人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2014年 10月 23日 ( 1 )

株式会社旬援隊 初秋の様子とオリジナルブランド商品

FLC日記 2014年10月23日(木) 晴れ
今日は、きれいな青空が見える最高の秋晴れでしたね!
そこで、ここ(株式会社旬援隊)の敷地内の様子をご紹介します。
a0254656_17164742.jpg
株式会社旬援隊は、熊本県菊池市菊池水源の山奥にあります。
このログハウス調の建物が、本社社屋です。
朝から、洗濯機を2回回して、洗濯物を干していますが、まぁ、そのままを見ていただいて構わないので今日はこの写真を使いました!(笑)

a0254656_1728407.jpg私はこの山奥で、自ら畑を耕し、果樹を育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
これは、上の段にある畑と栗林の様子です。
手前のお茶は、赤星武利さんの有機栽培のお茶畑です。

a0254656_1729381.jpg畑には、枝豆(大豆)、里芋が収穫の時期を迎えているので、次のダイコンと白菜の種を蒔き順調に発芽しています。
これから間引きをして、美味しいダイコンや白菜が育つように管理をしていかねばいけません。
自分で育てた野菜たちの味は、また格別で、収穫が楽しみです!

a0254656_1735762.jpg楽しみと言えば、これなんだかわかりますか?
これは「キワーノ」と言う果実です。
「ライム+バナナ÷爽やか×ゼリー味」と言うとんでもなく魅力的なキャッチコピーにひかれ、グリーンカーテン用に植えていたのですが、こんな果実が実っていました。

a0254656_17453117.jpgこの果実の形状から、別名を「ツノメロン」と言うのだそうです。
黄色く色付いたら食べごろだということなので、もう少し待って食べてみたいと思います。
その感想はまた後日このブログでご紹介します。

a0254656_1747687.jpgこの時期は、そんな悠長なことばかり言ってられません。
ここは、1,500坪の敷地があり、やることは目白押しなんです。
しいたけの原木をこの秋おこさなければなりません。
手前にある竹の枝(シバ)をのせているものが、しいたけ菌を打ち込んで育てたしいたけの原木です。
2梅雨過ぎたこの秋に、それらをおこしてしいたけが育つのです。

a0254656_17505949.jpgしいたけの菌が、原木にしっかりと伸びています。
昨年の春先にしいたけの菌を原木に打ち込み、今年の秋にやっと収穫を迎えます。
弊社が契約している「小春農園」さんの全面協力のもと、自分でも育ててみました。

a0254656_186428.jpgしかも、その原木しいたけは、上手く育てばこんなにも大きくなる、ジャンボしいたけの品種なんです。
弊社の男性スタッフの手にのせて撮影しましたが、手のひらからこぼれ落ちそうなくらい大きいでしょ?
「小春農園」さんは、この原木ジャンボしいたけ『トリプル1』を栽培しています。
まもなく、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたしますので、要チェックですよ!!

a0254656_18171299.jpgここでは様々な果樹や野菜などを育てていますが、そのほとんどは自己消費用もしくは、農家さんの苦労を知るために自らも育てているものです。
でも、お客様からのニーズがあり、販売させて頂いているものもあります。
その一つが、自然栽培で育てた『利平栗』です。

a0254656_18211868.jpg今年の収穫および発送は全て終了しました。
今年もおかげさまで、予定数は全て完売です!!
収穫後のイガを集めて焼却処分をして、先日からしっかりと来年に向け、“御礼肥え”をしました。
“御礼肥え”とは、落葉樹である栗の葉っぱが残っているうちに、きちんと肥料を与え、来年良い目が芽吹くように、果樹に栄養を蓄えさせておくものです。
今年は、8月の長雨による日照不足で、全体的に粒が小さめでしたが、来年は大きな『利平栗』をきちんと育てたいと思っています。

a0254656_18293927.jpg『利平栗』の他にも、オリジナルブランド商品としては、『水源キウイ』がありますよ。
今年もたくさんのキウイが、大きく実ってきました。
実は、キウイは、冬に収穫を迎えるフルーツです。

a0254656_18303960.jpg収穫は、11月下旬から12月上旬にかけてです。
果肉が黄色い、ゴールド種と、果肉が緑色のグリーン種の2種類のキウイを育てていて、セットにして販売しています。
この地で、完全無化学肥料、完全無農薬で育てた『水源キウイ』は、毎年楽しみにして頂いているお客様も多く、すでにご予約を頂いているほどです。
こちらもぜひ楽しみにしていてください。

a0254656_1838197.jpg『利平栗』、『水源キウイ』に並ぶ、人気のオリジナルブランド商品が、この烏骨鶏たちが産む『烏骨鶏のたまご』です。
昼間は自由に庭で自然の草なども食べながら、元気いっぱいに育つ烏骨鶏たちです。

a0254656_18412664.jpgそうそう!
奇跡のヒナの“テンちゃん”も元気に育っていますよ!
涙なしでは語れない、その悲劇と奇跡の物語は、以前のブログでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

FLC日記 2014年7月23日(水)
ヒナ誕生!しかし・・・大惨事!!そして残った命を守る話
FLC日記 2014年7月24日(木)
ヒナ誕生!の続き!! “母親鳥”誕生の感動のお話し!


a0254656_18453058.jpg烏骨鶏のタマゴは、普通の鶏のタマゴに比べ、このように小さいのですが、その栄養価はバツグンです!!
古来中国では、食することで、「不老不死」になると言われ、大変重宝されていました。

a0254656_18503963.jpg烏骨鶏のタマゴはその栄養価もさることながら、産卵数の少なさも重なり大変貴重なんです。
通常ニワトリは、ほぼ毎日タマゴを産みますが、烏骨鶏は年間40個ほどのタマゴしか産みません。
約9日に1個の確率です。

a0254656_18463491.jpg人気が高く、まだまだ需要と供給のバランスが取れていないのが現状です。
“完売”とさせて頂いていることが多いので、もし販売中でしたら大チャンス!
お急ぎお求めくださいませ!!

a0254656_1854055.jpg本日はここで育てるオリジナルブランドの食材の商品を紹介しましたが、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる旬な食材を販売しています。

a0254656_18545123.jpg「FLCパートナーズストア」の“FLC”とは、「four-leaf clover」 四つ葉のクローバーのことです。
弊社では、敷地内で探した四つ葉のクローバーを押し花にして、初めてご注文を頂いたお客様に名前入りのオリジナルカードをプレゼントしています。
4つの葉に「生産者」、「消費者」、「弊社」そして、そこから生まれる「未来への希望」・・・
そのような想いを込めプレゼントしていて、おかげさまで大好評いただいています。
a0254656_1858179.jpg
弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる旬な食材を販売しています。

a0254656_1903259.jpg平成26年度の新米の発送もスタートしました。
弊社でしか買うことのできない、こだわり農家さんの安心・安全なお米ですよ。
その他にも、熊本の採れたて新鮮野菜や、最旬フルーツなど、匠の農家さんが育てた食材で、私が作付地に伺い徹底取材した“本物”と呼べるその食材は、他では手に入らない貴重な商品ばかりです。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2014-10-23 19:03 | FLC | Trackback | Comments(0)