人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2013年 05月 28日 ( 1 )

七城米 長尾農園 お米の種まき

FLC日記 2013年5月28日(火) 雨
熊本県菊池市七城町で育つ『七城米』は、「七城のこめ」と言う名前で、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

a0254656_2120515.jpgこの、日本一の米どころで、たくさんのこだわりと、惜しまぬ手間ひまをかけ『七城米』を育てる、“匠の農家さん”がいます。それが、「長尾農園」さんです。
熊本県菊池市七城町の大田園地帯で、さらに匠の技をもって、美味いお米を育てています。
昨日に続き今日は、「長尾農園」さんの苗床作りの様子(種まき編)をご紹介します。
a0254656_21275321.jpg
これが何だかわかりますか?
これは、お米の種を蒔いたトレーです。このトレーを苗床に移して、お米の苗を育てるのです。

a0254656_2144646.jpgでは、「お米の種」ってどんなのかわかりますか?
私たちが普段食するお米(白米や玄米)を蒔いたところで、けっして稲は育ちません。お米の種は“籾(もみ)”という、収穫後そのままの、精米する前のお米です。その籾を1晩水に浸し、水から上げ乾かしたものをお米の種として使います。

a0254656_2135188.jpg「こうして中の方はまだ湿っとるたいね!以前は、自分とこのお米を「種籾(たねもみ)」としてとっておいて、塩水に浸して沈んだものだけを選別して蒔きよったけど、今はちゃんと選別されたものを購入して蒔くようになっとるとたい!」
「長尾農園」代表の長尾千行さんにお教えいただきました。

a0254656_21553242.jpg「長尾農園」さんの種まきは、この全自動の種まき機で行います。
赤い帽子の素敵なマダムは、長尾千行さんの奥様のとも子さんです。
種まきは、3段階に分かれています。トレーの一番下に敷く土、籾(お米の種)、その上にかける土の3段階です。

a0254656_2223455.jpg下に敷く土は、毎年契約業者さんから同じものを購入しています。
その土を「長尾農園」さんで、再度ふるいにかけてより細やかな上質な土だけを使用しています。

a0254656_2254867.jpg最初のケースに入れて、セット完了です!
私も触らせていただきましたが、とってもやわらかくやさしい土でした。籾にとっては、ふかふかのベッドって感じですね!

a0254656_2272316.jpg次のケースに籾、最後のケースに上にかける土をセットします。
この3種類を3段に分けて、苗床用のトレーにきれいに敷き詰めていくのです。

a0254656_22104611.jpg上にかける土は、JAから購入する「健苗くん」と言う肥料(天然腐植酸)入りの水稲育苗用の培土です。
「笠さんが、変なタイミングで話しかけるけん、どこから開けにゃんかわからんごとなったたい!笑」と、とも子さんの明るい笑い声が響きました。

a0254656_22222567.jpg全自動種まき機といってもそのほとんどは、手作業です。
まず専用のトレーに紙を敷き、その紙がめくれたり風で飛ばないように、一番下に敷く土を軽く乗せています。
その作業までは昨夜のうちにしたのだそうです。そのトレーを全自動種まき機のセットします。

a0254656_22252358.jpgすると、ベルトコンベアーで前へ進んでいき、最初の土が均等に敷きつめられていきます。
「昔はね、機械ば入れるまでは、全部手作業でしよったたい!そらぁもう大変だったよ!!」と長尾さんがお話いただきました。

a0254656_2228741.jpgきれいに敷き詰められたフカフカのベッドの土に、籾たちが蒔かれていきます。
その上に、肥料入りの上土がかけられるのです。

a0254656_2232105.jpg3層になり種まきが完了したトレーが、こうして出てきます。
でももちろんここからは、また手作業です。

a0254656_22334491.jpg長尾さんが、丁寧に丁寧に扱いながら、トラックの荷台に乗せていきます。
「ここでひっくり返しでもしたら大変たい!この3層にちゃんとなっとらんといかんけんね!!」と、とってもやさしい手つきで運んでいました。

a0254656_22471039.jpg苗床作りは、本当に大変な作業です。
籾を水に1晩浸し、上げて乾かし、その間にトレーの準備をして、1年に1回しか使わない種まき機をセットして、3層になったトレーをトラックに摘み、苗床に運びならべます。
そうそう!!もちろんその間に、昨日このブログでご紹介した、『地ならしペタペタ』もせねばなりませんよね。

a0254656_22554930.jpg炊き立てホカホカのご飯をほおばった瞬間!「生きててよかったぁ~!」と思える至福の時ですよね!
ご飯の風味、甘味、食感、色艶・・・、「長尾農園」さんの『七城米』は、長尾さんご夫婦のたくさんの愛情と、こだわりの一手間をかけられて大切に育てられた最高級のお米です。
「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『七城米“長尾さんちのお米”』をネット独占販売いたします。
完全予約制の数量限定販売です。
『七城米“長尾さんちのお米”』のこれからの育っていく様子、匠のこだわりなどなど、これからも取材を続けご紹介していきます。
明日も、今日の続き「苗床:こだわりの進水式」についてご紹介する予定です。
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-05-28 13:13 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)