人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)

FLC日記 2021年6月12日(土) くもり時々雨
令和3年度の田植えをしました!
今年は、梅雨入りが早く苗の成長が少し心配でしたので、昨年より3日遅い、6月9日(水)に田植えを終えました。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17240648.jpg


米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17250225.jpgここは、熊本県菊池市原(はる)、伊牟田地区にある、今年で4年目となる私が米作りに挑戦している田んぼです。
写真は田植え前の代かきを終えた田んぼです。
このあたり一帯は、「菊池水源」と呼ばれていて、1級河川の菊池川の支流で、まさに“水の源(みなもと)”!
菊池川に最初に流れ込む清らかで新鮮な水がある地域です。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17275485.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、熊本県菊池市原(はる)の伊牟田地区において、2018年より米作りに挑戦しています!
写真は1年目の田植えの様子です。
なんと、手植えで行いました!

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17361658.jpg私のお米作りの師匠の「健康農園」の堤公博さんご夫婦と、堤さんのお弟子さんの野田哲詩さんにお手伝いいただき、3株分を開けてみんなで植えて、その間は私一人で田植えを行いました。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17391864.jpgみなさんにお手伝いいただいたにもかかわらず、ほんの7畝ほどの田んぼですが、のべ3日もかかりましたので、2年目からは田植え機を使って行っています。
今年の田植えの様子は後程お話しします。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17574901.jpg株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源のさらに山奥にあります。
これが本社社屋です。
目の前にある舗装道路は、まもなく砂利道となり、いずれは行き止まりとなるほどの山奥です。
ですから、ここより山奥には誰も住んでいません。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17434290.jpg私はこの地で、自給自足の生活を目指して、様々な作物を育てています。
こちらは、自己消費用の野菜たちの畑と、右は利平栗の栗林、奥の畑は『エゴマ』を栽培する畑です。
写真は5月上旬の夏野菜を定植したばかりの様子です。
左にあるのは、イノシシやアナグマ防止のための電柵用のソーラーパネルです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17463392.jpgまた、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の旬の食材を販売しています。
弊社の契約農家さん(わが家の専用農家さん)たちの、“本物”と呼べる食材に加え、私がこの地で栽培する「オリジナルブランド商品」も販売中です。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18062583.jpgここでは、一切の農薬や化学肥料を使用せずに全ての作物を育てています。
「オリジナルブランド商品」としては、自然栽培で育てた『利平栗』(写真)『水源キウイ』『春の山菜』『えごま油』『焙煎えごま粒』『烏骨鶏のタマゴ』などがあります。
自給自足を目指すため、様々な野菜や果物を栽培していますが、主食である「お米」を育てておらず、まだまだ自給自足とは言えなかったので、米作りにも挑戦しています。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17484884.jpgもちろんお米の苗も自ら育てました。
ブルーシートを使った「プール苗床」と呼ばれる方法です。
こだわったのは、とにかく地面を平らにして、水の管理を徹底することです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17542537.jpg苗床とは、田植えまでに稲(苗)を集中管理して育てる場所です。
一般的には田んぼに作ります。
写真は弊社の契約農家さん「長尾農園」さんの苗床の準備の際の様子です。
「長尾農園」さんでは、種(籾)から一斉に芽吹き、同じように成長させるために、苗床にひと手間かけます。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17552441.jpgとにかく、種を撒いたトレー(苗箱)を水平に保つのです。
そのためのひと手間がコチラ!
仲良し夫婦の息を合わせて、ペタペタとたたき苗箱を並べるところをとことん平らにならします。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17571492.jpgすると、ご覧ください!
苗箱を並べると、まるでグラデーションをかけたかのように、置いた順番に苗箱の土が水を含み色が変わっていきます。
とにかく、苗床では水管理が重要です。
同じように苗が水を吸えるようにすることで、そろった苗が育ちます。
苗が元気にそろって育たないことには、良いお米は作れません。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17580851.jpgそうやって育てられた苗床がこちらです!
私は「長尾農園」さんの田んぼをあまりにも同じように稲が育つさまを見て“美しすぎる田んぼ”と称していますが、もちろん苗床だって美しすぎるんです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18321860.png「長尾農園」さんの美しすぎる田んぼで育った、『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』は、ばらつきがないこのお米は、ふっくらとして甘く、お米の香りも際立つ最高のお米です。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_17211147.jpg私は「長尾農園」さんの徹底的に手をかけ育てる田んぼの美しさ、育て上げたお米の美味さに惚れこみ、2年の歳月を要し口説き落として「FLCパートナーズストア」で店長一押しのお米とし、ネット独占販売しています。
食べればわかる納得の美味さのお米を、ぜひご賞味ください!
定数になり次第、締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎください!!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18085816.jpgさて、私の米作りに話を戻しましょう!
写真は代かき前に耕運をした様子です。
左側の土の色が違うのがわかりますか?
その左側に山から湧き出て流れる井手があり、その井出の水がずっとしみだしていたのです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18112590.jpg5年前の熊本地震の影響で、井出と田んぼを仕切るブロックにひびが入っていて、しみだした水がずっと田んぼをぬかるませていました。
そこで、今年思い切って工事をしました。
田んぼを掘り返し、そこに暗渠排水 (あんきょはいすい)をしました。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18213935.jpg掘り返し、排水管を埋め、砂利を敷き、土を戻す作業ですが、少し掘り返すとご覧の通り岩だらけです。
ここはもともと山を切り開き作った田んぼだからです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18241010.jpgひとり農業を目指す私ですが、さすがにひとりではどうにもなりません。
私の中学時代の後輩の有限会社木野設備の木野英明社長に依頼し、重機を使って工事をお願いしました。
おかげさまで、ぬかるみまともに耕運もできなかった井手沿いの場所も、きちんと田んぼとして活用できるようになりました。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18285545.jpg代かきを終えた田んぼです。
飛び出しているのが、暗渠排水に使用している排水管で、その際に作ってもらった畝(うね)沿いに配管されています。
こちらはその上部で詰まった時に対策ができるようあえてこうして飛び出しているのです。

米作りの挑戦(2021) 田植え 6月9日に田植えを終えました!(前編:暗渠排水工事から田植え前まで)_a0254656_18323008.jpgさて、そんなこんながあり、いよいよ田植えを迎えるのですが、本日は少々長くなりましたので、その様子は明日のブログで詳しく紹介することとします。
明日のブログもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村

by flcps | 2021-06-12 18:35 | FLC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/241044854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 米作りの挑戦(2021) 田植... 熊本産高級マスクメロン『肥後グ... >>