人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!

FLC日記 2020年12月17日(木) 雪のちくもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で育った『烏骨鶏の新鮮タマゴ』をネット独占販売しています。
しばらく、完売とさせていただいておりましたが、再受注をスタートしました。
烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19141124.jpg
価格は、6個入りを1パックとして、1,296円(税込み、送料別)です。
弊社の商品の中でも、リピーターが大変多い、売れ筋商品で、お一人様2パック(12個)までの限定販売で、定数になり次第、完売とさせていただきます。
※産卵数に応じて、完売と再販売を繰り返すと思いますので、ホームページは常に要チェックですよ!

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18104957.jpgこれが、烏骨鶏です。
中央に写っているのは、雌鶏で、その奥にいるのが雄鶏です。
これらの烏骨鶏たちは、株式会社旬援隊の敷地内で飼っています。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18125947.jpg烏骨鶏は、別名“薬用鶏”とも呼ばれています。
烏骨鶏は、ニワトリに似た鳥で、大変栄養価の高いタマゴを産みます。
古来中国では、食することで、「不老不死」になると言われ、大変重宝されていました。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19070151.jpg一般的に販売されている、ニワトリのタマゴと比べると、2回りほど小さいです。
特徴としては、白身の割合が少なく、黄身はこのように鮮やかなオレンジ色をしていて、とっても濃いんです。
しかも、生で食しても、タマゴ臭さは全くありません。
ですから、タマゴかけごはんなんて最高ですね!

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19111673.jpgしかし、産卵数は極端に少なく、1羽の雌鶏が年間で40個ほどしか生まないと言われています。
単純計算で9日に1個のペースなんです。
ですから、大変貴重なタマゴで、一般的なタマゴに比べると、割高ですね。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19052709.jpg現在、効用としては、強精疲労回復、高血圧・中気の予防、心臓病の予防、糖尿の予防、老化防止、免疫力の向上などが具体的に言われているようです。
新鮮な『烏骨鶏のタマゴ』を現在、数量限定で販売中です!
ぜひ、お買い求めください!!

今すぐ購入したい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『菊池水源の烏骨鶏の新鮮タマゴ』



烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19334559.jpgその貴重なタマゴを産んでくれる、烏骨鶏たちは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の敷地内の鶏舎で、元気いっぱいに暮らしています。
庭付きの鶏舎で、昼間は自由に庭で遊んでいます。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19312701.jpg株式会社旬援隊の本社社屋です。株式会社旬援隊は、匠の農家さんたちが育てる“本物”と呼べる食材を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、インターネットを通じ、全国のお客様にご紹介する会社です。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18220760.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、熊本の様々な旬の食材及び弊社のオリジナルブランド商品を販売しています。
現在の最旬食材は『香り高き柚子』、『熊本産新鮮イチゴ』、匠が育てた『ザ・みかん』などで、熊本の安全で美味しいお米や、朝採りの新鮮野菜なども販売しています。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_19560470.jpgさて、本日のブログの主役、烏骨鶏たちの話を戻しましょう!
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥です。
繁殖もしていて、親鳥の後をついて回っているのは、生後1ヶ月のヒナたちです。
昼間は、自由に庭や鶏舎で過ごしている烏骨鶏たちですが、夜は絶対に鶏舎の中に入れないといけません。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18263108.jpgここは、本当に山奥で野生動物がいっぱいいます。
この写真は敷地内で撮った、“アナグマ”です。
アナグマは雑食ですが、烏骨鶏たちをとって食べることはしません。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18283892.jpg烏骨鶏たちにとって厄介なのは、イタチやテン(写真)と言った肉食系の小動物です。
ここでも鶏舎のほんの小さな隙間から夜の間に侵入し、1晩で18羽、3日で計25羽もやられたこともありました。
ほぼ夜行性なので、朝、烏骨鶏たちにエサをあげに行くと、それはそれは悲惨な情景になっていました。
写真は知り合いの猟師さんが箱罠を貸してくれて、捕獲した際のテンの写真です。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_20101912.jpg烏骨鶏は本来、すごく臆病な鳥で、その悲劇の後はしばらく、あまりエサを食べず、産卵数も極端に減ったのです。
現在は、落ち着きを取り戻し、こうしてまたタマゴを産んでくれるようになりました。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_20235609.jpg現在は、絶対にイタチやテンが侵入できないように、徹底的に鶏舎を見直し改善して、さらに夜中の見回りも行っています。
この子たちを守ってあげられるのは、私しかいないのです。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18332640.jpg毎日、朝7時と、夕方の4時に決めてエサをあげています。
烏骨鶏用の市販のエサに加え、ここの畑で取れた、白菜、ダイコン、ニンジン、ニラなどもきざんでエサと一緒に与えます。
ここに生える草も与えます。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_18371840.jpgまた、私や烏骨鶏たちが飲む水はここの井戸でくみ上げた新鮮な地下水です。
そのストレスのない環境と、生野菜などを与えていることも良いのか、ここでは1羽が年間60個ほどはタマゴを産んでくれます。

烏骨鶏のタマゴ数量限定で販売中!熊本県菊池市、菊池水源の山奥でのびのび暮らす烏骨鶏たちのタマゴです!_a0254656_20275181.jpg「FLCパートナーズストア」では『菊池水源の烏骨鶏の新鮮タマゴ』を販売中です。
数に限りがあり、売切れのことも多い商品ですが、現在販売数に若干の余裕も出てきました。
ただし、現在の雌鶏の数と1羽の産卵数を考え、お一人様2パックまでとさせていただくことで、新鮮なタマゴのご提供ができています。
興味のある方はぜひ弊社ホームページよりお買い求め下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2020-12-17 18:45 | 烏骨鶏のたまご | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240750571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 甘熟いちじく 今年も一気に落葉... 熊本限定栽培品種の高級イチゴ『... >>