人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)

FLC日記 2021年4月29日(木) 雨のちくもりのち晴れ
2021年も元気に『水源キウイ』の花が咲きました!!
例年より約10日ほど早い、4月20日に開花しました。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17161866.jpg
これが、キウイの雌花です。
キウイは雄花と雌花を別の株につける雌雄異株の植物です。
先に咲いたのは、今年も雌花でした!

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17172256.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の敷地内の『水源キウイ』の栽培場です。
ここでは、完全無農薬・完全無化学肥料で『水源キウイ』を育てています。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17175741.jpg敷地内には、数ヵ所のキウイ棚があります。
毎年最初に開花するのは、このキウイ棚です。
大自然の中、清らかな水と澄んだ空気、豊かな大地に守られて、完全無農薬・無化学肥料でキウイを育てています。
もちろん除草剤も一切使用しません。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17202996.jpg株式会社旬援隊の本社社屋です。
私は、この菊池水源の山奥で生活をしています。
様々な野菜を作り、果樹を育て、原木しいたけを栽培し、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活をめざしています。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17272947.jpgそしてその地に、株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、熊本の旬の食材を販売しています。
最旬フルーツ、新鮮野菜、お米、乾物、タマゴ、ハンバーグ、ダリアの球根などです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17301116.jpgこの時期は、熊本産の『スイカ』が人気商品となっています。
「わが家の専用農家さん」と称する、弊社の契約農家さんが育てた“本物”と呼べる逸品です。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_174163.jpgここで栽培した商品も販売していて、その中の1つがこの『水源キウイ』です。
ゴールド種とグリーン種の2種類を一緒にして販売しています。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17101755.jpgおかげさまで大変ご好評いただき、毎年『水源キウイ』をご購入頂くお客様も増えてきました。
今年は、その『水源キウイ』を使ったジャムを作ろうと準備中です。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17132643.jpgこれは、昨年のキウイの収穫時の様子です。
キウイと言えば、夏のフルーツのようなイメージがあるかもしれませんが、11月下旬から12月に収穫する、冬のフルーツなんですよ!!

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17162714.jpg夏に店頭に並んでいるキウイは、南半球で育てられた輸入ものです。
日本国内で販売されているキウイのほとんどが、ニュージーランド産で、輸入キウイの95%を占めています。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17203185.jpg日本国内で収穫し販売される、国産キウイは全体のキウイ流通量のわずかに30%ほどしかありません。
もちろん、11月~2月位までの販売です。
キウイは、収穫後の日持ちが良いので、3月位までは国産キウイを見かけることがあります。
しかし、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『水源キウイ』の存在は、大変貴重なものだと言えるでしょう。
なぜ、完全無農薬・完全無化学肥料で育てているかというと、それにはきちんと理由があるのです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17330730.jpg株式会社旬援隊の敷地は、ブランド茶の『菊池水源茶』の茶畑と隣接しています。
そしてその茶畑は、『有機抹茶』の原料となる碾茶(てんちゃ)の茶畑なのです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17333813.jpgこれは、4月下旬に行われる、寒冷紗をかける際の様子です。
その時期からお茶にこのような布をかけ収穫まで育て、より色の濃いお茶に仕上げるのです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_1744559.jpg5月下旬の収穫時には、こうも鮮やかなグリーンのお茶に仕上がります。
このお茶を利用して、「FLCパートナーズストア」でも販売している、有機抹茶『雲上の白』が作られるのです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17463235.jpg有機栽培のお茶はかなり厳しい基準があり、農薬や化学肥料の使用ができません。
もし、農薬や化学肥料が検出されると、向こう3年間は“有機栽培”として販売ができなくなります。
ですから、もし、私が隣接している畑や栗、キウイに農薬を使用するものなら大変です。
そこで、有機栽培のお茶を育てることに協力して、ここでも一切の農薬や化学肥料を使用していないというわけなんです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17374000.jpgさて、そうして農薬や化学肥料を使用せずに育てている『水源キウイ』ですが、今年はかなり早く開花を迎えました。
キウイを見のあらせるためには雌花に、雄花の花粉をつけしっかりと受精させなければなりません。
虫たちが飛び回ってくれていますが、それに頼りっきりじゃダメなんです。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17401303.jpgこちらは雄花の写真です。
雌花よりも開花が遅く、タイミングがずれると受精しないので毎年かなり苦労しています。
本日のブログは少々長くなりましたので、そのことについては、また明日のブログでご紹介することにいたします。

水源キウイ 2021年の開花!例年より10日以上も早い開花でした!(前編:今年も無農薬で栽培します!)_a0254656_17412177.jpgキウイ栽培は、開花から収穫までが約7か月の長丁場です。
その間には様々な作業がまっています。
今年も、しっかりと手をかけて美味しいキウイに育て上げたいと思います。
成長の様子や、その手間ひまなどは、これからもこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2021-04-29 17:42 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240950973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水源キウイ 2021年の開花!... 究極の柑橘「せとか」 令和3年... >>