人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)

FLC日記 2022年1月13日(木) 雪のちくもり

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17190810.jpg本日のブログでは、昨日に続き、「FLCパートナーズストア」のリピート率ダントツナンバー1の大人気商品、匠の農家さん「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の2022年の収穫の様子を紹介いたします。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17205507.jpg

今回、収穫の様子を取材したのは、一般的に「デコポン」と呼ばれている『不知火(しらぬい)』の栽培ハウスです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17251988.jpg匠の農家さん「小春農園」さんは、熊本県山鹿市鹿北町で、様々農作物を育てています。
「デコポン」は、このような木造の栽培ハウスで、ボイラーを焚き加温することなく育てています。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から果樹や果実を守るためのものです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17250366.jpgちなみに、本日のブログの最初の2枚の写真は『不知火』で、次の2枚の写真は熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』です。
見た目でその違いは判りませんが、収穫から出荷までの工程は全く異なります。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_16110599.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売しています。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_16115931.jpg現在は、熊本限定栽培品種、樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です。
収穫後の追熟を必要としない特別な品種で、樹上で完熟し甘さと酸味のベストバランスのみずみずしい果汁が大人気の、弊社のリピート率ナンバーワン商品です。

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』


デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17291317.jpg今回、収穫の様子を取材してきたのは、一般的に『デコポン』と呼ばれる『不知火(しらぬい)』と言う品種です。
基本的に、収穫の際と出荷の際の2回だけしかデコポンには触れません。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17300182.jpg「小春農園」さんは、収穫するとプチプチと呼ばれる養生資材を収穫かごに張って、この様に大事に大事に収穫を行っています。
手塩にかけ育てたデコポンたちを良い状態でお客様の元へ届けるためです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_16214470.jpg『不知火』は、収穫後一定期間の追熟が必要です。
昨日のブログでは、「小春農園」さんの収穫前のデータ収集と分析、さらに、収穫後の徹底管理の様子をご紹介いたしました。
「小春農園」さんでは、収穫後すぐに昔ながらの土壁の“蔵”にて追熟させます。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_16240172.jpg酸が糖度に変わり、糖度と酸味のベストバランスになったものを、匠の判断でで見極め、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』として出荷するのです。
現在、収穫真っ只中の『不知火』は、追熟後、3月下旬(予定)からの出荷です。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17393895.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から摘果作業、その後の成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17364720.jpg生産者を紹介します。
こちらは「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんは、毎年コンスタントに“本物”と呼べるデコポンを育てる匠の農家さんです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17410509.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の小原美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、この3名が中心となり、毎年変わらぬ美味さの“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17455707.jpg昨日のブログの後半で、小原さんとのこんなやり取りを紹介しました。
「小原さん!今年も×(バツ)から始めているんですよね?」と尋ねると、
「そうそう!蔵の奥に入れにゃんけんね!」と小原さん。
みなさんは何のことかわかりませんよね?

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17495302.jpg「小春農園」さんでは、デコポンの果樹それぞれに、通し番号をつけています。
収穫前に、必ずそれぞれの果樹からサンプルをとり、糖度と酸味のバランスを調べます。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17504203.jpgこちらが、そのデータをもとに収穫する順番を一目でわかるようにした早見表です。
収穫は、複数の方々で行うので、全員が同じ認識で作業が行えるようにするのです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17524060.jpg「笠さんは毎年見てるからご存知と思いますが、酸が高いものを「×(バツ)」と称しています。酸っぱくてすぐに食べられないからです。でもその方がじっくりと酸が糖に変わるため、長期保存も可能なんですよ。」
小原さんご夫婦の息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんがそう教えてくれました。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17522049.jpgこの日収穫を行っている、一般的に「デコポン」と呼ばれる『不知火』と言う品種は、こうしてきれいに色づいていても、もぎたてを食べることはできません。
収穫してすぐは酸っぱくて、デコポンの糖度と酸味のベストバランスになっていません。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_13055176.jpgではどうするかと言えば、『不知火』は、収穫後一定期間の追熟が必要なんです。
「小春農園」さんでは、収穫後すぐに昔ながらの土壁の“蔵”にて追熟させます。
蔵の中は、年間を通して温度の変化があまりなく、追熟させるのに最も適した環境です。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_13071278.jpg今年も事前チェックで×としているものは、この時点ではとても酸が強いです。
将輝さんのお話にもあったようにその分、長期保存ができ、その間に酸が糖へと変化し、デコポンのベストバランスになります。
そこで、先に収穫し、蔵の一番奥でじっくりと追熟させるのです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17592860.jpg「小春農園」さんでは収穫前に、カルシウム剤を散布して最後の仕上げを行います。
果実に着いている白いものがそうで、リンゴやミカンと言った果実を生産する農家さんの多くは、収穫後の果実の鮮度を保つため、樹上でカルシウム剤を散布します。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_18032495.jpg食品としても認められている「カルシウム」なので、食しても全く問題ありません。
もちろん、出荷時にはきれいにふき取り、見て目にも美しいデコポンをお届けしています。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_18074513.jpg「小春農園」さんは、商品とするデコポン(肥後ポン)に、その美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさにもとことんこだわりぬいています。
「納得できないものは絶対に出さん!」と言いながら、選びに選び抜いた“極選”のデコポンのみを弊社のお客様へとご提供いただいているのです。
ですから初めて購入いただいたお客様はそのあまりの美しさに感嘆の声をあげるほどです!

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_18065513.jpg選び抜かれた“極選”のデコポンにのみ、この「柑橘王」のシールが貼られます。
頑固なまでにこだわりぬく、この美しいデコポンが、「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』として届き、多くのお客様を魅了するのです。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_17275517.jpg現在、大好評販売中の熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』も、収穫の際の厳しいチェック、出荷の際の選び抜くひと手間は同じです。
ご贈答用にも大変喜ばれる、くまモンのデザインボックスに入った商品など、ラインナップも豊富です。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_18101729.jpgまた、流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン「不知火」の収穫(2022)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編) _a0254656_18113315.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育てた柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売しています。
現在は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です!
樹上完熟の『ひのゆたか』を、朝採り即日出荷でお届けするため、毎回の出荷数を制限した、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2022-01-13 18:15 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/241334219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スナップエンドウ「シャキ甘“菊... デコポン「不知火」の収穫(20... >>