ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 02月 09日 ( 1 )

熊本ぶどう 社方園 冬眠から目覚める前の準備と熊本農業高校からの農業実習(2018)前編 

FLC日記 2018年2月9日(金) くもりのち晴れ

a0254656_17341995.jpg熊本県山鹿市にある「社方園」さんは、“本物”と呼べる熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を作り上げる匠の農家さんです。
本日は、この時期に行うぶどうの果樹が冬眠から目覚める前の準備作業を、現地取材してきた様子をご紹介いたします。

a0254656_17371641.jpg


a0254656_17311000.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もぶどうの匠「社方園」さんが育て上げた、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

a0254656_17460021.jpg「社方園」さんの『山鹿のぶどう』は、1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!
口にほおばると、ぶどうの甘味が口の中で爆発する!と言う表現がぴったりの、まさに最高級のぶどうなんです。
「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを、黒ぶどう、赤ぶどう、白ブドウの3色そろえて販売開始します。
夏が始まったばかりの、7月7日ですよ!

a0254656_17521279.jpgそのためには、徹底した管理と匠の技術が必要です。
それでは、本日取材した栽培ハウスの様子をご紹介しましょう!
「社方園」さんの数ある栽培ハウスの中の1ヶ所に伺いました。

a0254656_17561270.jpg「おはようございます!」と声をかけると、
「笠さん!奥にいます!」と、声がしました。
さっそく行ってみると、ハウスの内張りビニールの設置作業の真っ最中です。
毎年この時期、ハウスを2重にして、冬眠から目覚めるぶどうの果樹ための準備作業を行っています。

a0254656_18163574.jpgこちらは、1月中旬に、冬の剪定作業を現地取材に伺った際の写真です。
冬の時期、ぶどうの果樹たちは冬眠状態です。
冬の剪定作業は、昨年、活躍した結果枝を剪定し、新芽の芽吹きを待つための冬のとても重要な作業です。

a0254656_18194206.jpg「社方園」園主の社方武路さんが、その作業を行っています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18225901.jpgもちろん、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も収穫時期のみならず、年間を通して現地取材してきました。
今回は、ハウスの内張りの取材で、武路さんのお父さんで、「社方園」初代園主の社方義武さんが脚立に上り作業をしています。

a0254656_18271977.jpgそして、2人の若者が義武さんの指示のもと、内張り作業を一生懸命お手伝いしていました。
熊本農業高校から、8日間の農業実習に来ている高校生です。

a0254656_18325381.jpg作業の途中だったため、軽く挨拶をかわし、2人の作業風景をしばらく見ていました。
「もう少しこちらを引いた方が良いですか?」
自ら声を発しながら頑張る姿が、なんだか頼もしいです。

a0254656_18350634.jpg熊本農業高校から農業実習に来ている、こちらは福永陽介くんです。
「今日で何日目?作業には慣れた?」と尋ねると、
「3日目になります。ビニールはりは3日目なので少し慣れました。でもまだまだ指示を頂いたことを、一生懸命やっているだけです。」
なかなかしっかりした返事が返ってきました。

a0254656_18400798.jpgそして、こちらが井上嵩太くんです。
「ん?地下足袋?毎年実習生見てるけど、地下足袋は初めてやね!」と言うと、
「白い長靴が、いわば制服なんですけど、足元が濡れる作業ではないので、地下足袋が良いかと思って!」と井上くん。
「2人は卒業したら農業をするの?」と尋ねると、

a0254656_18562546.jpg「将来的にそうなりたいと思ってます。いとこの兄貴と一緒にできたらて思ってるんです。」
福永くんが、少し緊張しながらカメラ目線でそう答えてくれました。

a0254656_18595202.jpg「井上くんは?」と尋ねると、「実家がぶどう農家なんで、ぶどうを作りたいと思ってます。だから社方さんところを希望して伺わせていただきました。」

a0254656_19045310.jpgしっかりしたビジョンを持ち頑張っている2人の様でした。
「そこが終わったら、こっちば手伝って!」と武路さん。

a0254656_19104512.jpg「福永くんは脚立をもってきて!井上くんは、肥料を散布するけんよろしく!」と指示があり、2人は気持ち良い返事をしてすぐに動き出しました。

a0254656_19134698.jpg「これってピートモスですか?」と尋ねると、
「そうですね!この時期に良い根が生えるように散布するんです。」と武路さん。
“良い根”と言う、大事なキーワードが出てきました。

a0254656_19163328.jpgそれについても詳しくお話をうかがったのですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介したいと思います。
ぶどうの匠「社方園」さんでは、この時期にハウスの内張りをはり、土つくりをしながら、ぶどうの果樹の目覚めを待ちます。

a0254656_19264518.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
5ヶ月先の7月7日からの販売スタートです。
その間の栽培の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を今年もきちんと現地取材して紹介します。
まずは、明日のブログで熊本農業高校の実習生の頑張る姿と、“良い根”について紹介いたします。
明日のブログも見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2018-02-09 19:35 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)