人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)

FLC日記 2020年6月7日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県大津町平川産の大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の、令和2年10月からの新規販売に向け全力準備中です!

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_17390867.jpg


熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_17582133.jpgこちらは、弊社にある薪ストーブで焼いたものです。
表面に蜜があふれ出してます。
この美味しさに惚れ込んで、どうしても弊社で販売したいと頼み込んだのが「中野農園」さんの大津甘藷『からいも(サツマイモ)』なんです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18002927.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18013687.jpgこれから販売する「中野農園」さんの大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の栽培の様子も、こうしてきちんと現地取材を行って、ブログで紹介しています。
本日のブログでは、昨日のブログに続き、6月1日に現地取材してきた、からいもの苗の植え付け作業について紹介いたします。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18251579.jpgそうそう!
昨日、からいもの匠、中野実さんに2つの質問をしたところでブログは終わっていましたので、その答えを紹介します。
まず一つ目は、「からいも栽培はやせた土地が良いと聞いたのですが、畝を立てる前に堆肥(有機肥料)をしっかり与えてあるとのことですが良いのですか?」

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18290281.jpgこちらは昨年8月下旬の収穫(からいも堀り)が始まった頃の写真です。
中野実さんは答えました。
「確かに肥沃な土地より、やせた土地がからいも栽培には向いてるとたいね。ばってん、昨年この土からからいもば収穫してるでしょ?だけんその分は肥料として補ってやらんといかんとたい。」
なるほど!確かに理にかなった方法です!

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18331065.jpgからいもは大地の恵み(養分)で育ちます。
今年の収穫分の肥料をきちんと補うことで、今年も昨年同様の美味しいからいもが育つのです。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18322898.jpg次に、「この横に畝を立てている苗たちは、枯れたように見えますが、何か原因があるんですか?大丈夫なんですか?」という質問です。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18362679.jpg「植え付けてすぐは、少ししおれるけどまだシャンとしとるたいね。ばってんね、2~3日で枯れたように弱るとたい。ただ、芯はしっかり生きとるとだけん、そこから新しか芽の芽吹くとたいね。心配ならその畝の苗の真ん中あたりば見てごらん!」と中野実さんは答えました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18384075.jpg中野さんのお話通り、その畝の苗たちをしっかり見ると、ご覧の通り新しい芽が元気に成長していました。
「前に取材に来てもらった苗床の先の圃場が最初に植えたけん、もう随分成長しとるばい。帰りに見て帰んなっせ!」と中野さん。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18434772.jpgそうこうしてると中野実さんの奥様の中野タツ子さんが声をかけてくれました。
「笠さんも、植え付けばしてみるね?」
私は「ぜひやらせてください!」と即答しました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18451690.jpgここからしばらくはタツ子さんにカメラを渡し、撮影をお願いしました。
植え付け機の操作を教わり、植え付け方法を伝授していただき、しばしお手伝い(体験)です。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18465505.jpg昨日のブログで紹介した、手作りの植え付けの道具を使って苗を刺していきます。
植え付け機は一定のスピードで進みますので、要領よくしていかないと植え付けるべきところを通り過ぎてしまします。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_18485169.jpgいやこれが、見るとするとでは大違い!
私は何度も植え付け機を停止させ、苗を植え付けなければなりませんでした。
さすがに匠たちの手際の良さは、あっぱれ!!と言わざるおえません!
良い体験をさせていただきました。
来年は、もっと本当にお手伝いができるように頑張ります!(笑)

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_19003455.jpgタツ子さんが畝の移動をしました。
「最初の5~6本は植え付け機の幅の分、こうして植えにゃんたいね。」とタツ子さん。
匠のお2人の植え付け作業はまだまだ続きます。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_19021977.jpg私は今回の取材のお礼を述べて、実さんが話していた最初の植え付けを行った圃場を見にいくことにしました。
それにしても本当に惜しまぬ手間ひまで、からいも(サツマイモ)が栽培されていることを、現場で実感することができました。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_19041605.jpgこちらがその圃場です。
植え付け後、いったんは枯れたかのように見えたからいもたちが、しっかりと芽吹きこうして元気に成長しています。
最初に植え付けた圃場は8月から収穫が始まりますが、弊社に提供いただくからいも(サツマイモ)は、収穫後しっかりと追熟させたものを販売したいとのことでした。

熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』 栽培地への植え付け(定植)作業を現地取材(後編)_a0254656_19073306.jpgそのころになると、からいもの表面には黒く蜜があふれてきます。
最高に甘く美味しいからいもです。
「FLCパートナーズストア」では、「中野農園」さんの熊本産大津甘藷『からいも(サツマイモ)』の販売に向け、全力準備中です。
これからも、きちんと現地取材し、惜しまぬ手間ひまや匠の技、成長の様子などこのブログで紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-06-07 19:14 | 大津甘藷(からいも/サツマイモ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240370441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本産!大玉スイカ『祭りばやし... 熊本産大津甘藷『からいも(サツ... >>