人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2015年 11月 09日 ( 1 )

紅葉狩りにおすすめ!!菊池渓谷と菊池、阿蘇スカイラインの紅葉の穴場スポットを紹介!その2

FLC日記 2015年11月9日(月) 雨
昨日に続き、菊池渓谷、菊池・阿蘇スカイラインの紅葉の穴場スポットをご紹介します。
a0254656_16571627.jpg

a0254656_1659310.jpg昨日のブログで、隠れた観光スポットと共に、現在の紅葉の様子をご紹介しました。
菊池川第五発電所の敷地の紅葉です。
ここの紅葉は、とにかく色が濃くて鮮やかなんです。
その様子は、昨日のブログで紹介していますので、そちらのブログもご覧ください!!

↓ FLC日記 ↓
2015年11月8日(日)
紅葉狩りにおすすめ!!
菊池渓谷と菊池、阿蘇スカイラインの
紅葉の穴場スポットを紹介!その1


a0254656_1731033.jpg昨日のブログでは、菊池渓谷に行くには、菊池方面から菊池渓谷を通り過ぎて、その先にある菊池渓谷中央駐車場を利用するのがお勧めです!と言う話をしました。
そこからは、700mほどの遊歩道を通って菊池渓谷に行けますし、日曜日は無料のシャトルバスも出ています。

a0254656_17145843.jpgちなみに、菊池渓谷中央駐車場からの遊歩道は、もちろん舗装などされていない、上り下りがかなり激しい遊歩道です。
くれぐれも歩きやすい靴が良いですよ!
たっぷりと森林浴をお楽しみいただけると思います。

a0254656_17253926.jpg「菊池渓谷」は、日本を代表する観光スポットの1つです。
夏の避暑地として、またこの時期の紅葉狩りに、県内外から多くの方観光客がが訪れる名所です。
最近では、福山雅治さんが出演しているビールのコマーシャルにも菊池渓谷が使われていたようです。
本日は、あえて菊池渓谷内の紹介を控えますが、ぜひお立ち寄りいただきたいと思います。

a0254656_17301940.jpg菊池渓谷中央駐車場は、県道45号線を挟んで両サイドにあります。
菊池渓谷駐車場を出たら、阿蘇方面へ向かってください。
その道を、「菊池・阿蘇スカイライン」と呼んでいます。

a0254656_17372159.jpgこれから紹介する橋を渡るまでは、道路の右手は山肌で、左手は谷になっています。
その谷の向こう側の山肌には、たくさんの紅葉を見ることができるので、運転手さん以外はずっと左を見ていていただいて良いほどですよ。
それがこちら!!
a0254656_17411271.jpg

a0254656_1742887.jpg道路沿いの木々で見えにくいところもありますが、こんな景色がずっと続いています。
途中に駐車できるスペースもあるので、安全を確認して車を止めて、その景色を楽しむのもいいでしょう!!

a0254656_17451721.jpgもちろん私も、その駐車スペースに車を止めたっぷりとその景色を楽しみました。
この写真は菊池方面を写したものです。
午前中にこの道を通ると、谷向こうの山肌に光が当たり、美しい紅葉を見ることができます。

a0254656_17531621.jpgその後はさらに阿蘇方面へとお進みください。
道路の左手にあった谷(川)を横切る橋があります。
そこが、穴場の観光スポットなんです。
橋と、この左手にある見事な紅葉が目印です。

a0254656_17572733.jpg橋を渡った先の右側には、ちょっとした駐車スペースがあります。
たくさんの車が止まっていますが、車を止め降りてまで見たい目的は、3つです!

a0254656_1844687.jpg一つ目は、先ほど紹介したこの大きな紅葉の木!
穴場として紹介せずとも、初めて通る方もその美しさに惹かれ、ついつい車を止めてしまいます。

a0254656_188143.jpg橋の中央付近に立ち、目の前を見ると先ほどまで左手に見えていた山肌の紅葉を、さえぎるものなしで見ることができます。

a0254656_1893129.jpgそしてさらに、橋の下をのぞき込むと・・・。
今度は紅葉を橋の上から見下ろして眺めることができるのです。
私のシルエット(影)が紅葉たちに映っていますね!

a0254656_18144549.jpgその後は、橋の反対側を見下ろしてください!!
これが2つ目の観光スポットです。
滝つぼを真上から見下ろすことができるんですよ!
こうして真上から滝つぼをのぞき込むことができる場所は、そうそうないのではないでしょうか!

a0254656_1818264.jpgそして、3つ目は、橋のたもとの脇道の散策です。
県道45号線を阿蘇方面に向かい、j左側にある脇道に入ると木漏れ日の中のお散歩が楽しめます。

a0254656_18212514.jpgここは一般道で、あくまで遊歩道ではありませんので、車の往来にはご注意ください。
(めったに車は通りませんが・・・)
落葉樹の落ち葉の絨毯の上を歩くのがとても気持ちいいんです。
ここまで来る途中に左手に見えていた“むこう側”から自分たちが上ってきた道を見ることができますよ。

a0254656_1829529.jpg散歩を楽しんだ後は、車に戻り阿蘇方面へもう少しドライブを楽しみましょう!
橋を渡ったので、今度は左右が入れ替わり、左手に山肌、右手が谷になります。

a0254656_18321335.jpgお散歩もして、そろそろおなかもすいてきたでしょ?
来るまで10分ほど登ると、左手にお食事処がります。
見事な紅葉の庭が自慢のお店です。

a0254656_1834342.jpgここは、「渓趣の里」と言うお食事処です。
肥後田楽、郷土料理、地鶏などに加え、熊本名物の“だご汁”もおすすめですよ。
今回は、食事をすることなく、駐車場でUターンさせて頂き、菊池方面へ戻りました。

a0254656_1837575.jpgそのまま阿蘇方面へ進むと、阿蘇の世界一のカルデラを一望できる「大観峰」と言う観光スポットもあります。
私は、今度は右手に谷向こうの紅葉を見ながら、自分の会社へと戻りました。

a0254656_18413632.jpg私の会社は菊池方面からくると、この駐車場と発電所が目印で、そこから右に入った山奥にあります。
株式会社旬援隊と言って、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。

a0254656_18464643.jpgこちらが、株式会社旬援隊の本社社屋です。
私はこの地で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_18481869.jpg昨日と今日のブログでは、菊池渓谷と菊池・阿蘇スカイラインの観光スポットの紹介をしましたが、自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を、全て作付地に年間を通して取材に伺い消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_18524034.jpg現在、最もお勧めしているのが、3人のこだわりの匠が育てた「くまもとの美味しいお米」です。
その他にも、産地直送の新鮮野菜や、旬のフルーツなども販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより、詳しい情報をご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-11-09 18:56 | FLC | Trackback | Comments(0)