人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です

FLC日記 2023年4月23日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和5年)も匠の農家さん「中丸農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売いたします。
本日は7月上旬からの出荷に向け現在の花咲く様子を現地取材してきましたので紹介いたします。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16373993.jpg

こちらがブルーベリーの花です。
左側はまだ先始めたばかりで、中央付近はしっかりと咲いています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16384529.jpgこちらはしっかりと咲き誇っていますね!
と言うより、上の方の花はもう花びらが落ちています。
ここで育てるブルーベリーは、しっかりと咲いた後は白い花びらになります。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16413283.jpgまだ先始めたばかりのものもありました。
花びらの色が明らかに違いますよね!
最初は赤紫と言うかピンクがかった色をしていて、まだ花びらの先端も開いてていません。
咲き誇ったころは真っ白な花びらです。
ミツバチなどが飛び回り受粉し、その後果実が実ります。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16442696.jpg生産地と生産者を紹介しましょう!
ここは、熊本県菊池市原(はる)の菊池水源にある、「中丸農園」さんのブルーベリー畑です。
この地は“菊池水源”と呼ばれています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17550216.jpg1級河川の菊池川の源流に位置する、まさに水の源(みなもと)にある地区です。
菊池水源の里山にあるこの地で、清らかな水と澄んだ空気の中「中丸農園」さんの『無農薬で育てたフレッシュブルーベリー』は育てられているのです。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16475446.jpg昨年7月上旬の収穫を始めたばかりの頃の「中丸農園」の中丸薫さん、中丸ひとみさんご夫妻のツーショットです。
いつから出荷を始めるかこの日は私も含め試食をしました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16492543.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_16520670.jpgもちろん、「中丸農園」さんの『無農薬で育てたフレッシュブルーベリー』もこうして花咲く様子も含め、現地取材を重ねてきました。
「中丸農園」さんは仲良しご夫婦の二人三脚で『フレッシュブルーベリー』を含め様々な農作物を栽培しています。
そんな中、私は中丸農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』をネット独占販売したく1年以上現地取材を重ね昨年より新規販売を始めました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17263021.jpgそもそも、奥様のひとみさんが「生のままで食べられて、お菓子作りやパン作りにもできる美味しくて、安全なブルーベリーを食べたいわ!」とご主人の薫さんに話したことから、ブルーベリーの栽培が始まりました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17273016.jpg現在の栽培地の様子です。
ですからこの『フレッシュブルーベリー』を栽培するこの地も、もともとはごく普通の畑でした。
ブルーベリー栽培に合う土に改良しました。
ブルーベリーの果樹の足元には大量の木片チップが入れられています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_18243430.jpg“木片”から作った腐葉土ならぬ「腐木片チップ土」で育てます。
「毎年毎年、木片チップや刈り取った草をたくさんブルーベリーの果樹の足元に入れて土にしてきたとたい!ブルーベリーは、直根(真下に伸びる根っこ)が少なくて、根は横に伸びる性質だけんね。横に伸びる性質の根っこのブルーベリーの果樹は、水はけがとても重要だけん、土つくりは毎年繰り返ししっかりやってきたとたい」と薫さんが話してくれたことを思い出しました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17322683.jpgさらに、昨年、新しい苗を植えて、ブルーベリーの果樹を増やしています。
「もちろんすぐに収穫はできんけど、昨年、注文いただいてちょっと出荷を待たせたこともあったから、少しでも対応ができるようにっしようと思ってね!」ひとみさんがそう話してくれました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17352678.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で無農薬で育てた「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』を今期もネット独占販売いたします。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』花咲く様子を現地取材!令和5年度も順調です_a0254656_17370044.jpgまだまだ現在は花が咲いている段階です。
この日はマルハナバチくんが飛び回り蜜を集めながら受粉をしてくれていましたよ!
やはり、農薬を一切使用せずに栽培しているので、マルハナバチやミツバチも安心して飛び回っているのでしょうね!
7月上旬より出荷開始予定です。
これからも成長の様子など現地取材して紹介いたします。
今期の「中丸農園」さんの無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』にも大いにご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2023-04-23 17:43 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)
<< 令和3年度の熊本県産大玉スイカ... 熊本県産マイクロシード小玉スイ... >>