人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!

FLC日記 2020年6月13日(土) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源で栽培されたブランド茶の『菊池水源茶』をネット販売しています。
本日は、令和2年の茶摘みの様子をご紹介いたします。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_14553175.jpg


菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_14565831.jpg6月10日に茶摘みを行ったのは、こだわりの有機栽培のお茶畑です。
この茶畑で茶摘みを行っているのはは、無農薬・無化学肥料で育てられた、有機栽培のお茶です。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_16082196.jpgこちらは、熊本県菊池市原(はる)、菊池水源の伊牟田地区にある、川口荘一さんの茶畑の1つです。
伊牟田地区は、日本有数の茶どころで、この茶畑1つにしても、1枚の写真では全く収まりきれない広さです。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15022179.jpg今回取材したのは、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てる、有機栽培専用の茶畑の茶摘みです。
茶摘み用の専用機材で茶摘みが行われています。
あたり一面には、生茶のさわやかな香りが漂っていて、とても清涼感にあふれています。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15042194.jpg茶摘み機を操縦しているのは、匠の農家さん「川口製茶園」の川口荘一さんです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15132873.jpgこちらは、3月上旬に有機肥料を散布する様子を取材した際の写真です。
私は収穫の様子も、肥料散布や剪定作業も全て現地取材してきました。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15255587.jpg4月下旬に撮影した、新芽の様子です。
この新芽を摘んでお茶とするのですが、このままではあの鮮やかなグリーンのお茶の色になりません。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15271708.jpg茶摘みの予定日から逆算して、10日ほど前にこうして寒冷紗と呼ばれる黒い布をかけて、お茶の色を濃くします。
あのとてもとても広い茶畑に全てこうして手作業で行うのですから、途方もない手間ひまを要します。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15195668.jpg収穫(茶摘み)の際には、このような鮮やかなグリーンになっています。
これらの茶畑がある、熊本県菊池市、菊池水源は、その名の通り水の源(みなもと)にある地区です。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15221107.jpg1級河川の「菊池川」の支流に位置し、標高が高く霧深い場所にあり、朝夕や年間を通した寒暖の差で、美味しいお茶が育つ名産地です。
伊牟田地区の公民館近くには、このような立派な石碑が立てられています。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15285726.jpg今回取材した有機栽培のお茶の茶摘みの様子に話を戻しましょう!
茶摘みの機材を使って同じ高さに切りそろえるようにしてお茶の葉を摘んでいきます。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15304672.jpg一定量まで収穫すると、左右3袋づつ、計6袋に分けて収穫されたお茶は、急いで別の袋に移しかえられます。
茶摘みは、スピードが大事なんです。
収穫したお茶はすぐに次の工程へと進めていかねばなりません。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15323527.jpg特にここで育てた有機栽培のお茶は、収穫用の袋もこうして別にして、生茶のまま有機栽培のお茶として加工する八女市にある工場まですぐに運んでいかねばならないのです。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15364438.jpg有機栽培のお茶以外は、伊牟田地区の公民館のすぐ横にある「川口製茶園」さんの茶工場で、収穫した“生茶”を、“荒茶”にまで仕上げ出荷します。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_15411586.jpg工場で荒茶にまで仕上げるにしても、八女市の工場に運ぶにしても、とにかく新鮮さが大事です。
川口さんがお茶を一杯にして戻ってくると、手際よく専用の袋に移し替えていました。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_16225651.jpg「今日までは天気の良かばってん、もうすぐ梅雨に入るけん茶摘みば急がにゃんとたいね。今年もしっかり手をかけてきたけん、よかお茶のできたばい!」
川口さんは取材の最後にそう話しました。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_16220741.jpgこの日茶摘みを行っていたお茶は、弊社でも販売している有機抹茶『雲上の白』へとなります。
熊本県では、唯一の有機栽培の抹茶で、ある有名お菓子メーカーもこの抹茶を使用しています。
「FLCパートナーズストア」のホームページで購入することもできます。

『菊池水源茶』を購入したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
「菊池水源茶」



菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_19152483.jpgまた川口さんは、同じく無農薬、無化学肥料で育てた有機栽培のお茶を使用した、『菊池水源紅茶』の茶葉も生産しています。
『菊池水源紅茶』『菊池水源紅茶』は、きちんと“有機JAS”のマークを取得しています。

菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_19184927.jpg『菊池水源紅茶』は2g入り×15袋入りでの販売です。
もちろん、「FLCパートナーズストア」で販売していますので、ぜひ一度ご賞味ください!!

『菊池水源紅茶』を購入したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「FLCパートナーズストア」
「菊池水源紅茶」



菊池水源茶 令和2年度の茶摘みの様子!こだわりの有機栽培のお茶の茶摘みを取材しました!_a0254656_17514742.jpg『菊池水源茶』は、阿蘇山の伏流湧水の湧き出る「水の源(みなもと)」菊池水源の豊で清らかな水と、この大自然の澄んだ空気、元気な土地、そして匠の農家さんのたくさんの愛情を受け育てられたお茶です。
「FLCパートナーズストア」では、『菊池水源茶』を大好評販売中です。
お得な3本セットもございますのでぜひ下記ホームページもご覧下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-06-13 16:30 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240381543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 七城米 長尾農園 『長尾さんこ... 菊池水源棚田米 水にこだわる匠... >>