ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2013年 03月 07日 ( 1 )

山あいの南高梅 満開の梅の花

FLC日記 2013年3月7日(木) 晴れ
「梅の花が咲き誇ってますよ!写真を撮りに来ませんか!!今年も花の着き方がとってもいいですよ!剪定や有機肥料、しっかり手入れをしてきた甲斐がありました!」
そうお電話を頂き、すぐに撮影にうかがいました。
a0254656_15225732.jpg

a0254656_15291162.jpg3月3日の午前中に伺いました。抜けるような青空と、遠くの山々の緑!
絶好の撮影日よりです。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんの梅園です。

a0254656_15375341.jpg「小春農園さん」では、澄んだ空気と、陽のあたる斜面を利用し、超自然派農業で「山あいの南高梅(青梅・完熟)」を育てています。
匠が育てる、“本物”と呼べる絶品です!

a0254656_15513180.jpg南高梅の花が、満開に咲き誇る梅園です。
「ん?これが満開?」と思われたことでしょう!
ここでは、「山あいの南高梅(青梅・完熟)」を育てています。
梅の花を観賞するための梅園と違い、果実を収穫するために、徹底管理で手入れの行き届いた梅園です。

a0254656_15463597.jpgちなみに、全く手をかけていない梅は、こんな感じで咲き誇ります。
その違いは、樹形にあるのです。

a0254656_15591671.jpg「小春農園」さんは、惜しまぬ手間ひまで、梅の樹形を盃(さかずき)のような形「盃状形(はいじょうけい)」に維持しています。
夏と冬の2回の剪定によって管理し保たれているのです。
そうすることで、満遍なく日が当たり、“本物”と呼べる「山あいの南高梅(青梅・完熟)」を育てているのです。

a0254656_166787.jpg右のアップの梅の花の先が、剪定されているのがお分かりいただけると思います。
これは、冬に剪定をした後です。
「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんの将輝さんがお話いただきました。

a0254656_16131749.jpg「笠さん!せっかく来てもらったばってん、今日はごめん!ちょっと忙しくて他の仕事ばしよるとたい!この時期は、ハチたちにがんばってもらって、俺たちはたけのこを掘るために竹林の最終管理をせにゃんけん、自由に写真撮っといて!」とのこと(笑)。
そうなんです。この時期は梅園は受粉のためにミツバチたちに働いてもらって、その間、竹林やしいたけの管理をするのです。

a0254656_16181916.jpg「そうは言っても、ミツバチたちががんばってくれて、交配(受粉)が終わったら、それからは俺たちが頑張らにゃんとよ!有機肥料を与え、ミネラルを散布し、最高の梅ば育てにゃんとだけんね・・・。」
「小春農園」さんでは、除草剤を一切使わず下草は全て刈り払い機(草刈機)で刈り取り、そのまま肥料としています。さらに、こだわりの有機肥料とミネラル散布、減農薬栽培の自然派農業で、『山あいの南高梅(青梅・完熟)』を育てています。
a0254656_16264213.jpg
これは、昨年「FLCパートナーズストア」で販売した「小春農園」さんの『山あいの南高梅(完熟)』です。
惚れ惚れする美しさと大きさです!!
「小春農園」さんでは、こだわりの自然派農業です。これだけ見事な南高梅は、妥協を知らぬ、惜しみない手間ひまと、たくさんの愛情がなければできません。
さらに、収穫した南高梅の中から、選びに選びぬいた「極選」のものだけをご提供いただいています。
昨年ご購入いただいたお客様からは、もうすでに今年の予約をさせて欲しいとの声を頂戴しています。
青梅は6月中旬、完熟梅は6月下旬の販売予定です。
今後も、『山あいの南高梅(青梅・完熟)』の成長の様子や匠の技、収穫までを取材し、このブログでご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-03-07 16:39 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)