人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

2012年 02月 13日 ( 1 )

FLC日記 阿蘇外輪山

2012年2月13日(月) 雨
昨日、晴天の中、阿蘇へ行ってきました。
あのチンパンジーの『パンくん』がいる“カドリードミニオン(クマ牧場)”の近くまで行ってきました。
阿蘇山は世界有数ののカルデラで有名です。
今でも火山活動が間近で見ることができます。
阿蘇山頂の火口の様子はまた別の機会にご報告するとして、今日は“阿蘇外輪山”のお話をします。
FLC日記 阿蘇外輪山_a0254656_9122874.jpg

本当に良い天気で、帰り道に阿蘇の外輪山の写真を撮ってみました。
北側の外輪山を南側から撮ったのですが、夕日が当たりとてもきれいでした。
阿蘇の南外輪山には俵山、冠ガ岳、大矢岳、大矢野岳、高千穂野、清栄山が、北外輪山には 鞍岳、ツームシ山、斧岳、尾の岳、荻岳などがあります。
何のことかわかりませんよね。
簡単に言いますと、東西に約18km、南北に約25km、周囲が約130kmのこの壮大な“外輪山”と呼ばれる山々に、阿蘇という地域は囲まれているのです。
このような山々が、ずーっと続いているんですよ。
ぐる~っと1週ずーっと続いて、この地を取り囲んでいるんですよ。
その景色は本当に、本当に世界に誇れる絶景です。

太古の昔、地球の地形が作られているころ、この巨大なエリアが大噴火をして、“外輪山”が形成されたといわれています。
東西18km、南北25kmの巨大な噴火口から「ドッカーン!」と噴火していたんですよ。
すっごいことだと思いませんか?
私が今立っているところも、目の前の田んぼも家も、家の周りの林も、遠くに見えるあの外輪山といわれるところまですべてが噴火口ということなんですよ。

FLC日記 阿蘇外輪山_a0254656_9445659.jpg

この写真は最初の写真を撮ったところから、南東側にある『米塚』という山です。
南外輪山の一部です。
米塚は、阿蘇にある火山の中でももっとも新しいもののひとつで、およそ1000年前にできたと考えられています。
『むかしむかし、阿蘇は大飢饉にみまわれました。食べるものがなくて困った人は、飢え死にしたり、草を食べたりしていました。阿蘇の神様は、かわいそうに思って、手に米をすくい取り、空からふらしてあげることにしました。そうしてできたのが、現在の「米塚」です。』という神話も残っています。



FLC日記 阿蘇外輪山_a0254656_10102389.jpg
帰り道の途中にある「阿蘇車帰風力発電所」の風車の写真です。西日に照らされすごくきれいでした。
最短ルートを通って戻ることにします。外輪山の北西部の山道を抜けて、ミルクロードを横切ります。
ミルクロードとは阿蘇外輪山南部大津付近から大観峰、やまなみハイウェイを経て外輪山北東部に至る阿蘇山を眺望する草原道路です。
清正(加藤清正)公道、菊地阿蘇スカイラインと呼ばれる道路の総称です。
国道339号線のかぶと岩展望所あたりから、ぐるりと外輪山を周回する絶景スカイラインで、多くの観光客やツーリングのライダーが訪れます。


今日は、昨日の晴天がうそのような雨です。
冷たい雨が降っています。
農家さんにとっては恵みの雨になると思われますが、実は私困ってます。
洗濯機につながるホースが完全に凍ってしまい、洗濯機に水が全く供給されずに、ここ何日かは洗濯ができずに困っていました。
今日やっと氷が融け洗濯ができると思ったのですが、この雨では干せません。
ここでの生活は予期せぬことが起こるものです。
何とか良い方法を考えてみます。
(すみません。余談でしたね。)

昼からはスイカ農家の石貫さんの取材に行ってきます。
今日もがんばります!

                      FLCパートナーズストア 笠 泰紀
by flcps | 2012-02-13 10:27 | 自然 | Trackback | Comments(0)