ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2015年 10月 25日 ( 1 )

熊本イチゴ『さがほのか』 マルチ張り作業

FLC日記 2015年10月25日(日) 晴れ
「定植を終え、今日でちょうど1ヶ月ですね。畝(うね)にマルチビニールをはる作業をしています。良かったら見に来ませんか?」
「杉本農園」の杉本一博さんにそうご連絡いただき、さっそく現地取材に伺いました。
a0254656_16383358.jpg
ここは熊本県山鹿市にある、「杉本農園」さんの、熊本産高級イチゴ『さがほのか』を栽培する連棟建ての広い広いハウスです。

a0254656_16493754.jpg『さがほのか』は、イチゴらしい三角形のかわいらしい形状と、とても芳醇な甘い香りで大変人気の高いイチゴです。
「FLCパートナーズストア」では、イチゴ一筋16年、イチゴの匠「杉本農園」さんの、高級いちご『さがほのか』をネット独占販売しています。
11月下旬または12月上旬からの販売予定です。

a0254656_1652972.jpg果肉は真っ白でとてもきれいですね。
フレッシュな『さがほのか』は、もちろん生食でも、ケーキに使ったり、お菓子に加工しても美味しいので今シーズンも、すでにご予約を頂戴している人気ぶりです。

a0254656_17215100.jpg「あらぁ!笠さんいらっしゃい!一博は、今、潅水(作物に水を与えること)のためのバルブを開けに行ってるの。すぐに戻るから、ちょっと待ってね!」
一博さんのお母さんの洋子さんがマルチビニール張りの手を止め笑顔で話しながら迎えてくれました。

a0254656_1723449.jpg栽培ハウスの畝には、潅水チューブが通されていました。
このチューブを使って、イチゴの苗に水を与えるのです。
的確な時期に、的確な量の潅水を行い、苗に与える水の調整を行っています。

a0254656_1735482.jpgハウスには、スプリンクラーも設置してありました。
9月20日の定植後、マルチビニールをはるまではこのスプリンクラーで霧のよううな水を降らし潅水を行っていました。

a0254656_1773697.jpgバルブを開けた一博さんが、広い広いハウスを戻ってきました。
しかしその途中で、何かを見つけ作業をしています。
「おはようございます!どうかしたのですか?」と近寄っていくと・・・。

a0254656_17105877.jpg「おはようございます!ほら!定植作業の時に話した“泥芽”が伸びていたんで、摘んだとこです。これをそのままにしておくと、1番花のイチゴが美味しく育たないんですよ!」

a0254656_17131234.jpg「もうこんなに伸びてたんで、気になって芽カギしてました。」と一博さん。
“泥芽”とは、いわゆる脇芽のことで、それがそのまま伸びると栄養をそちらに取られ、最初に実るイチゴの品質低下につながります。
詳細は、定植作業を取材したときのブログのせてますので、ぜひご覧ください。

FLCパートナーズストアオフィシャルブログ
 
FLC日記 2015年9月22日
『熊本イチゴ『さがほのか』 苗床から定植へ!その2』



a0254656_1732857.jpgマルチビニールをはる様子を見せていただきました。
畝には2列にイチゴの苗が定植してあります。
中央に伸ばしたマルチビニールを引き寄せています。

a0254656_1735681.jpg「イチゴの苗の株間は25cmと決めているので、それに合わせて、あらかじめ、マルチには切れ込みを入れてるんですよ。」

a0254656_17373913.jpg「ほら!ちょうどその下に苗があるでしょ?それを確認して・・・。」

a0254656_17395612.jpg「イチゴの苗を、こうしてまとめて・・・。」

a0254656_17405047.jpg「傷つけたり、枝を折ったりしないように、優しく丁寧に引き上げます。」

a0254656_17421990.jpg「引き揚げたら、元のように枝やはっぱをひろげてあげたらOKです。まぁ、基本的には、この作業の繰り返しですね!」
一博さんが実演しながら説明してくれました。

a0254656_17451763.jpgところどころ、竹串を刺してマルチビニールがずれないようにしています。
また、この時期はまだ暖かすぎるので、マルチを畝の下まではらずに、上部だけで止めています。

a0254656_17533017.jpgこの広い広い連棟建てのハウスで、一株一株このマルチビニールをはる作業をするのですから、かなり大変な手作業です。
一博さんも、お母さんの洋子さんも、とても手際よくその作業を進めていました。
「杉本農園」さんは、イチゴ一筋16年の、匠と呼べる農家さんです。
杉本憲治さん、洋子さんご夫婦の長年培ってきた経験と技術、さらには、イチゴ作りを専門的に大学で学んだ息子の一博さんとで、最高級のイチゴを育てています。

a0254656_17593785.jpgそうこうしていると、お父さんの憲治さんがハウスにやってきました。
「笠さん来とったとね!ちょっと一仕事終わらせてきたけん遅くなったばい。ばってん、笠さんもホント好きよねぇ~。マルチばはる様子なんか見て面白かとかい?」憲治さんは笑いながらそう話しました。

a0254656_1823626.jpg「もちろん面白いですよ!それに、イチゴをご購入いただくお客様に、こんな苦労や手間ひまがあってあの美味しいイチゴができているんだ!ってことをきちんと紹介したいからですね!」そういうと、
「そう言ってくれるとうれしいね。今年も良かイチゴば育てにゃんね!」
憲治さんは、来るやいなや、目の前のイチゴの株が気になったのか、すぐに手入れをしていました。

a0254656_1882830.jpgそうそう!
成長の早い株は、もうすでに花が咲き始めていました。
イチゴは、ミツバチによる受粉で果実を実らせます。
花の様子やミツバチのことなど、まだまだご紹介したいことはたくさんありますが、少々長くなりましたのでこの続きはまた後日!

a0254656_18105775.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「杉本農園」さんの熊本産高級イチゴ『さがほのか』をネット独占販売いたします。
11月下旬より、数量限定販売をスタートし、12月上旬からは本格販売いたします。
これからもその成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-10-25 15:00 | イチゴ | Trackback | Comments(0)