人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2014年 10月 11日 ( 1 )

砂田米 砂田のれんげ米の稲刈り!数量限定でご予約承り中!!

FLC日記 2014年10月11日(土) くもり時々晴れ(強風)
熊本県菊池市七城町砂田地区で、「野中逸雄」さんは、れんげにこだわり安全で美味しいお米を作っています。
その野中さんから、一昨日ご連絡を頂きました。
「台風も来よるけん、今日から稲刈りば始めるばい!!」
さっそく、稲刈りの様子を取材してきました。
a0254656_1114347.jpg

a0254656_11145861.jpgここは、熊本県菊池市七城町砂田地区にある、野中逸雄さんの『砂田のれんげ米』の田んぼです。
台風の影響からか、とにかく強風が吹き荒れています。
野中さんの田んぼの稲たちも、強風に押し倒されそうになりながら、しっかりと立っています。

a0254656_11215933.jpg江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。
遠くには、阿蘇5岳の1つ鞍岳(くらだけ)がその雄大な姿をみせています。
菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌は、日本一の米を育てます。

a0254656_11244194.jpg野中さんの田んぼは、4月下旬から5月上旬にかけては、この黄金色に輝く稲穂とはまるで別世界です。
野中さんは、冬の間にれんげの種を蒔き、れんげを“緑肥”として美味しいお米を育てています。
この砂田地区は、砂交じりの独特な土壌で、美味しいお米が育つ田んぼです。
砂田の田んぼでは、れんげを蒔かずとも、美味しいお米が育ちます。

a0254656_11313212.jpgれんげは花が咲き終わる、5月の中旬に花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、有機肥料として元気な土を育てるのです。
ではなぜ、野中さんがコストも手間ひまもかかる「れんげ米」を育てるのか?
答えは一つ!!「より美味い米を自分が食べたいから!!」なのです。

a0254656_11342361.jpg野中さんは、れんげの“緑肥”と、稲刈り時に細かく裁断してまく稲ワラ以外に田んぼに肥料を入れません。
もちろん、裏作として麦や野菜などを育てることもせず、こだわりの『砂田のれんげ米』を育てているのです。

a0254656_11395923.jpg今年の米作りを振り返り、野中さんはこうお話しいただきました。
「とりわけ、8月の日照不足(長雨)は、ホントどうなることかと思ったよ。ばってん、今年もこぎゃんしてしっかり穂にお米が入って安心したたいね。」

a0254656_11431234.jpg夏の日照不足以外にも、今年はこの時期の“ウンカ(害虫)”の被害も多かったようです。
近隣の田んぼでは、こうして軒並みウンカにやられて、収穫(稲刈り)前の田んぼがご覧のありさまです。

a0254656_11451422.jpg「だいたいなら、俺は田植えも稲刈りも早か方ばってん、今年は皆稲刈りの早かとたい。ウンカの被害が広がらんうちに稲刈りばしたとじゃなかろうかね・・・。」と野中さん。

a0254656_11483242.jpg「俺も、はやめにしよごたるばってん、稲刈りしてからの乾燥の段取りもあるけん、まぁ、今年も予定通りってとこかななぁ~。」
野中さんは、収穫(稲刈り)後に、ご自宅の乾燥機で収穫した籾を乾燥させます。

a0254656_11564269.jpg強風で揺れながらも、しっかりと立っている稲たちは、気持ちが良いように刈り取られ、コンバインの中に進んでいきます。
籾を収穫すると同時に、米ワラは細かく裁断されそのまま田んぼにまいていきます。

a0254656_11591345.jpg一定の量コンバインに籾がたまると、トラックに積み替えます。
「笠くん!風下におると、ワラや籾の細かいくずが服の間に入ってチクチクするごつなるばい!」
そんなお気づかいをして頂きながら、作業は進みます。

a0254656_1222188.jpg「野中さん!今年の『砂田のれんげ米』の出来はどうなんですか?」と尋ねると、
「今年も今まで通り、何も変わったことばしたわけじゃなかとだけん、例年通りじゃなかかなぁ・・・。乾燥して、精米したらわかるけん、新米ば楽しみにしときなっせ!(笑)」

a0254656_1245339.jpg「まぁ、れんげと米ワラでピシャッと土も作って育ててきたし、しっかり手もかけてきたけんなぁ・・・。うまか米になっとるはずばい!」
野中さんの自信の笑顔が、輝いて見えました。

a0254656_12222926.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成26年度)も、野中さんの『砂田のれんげ米』をネット独占販売いたします。
現在、予約販売を好評受付中です。
今年も間違いなく完売が想定される、数量限定の大変貴重なお米です。

a0254656_12261441.jpg白米も玄米でも販売していますが、自信をもっておススメしているため、お試しなどは一切なく、10kgからの販売となっています。
お得な定期購入は、メールまたはお電話でご注文下さい。

a0254656_1229545.jpg「今年もこうして、稲刈りが出来よるばい!10月下旬には出荷出来るとじゃなかろうかね!基本、俺やうちの家族、親せきや知人のために作りよるとだけん、数量限定にはなるばってん、ぜひいろんな方に食べてもらいたかねぇ・・・。」
野中さんは、最後に笑顔でそんなお話をされました。
a0254656_12342842.jpg
「FLCパートナーズストア」では、本日ご紹介した野中さんの『砂田のれんげ米』の他にも、こだわり農家さんが育てた熊本産の美味しいお米を販売しています。
ただし、平成26年度の新米の予約受付となっておりますので、発送は10月下旬からの予定です。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お急ぎご注文(ご予約)下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-10-11 12:37 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)