最も美味しいタイミングにこだわり、“完熟”で収穫された、朝採りイチゴを即日発送でお届けしています。
定植後の果実の栽培期間では、一切農薬を使用しないという安全性においても人気なんです。

a0254656_16252986.jpg「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』は、そのこだわりゆえ、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)はお急ぎください!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_16325770.jpgここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの熊本産高級イチゴ『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
「牛島農園」さんは、減農薬栽培の安全性と完熟の美味しさにこだわった匠の農家さんです。

a0254656_16351538.jpg数棟の単棟の栽培ハウスで、『紅ほっぺ』を栽培しています。
ハウスと言えどもボイラーを焚くことなく、無加温で育てています。
収穫を終えたばかりの「牛島農園」代表の牛島武文さんにお話をうかがいました。

a0254656_16382476.jpg「多くのイチゴ農家さんが連棟のハウスで栽培していますが、担当のハウスには何かこだわりがあるのですか?」と尋ねると、
「こだわりと言うより、うちでは加温せんけん、担当の方がハウス内をむらなく温度管理できるとたい。」

a0254656_16405189.jpg「その分、それぞれのハウスのビニールの開閉は大変にはなるたいね。それと、この時期は農薬を一切使わんけん、もし病気が入っても一斉に広がる恐れは避けやすいたいね。」

a0254656_16472636.jpg「最近、えらい好評のごたるばってん、イチゴは俺が育てる水田ごぼうやキャベツ、白菜なんかの無農薬の有機栽培じゃなくて、ちゃんと“減農薬栽培”ってわかるようにしとるとだろうね?」と牛島さん。
私は「もちろんです!」と、即答しました。

a0254656_16510128.jpg「牛島農園」さんでは、すでに、40年も前から、食の安全に取り組み、水田ごぼう、キャベツ、白菜などを、完全無農薬・無化学肥料のこだわりの有機栽培で育てています。
※今期の『有機栽培キャベツ』の販売は終了しました。

a0254656_16500691.jpg4月下旬からは、有機栽培で育てた『水田ごぼう』の出荷がスタートします。
『水田ごぼう』は熊本県菊池市が発祥の地で、今でも生産量は日本一です。

a0254656_16541946.jpg本来は、イチゴも無農薬栽培で育てたいのですが、どうしてもやむなく農薬を使わざるおえません。
写真は、7月中旬のイチゴの苗床の様子です。
イチゴはバラ科に属する多年生植物です。
親株から伸びた“ランナー”と呼ばれるツルで、新しい株を増やしていきます。

a0254656_16575224.jpg夏の時期の幼い苗たちは、どうしても病気になりやすいので、「牛島農園」さんでは、苗床にある夏の時期にだけ、元気な株を育てるため、最低限の農薬(慣行栽培の農薬の量の半分)を使います。

a0254656_16591191.jpg9月中旬のイチゴの定植作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。

a0254656_17044821.jpg10月中旬のイチゴを育てる畝にマルチビニールをはる作業の様子です。
「牛島農園」さんでは、ハウスに定植後、一切の農薬をしません。
夏の時期に観光栽培の半分の量とはいえ、農薬を使用するので、「イチゴはあくまで減農薬栽培!」だと言うのです。

a0254656_17073113.jpgそれでも、11月にはこうして元気な花が咲き始め、あの美味しい紅ほっぺができるのです。
それは、牛島さんの高い技術と徹底管理によって育てられています。

a0254656_17101233.jpg牛島さんの口ぐせは、「生産者は正直であれ!」です。
その言葉通り、減農薬栽培で育て、こだわりの完熟で収穫し即日発送でお届けしています。

a0254656_17542838.jpg「ここ最近注文が増えているのは、そやねージャパンのおやつタイムの影響もあるかもしれませんが、リピーターさんが多いので、やはりその美味しさじゃないですかね!」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しかねぇ~!」と牛島さんは、なんだかとても無邪気な笑顔でそうこたえました。

a0254656_17584326.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの朝採り『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売しています。
その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、全国的にも大変人気の高い品種です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-02-25 18:01 | イチゴ | Trackback | Comments(0)