人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!

FLC日記 2022年6月20日(月) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で無農薬で育てた「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて、現在全力準備中です!

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16403697.jpg

令和4年の7月上旬よりの出荷開始予定で、本日、その育つ様子を現地取材してきました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16505766.jpgブルーベリーは、健康食材として大注目の食品なんです。
日々、科学の世界ではブルーベリーの真の健康効果と栄養面での利点が発表されています。
その多くは、ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」による効果です。
一般的によく知られる効果としては、目の疲労をやわらげ、視力低下を防ぐということ、視力を向上させることがあげられますよね。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16210733.jpg実は弊社では、3年前まで同じ熊本県菊池市の「安藤農園」さんが育てた『おしどり夫婦が無農薬で育てたフレッシュブルーベリー』を販売していました。
ご主人の安藤博人さんが体調を崩し、2人で農作業をすることができないという申し出があり、やむなく販売を中止しました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16255305.jpg現在、博人さんは体調も回復し、趣味の野鳥の写真を撮ることにさらに夢中になっています。
もちろん、体調と相談しての話ですが!
こちらの写真は野鳥の写真の個展を開かれた時に来場者に配られたカードです。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16312441.jpg個展は度々開催されてきました。
ご覧の通り、プロ顔負けのとても素晴らしい野鳥の写真が展示されていました。
私が一番好きだったのは夕焼けの中をたくさんの野鳥が飛んでいるこの写真です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16323987.jpgまた、奥様の則子さんは、俳句や書をたしなまれています。
さらには絵画の腕も素晴らしく、私が見に行った際は、ご夫婦で「花よ鳥よ展」と言う名前での個展を開かれていました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_16383864.jpg先日、ご自宅に遊びに行きましたが、現在はブルーベリー栽培から身を引き、おしどり夫婦らしく、夫婦仲良くお互いの体調を見ながら、それぞれの趣味に没頭されているようです。
(写真は以前収穫の様子を現地取材した際のものです)

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17051166.jpg長々と以前『フレッシュブルーベリー』の栽培し弊社で販売をしていた「安藤農園」さんのお話をしましたが、これから新規販売する「中丸農園」さんとのつながりがあるからなんです。ここは、熊本県菊池市原(はる)、菊池水源にある「中丸農園」さんのブルーベリー畑です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17062580.jpg先ほどの写真のプラムの木の向こう側に、こうしてブルーベリー畑が広がっています。
この時期は、たくさんのブルーベリーの果実が実り、色づき始めていました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17554512.jpg実はこのブルーベリーの苗木は、「安藤農園」さんから以前譲り受けたものです。
ですから、同じブルーベリーをこの度、販売及び出荷することになります。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_17580657.jpg生産者はこのお2人!
「中丸農園」の中丸薫さん、中丸ひとみさんご夫妻です。
本日、現地取材した際に撮影しました。
安藤ご夫妻に負けないくらい、とっても仲良しのご夫婦です。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18015071.jpg写真は4月中旬の「中丸農園」さんのブルーベリーの花咲く様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18031964.jpg今回、新規販売する「中丸農園」さんの無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』もこうして花咲く様子も含め、現地取材を重ねてきました。
中丸さんご夫婦は、安藤さんご夫婦と同じく、「自分たちが安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と言う理由で栽培を始めました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18100255.jpg昨年の収穫の頃の様子です。
しっかりと色づきを見極めて、こうして1粒1粒収穫します。
そのブルーベリーを、私は頂く機会がありました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18122302.jpgそれがこちら!
「昨日採って冷蔵庫に入れていたんだけど、笠さん良かったら食べる?」と言って頂き、持ち帰りスタッフと食べました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18165633.jpgそれが美味しいのなんのって!
100gほど入ったブルーベリーの1パックなんてあっという間でした。
私はすぐに「中丸農園」さんに戻り、弊社での販売をお願いしました。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18235963.jpg「いや実はね!他の農作物を市場に出してるでしょ!すると「ブルーベリーも出してもらえないか?」って、市場の方から言われて、主人と「私たちだけで食べれる量じゃなくなってきたから出してみようか!」って話してたとこなのよ!」とのこと。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18274187.jpg「それだったらぜひうちで販売させてください!」とお願いすると、
「そうね!笠さんとのお付き合いも長いし、来年からで良いのであれば!」と言って頂き、今年からの販売が決定したのです。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18304541.jpgお2人の安全性へのこだわり、美味しさの秘密など、話したいことはまだまだありますが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはさらに現地取材を重ねあらためて紹介したいと思っています。

熊本県菊池水源産の無農薬で育てた『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて!_a0254656_18323550.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で無農薬で育てた「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』の新規販売に向けて、現在全力準備中です!
7月中旬からの販売及び出荷を予定しています。
一度販売を中止した、無農薬栽培の『フレッシュブルーベリー』を、弊社でまた販売することができます。
数量限定での販売となりますが、ぜひたくさんの方々にこの美味しさを味わっていただきたいです。
「中丸農園」さんの『フレッシュブルーベリー』に大いにご期待下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2022-06-20 18:46 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/241507844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本ぶどう 社方園 令和4年度... 甘熟いちじく 着果の様子を現地... >>