人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2013年 07月 23日 ( 1 )

砂田米 太陽の光をいっぱいに浴びて元気に成長中!!

FLC日記 2013年7月23日(火) 晴れ
熊本県菊池市七城町で『砂田のこだわりれんげ米』生産者の「野中逸雄」さんの田んぼを取材してきました。
a0254656_16452283.jpg
夏らしい空と雲!
そして青々と元気に成長中の稲たち!!
遠くには、阿蘇五岳の1つ「鞍岳(くらだけ)」が雄大な姿を見せています。

a0254656_16484298.jpg南方角には、菊池市はもとより、山鹿市、玉名市を広く潤す「竜門ダム」の水源地、八方ヶ岳がそびえています。
もう少し稲が成長したら、いったん水を抜いて、田んぼを乾かします。
あえて、地割れをさせ田んぼに空気を送り込みます。その頃稲たちは水を求めて根っこを力強く伸ばしていくのです。

a0254656_16591778.jpgここは、熊本県七城町砂田地区。菊池川と迫間(はざま)川の間の広大な平野地帯です。、砂の混ざった独特な土壌の田んぼで育てられた七城町の砂田米は、“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_1763269.jpg昨年10月の稲刈り時の写真です。
熊本県菊池市七城町は、日本でも有数の米どころです。
平成24年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。なんと、5年連続7回目です。
この地は、その独特な土壌から、美味しいお米が育ちます。
その中で、野中さんは、緑肥を使ってさらに元気な土作りをします。

a0254656_1718073.jpg4月には、野中さんの田んぼは、レンゲの花が満開でした。
緑肥(りょくひ)とは、栽培している植物を、収穫せずそのまま田畑に鋤きこみ、植物と土を一緒にして耕し、後から栽培する作物の肥料にすることです。その1つがこのレンゲです。

a0254656_17233537.jpgこちらは、同じ緑肥として植えた「ヘアリーベッチ」です。
今年から、れんげの田んぼとヘアリーベッチの田んぼの2種類を試しています。レンゲもヘアリーベッチも、花、葉、茎、根の全て大切な肥料です。花の時期が終わる5月上旬に全て田んぼに鋤き込みます。

a0254656_17305100.jpg田んぼに鋤き込んでいる様子です。
お米を収穫した後、多くの農家さんたちは、麦や野菜などを裏作として栽培します。
しかし、野中さんは、美味いお米を育てるためだけの田んぼとして、冬から春にかけては、緑肥を使った土つくりをするのです。

a0254656_1738917.jpg野中さんの田んぼでは、稲刈り時に細かく切った稲ワラと、この緑肥以外には何も入れずに元気な土を作り、美味しいお米を育てています。
野中さんの「七城砂田のこだわりのお米」は、以前は、有名デパートにも卸していました。

a0254656_1742464.jpg『砂田のこだわりれんげ米』生産者の野中逸雄さんです。
現在は、自分や家族のために育てていて、そのお米の一般流通はほとんどありません。
安全・安心にこだわりぬき、米ワラと緑肥の有機肥料を使って育てる、美味しいお米です!!

a0254656_17515239.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成25年度の新米もネット独占販売させていただきます。
もちろん10月の新米の収穫後の販売となります。
昨年ご購入いただいたお客様からはすでに、「今年もよろしく!」とご予約いただいているほどの人気のお米です。
まもなく、「FLCパートナーズストア」のホームページに、アップして予約受付をスタートします。
売り切れ必至の大人気商品です。
これからも、このブログ(FLC日記)と、下記、弊社ホームページをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-07-23 17:59 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)