ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2018年 02月 07日 ( 1 )

幻の白い「長生たけのこ」 毎年大量の親竹を伐採し「たけのこ畑」を作る匠と白さの秘密の土の話(後編)

FLC日記 2018年2月7日(水) 雪(積雪2cm)のちくもり時々晴れ
幻の白い『長生たけのこ』は、この限られた地の独特の赤土の土壌と、「小春農園」さんの惜しみない手間ひまによって、育てられた至高のたけのこです!!
a0254656_18141343.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度も、「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売いたします。

a0254656_16542487.jpgこれが、幻の白い『長生たけのこ』です。
熊本県山鹿市鹿北町の「長生(ながそ)地区」にある、粘土質の赤土の特別な土壌で育つたけのこです。
人気の秘密は、その白さと共に、やわらかい食感です!!

a0254656_16573669.jpg一般的なたけのこと比較してみました。
右がもちろん、幻の白い『長生たけのこ』です。
左は、「小春農園」さんが、同じように徹底管理で育てた、他の“たけのこ畑”のたけのこです。
その違いは歴然!
本日は、昨日のブログに続き徹底管理の1つ“伐採作業”と、その白いたけのこを生み出す特別な土壌についてご紹介いたします。

a0254656_17013011.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの“たけのこ畑”です。詳しい場所はお教えできません。
「小春農園」さんの5つある“たけのこ畑”の中の、唯一、幻の白い『長生たけのこ』が育つ場所で、ほんの一部の関係者しか知らない場所なのです。
この時期、活性化のための“伐採作業”が行われています。

a0254656_17053108.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんが、チェーンソウを起動し伐採する親竹を切り始めました。
「本当は根元を全て谷の方に向けて伐採するのですが、これは道路に沿って倒すことにします。」と将輝さん。

a0254656_17130692.jpg伐採後に全て運び出すため、作業効率を考えこうして同方向に倒していくのです。
その為に、チェーンソウで切る人と、倒す方向にロープで引っ張る人の2人で“伐採作業”は行います。

a0254656_17161009.jpg将輝さんが伐採し、お手伝いに来ている後輩の松本さんが引っ張っています。
倒す方向に切り込みを入れ、反対側を水平にバッサリ!
ほんの10秒ほどの出来事でした。

a0254656_17353376.jpg切った根元の方を倒す方向と反対側にずらしていくと、予定の方向に伐採した親竹が倒れました。
伐採後は、枝を落とし、一定の長さに切りそろえます。
伐採した親竹は全てを積み出して、契約している業者さんへと運び、そこで高級和紙へと生まれ変わるのです。

a0254656_17402387.jpg「今年も、幻の白い『長生たけのこ』は順調ですか?」と尋ねると、
「えぇ!もちろん!!しっかりと有機肥料を与え、土壌に不足しているミネラルも散布したので、親竹もイキイキしていますよ。」

a0254656_17445306.jpg「たくさんの古い親竹を伐採して、計画的にバランスよく今年も親竹を残して、毎年活性化させていくことが大事ですね!」
「小春農園」さんでは、年間を通して徹底管理し作り上げた竹林を、「たけのこ畑」と称しています。

a0254656_17502166.jpg「でも、うちの他のたけのこ畑も同じように管理し有機肥料やミネラルも与えてますが、ここでしか幻の白い『長生たけのこ』はできませんから不思議ですよね。やはりこの粘土質の赤土が良いんだと思います。」と将輝さん。

a0254656_17542061.jpg水分をしっかり含んだ、かなり粘り気のある粘土質の赤土です。
この独特な土壌が、ここには地中深くまで堆積しているのです。
幻の白い『長生たけのこ』を生み出す大変貴重な土なんです。

a0254656_18082734.jpgしかし、ここで育つ全てのたけのこが幻の白い『長生たけのこ』として出荷するのではありません。
こちらは以前取材した収穫(たけのこ掘り)の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18180313.jpgもちろん、「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは収穫したたけのこの根元を切りそろえ出荷をする際に撮影した写真で、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。

a0254656_18361933.jpg「笠さんがさっき収穫したたけのこば写真撮りよったたい。ばってん、あれが全部、幻の白い『長生たけのこ』にはならんとたい。ここでしっかり選び抜いたものだけがそうなるとたいね。」

a0254656_18253323.jpg「まず、長生のたけのこ畑で採れたもので、たけのこの穂先(先端の葉っぱの部分)が完全に地中に埋まっている状態を、探し出し掘り上げたものたいね。それに、ずんぐりむっくりした丸々したとじゃなかといかんとたい。だけん、どうしても数量限定になってしまうとたいね。」と小原さん。

a0254656_18301666.jpgそのこだわりが多くのリピート購入を呼び、すでに今年もたくさんのご予約を頂戴している大人気商品となっているのです。
写真は、出荷する前に箱詰めした幻の白い『長生たけのこ』です。

a0254656_16515685.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの「幻の白い『長生たけのこ』」をネット独占販売いたします。
除草剤など一切使用せず、有機肥料とミネラルを与え、年間を通して徹底管理し育て上げた“たけのこ畑”で栽培した、安心安全なたけのこです。

a0254656_18384241.jpgまだ、一瞬たりとも太陽の光を浴びていない、穂先(たけのこの先端の葉っぱ)がこのように黄色い、土の中のたけのこを、朝掘り即日発送でお届けいたします。
3月上旬から、先行予約の受付をスタートし、3月下旬または4月上旬から5月上旬までの、期間限定、数量限定の完全予約販売です。
もちろん今年も、幻の白い『長生たけのこ』の収穫の様子は現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2018-02-07 18:42 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)