人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)

FLC日記 2020年10月19日(月) くもり
大変お待たせいたしました。
いよいよ、明日(10月20日)12時より、熊本県大津町平川産の大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の先行予約の受付をスタートいたします!

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_16440026.jpg

本日のブログでは、昨日に続き、その美味しさの秘密について紹介いたします。

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』』



熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17173495.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、大津甘藷『からいも(サツマイモ)』を、令和2年10月より新規販売いたします!

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_16463936.jpg品種は「紅はるか」で、極上の甘さでとろける食感のサツマイモです。
現在、収穫した『からいも』を専用の貯蔵庫でじっくりと追熟させています。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_16500693.jpg『からいも』を栽培し続けて、なんと50年の匠の農家さん「中野農園」さんが育て上げた至高の逸品です!
どうしても、弊社で販売したく、1年以上の現地取材を重ねて、待望の商品化となりました。
満を持して販売する絶対の自信をもってお勧めできる商品です。
ぜひたくさんの方々に、ご賞味いただきたく思います。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17315591.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは熊本県菊池郡大津町平川にある、匠の農家さん「中野農園」さんの大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の栽培場(畑)です。
写真は、ほんの一部で、このような畑を数ヵ所あり、植付時期をずらしながら長期にわたり収穫できるよう栽培しています。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17391971.jpg生産者の「中野農園」の中野実さんと奥様の中野タツ子さんです。
先日、収穫(芋ほり)の様子を現地取材した際に撮影した写真で、収穫作業を行っています。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17454842.jpg作業中の様子だと、お2人のお顔がわかりませんので、きちんと紹介しましょう!
仲良しご夫婦の二人三脚で、『からいも』を栽培し続けて50年の匠の農家さん、中野実さんです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17481521.jpgこのお2人は、一切の妥協を許さない、まさに匠の農家さんです。
奥様の中野タツ子さんです。
取材に伺うといつも明るい笑顔で迎えてくれます。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17502917.jpg農業機材を使って次々に掘り上げられる『からいも』を、お2人はとても手際よく収穫し、サイズごとに分けてコンテナに入れていました。
収穫は8月下旬から始まっていましたが、弊社で出荷を開始するのは、満を持して10月下旬といたしました。
その理由は後程詳しく紹介します。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17532565.jpg2月下旬の苗床に『からいも』の種まきをする様子を取材した際の写真です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17552961.jpgこれから販売する「中野農園」さんの大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の栽培の様子も、こうしてきちんと現地取材を行ってきました。
ここはビニールハウスの苗床で、前年収穫した『からいも』の一部を親芋としてとっておき、この苗床で今年の苗を育てるのです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_17591103.jpg今年も匠の温度管理と水管理で、この様に元気な苗ができました。
この苗を1本1本切り取って、栽培地(畑)に植え付けて、『からいも』を栽培するのです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18034228.jpg植付作業の様子も取材しています。
常用の農業機材に乗って、1本1本手作業で等間隔に植えていきます。
そこから約4~5ヶ月栽培し収穫を迎えます。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18115464.jpg収穫直前の生い茂る『からいも』たちの様子です。
もちろん『からいも』は土の中で育っています。
ですから、収穫はまず根と切り離し、マルチビニールをはいで、その下の土の中の『からいも』たちを掘り上げるのです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18135757.jpg収穫は8月下旬から始まっていました。
立派な大きさに育っています。
“初物”なので、さぞかし美味しいのだろうと実さんに尋ねてみました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18152069.jpg「収穫してすぐのこの子たちも出荷するんですよね?きっと美味しいでしょうね!」そう言うと、
「まだこの時期は珍しかけん、ニーズはあるとたい。ばってん、美味しいかどうかは別たいね。」

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18165671.jpg「笠さんは蜜たっぷりの追熟させた後の味も知っとるたいね。なら、今の味も知っとかにゃんばい!これば持って帰って食べてみると良かよ!」実さんはそう話しました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18240882.jpgその時頂いた『からいも』を調理したものがこちらです。
ホクホクしていて甘みもありますが、私が知っている、あの惚れ込んだ美味しさとは違いました。
「野菜は採れたてがおいしい」と思いがちですが、『からいも』は違います!

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18273569.jpg『からいも』は収穫後デンプンが糖に変わってから食べたほうが、より美味しいのです。
追熟後の『からいも』は、加熱の際に糖が溶けて蜜のようになっています。
これこそが私が惚れ込んだあの味なんです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18301056.jpgこちらは以前取材した、収穫後の『からいも』を追熟させる貯蔵庫の中の様子です。
収穫した後、一定期間、この中で追熟させることで、“本物”と呼べる美味しさになるのです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18315558.jpg『からいも』の匠、中野実さんはその取材の際、
「どぎゃんしたっちゃ、2ヶ月は追熟させんといかん!だけん、笠さんとこのお客様に出せるのは、早くても10月下旬ってことになるばい!」と話されました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18341207.jpg匠が育て上げた『からいも』たちは、こうして掘り上げた土をそのままに貯蔵庫で追熟させています。
その方が傷むことが無いからです。
出荷前に、洗浄機できれいに水洗いし、大きさや形で選別を行い箱詰めして出荷します。
ですから、軽く水洗いするだけで、すぐに調理できる『からいも』たちの状態で皆様にお届けします。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18412986.jpg写真はMサイズ『からいも』で、5kg入りで26本前後入っています。
ちなみに表皮にある黒いものは『からいも』特有のヤラピンという成分です。
収穫の際に、つるの切り口からヤラピンが分泌されて、固まったものが皮に付着し黒くなる場合がありますが、食べても問題ありません。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18484301.jpg「焼きいも」をする場合は、時間をかけてじっくり焼くことをおすすめします。
「石焼いも」の理屈と同じです。
電子レンジで加熱したり、オーブンで短時間で焼くと、このような蜜がにじみ出ない場合もありますのでご注意ください。
焼いも機能が付いたレンジだと、美味しく焼けるようです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_18540073.jpgただ、ご安心ください。
『からいも』を極めた、50年栽培し続けた“匠”のからいもを、匠の判断でしっかりと追熟させ、美味しさを詰め込んで出荷します。
「FLCパートナーズストア」では「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』をネット独産販売いたします。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』からいも栽培50年の匠のからいも新規販売と初出荷日決定!(後編)_a0254656_19000265.jpgいよいよ、明日(10/20)12時より、先行販売の受付をスタートいたします。
初出荷は10月30日(金)の予定です。
用途に応じて、S、M、Lサイズを、5kg入りでの販売です。
長期保存も可能なので、5kg入りで出荷します。
“本当の美味しさ”を知る私が、絶対の自信をもって販売する「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』をぜひご賞味ください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-10-19 19:03 | 大津甘藷(からいも/サツマイモ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240637692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無農薬の『雑穀米』『発芽玄米』... 熊本産大津甘藷『からいも(サツ... >>