人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)

FLC日記 2020年5月24日(日) 晴れ
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中兄弟が育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
れんげと稲刈り時の稲ワラを有機肥料として使い、無農薬で育てた、安全で美味しいお米です。
砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_16323978.jpg


砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_16365182.jpg熊本県七城町砂田で育つお米『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われてきました。
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_16371309.jpg
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の、土にこだわる匠の農家さん、野中兄弟がれんげを有機肥料に使い、無農薬で育てた『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
定期購入のお客様分を除くと、今期の販売可能な量も残りわずかとなってきました!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎ下さい!!

今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』



砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_16391507.jpg本日のブログでは、そんな野中兄弟の2020年のお米作りの種まきから苗床作りまでを紹介します。
こちらは、お米の種つまり、籾です。
一旦水につけ、そのご乾燥させたものを種として使います。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18160935.jpg兄の野中賢吾さんが、お米の種まき機に、籾を入れています。
機械を使って、流れ作業でトレーに種を撒き、上土をかぶせるのです。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18175973.jpgこちらは弟の野中剛さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18192844.jpg野中兄弟のお米作りもずっと取材してきました。
田植えや稲刈りはもちろんのこと、種まきや苗床、田植え後の稲の生長、花咲く様子、頭を垂れ色づいた稲穂などなど、その全てです。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18242666.jpgこちらは、2年前(2018年)に種まきの様子を取材した際に撮影した、野中兄弟の父、野中逸雄さんです。
私は野中兄弟の米作りの前に、野中逸雄さんの米作りの様子をずっと取材してきていました。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18263692.jpg私が田んぼで撮影した野中逸雄さんの最後の写真です。
2019年1月30日、『砂田のこだわりれんげ米』生産者の野中逸雄さんは、永遠の眠りにつきました。
享年72歳でした。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18292989.jpg野中さんのこだわりの米作りは、ずっとそばで見てきた2人の息子さんたちにきちんと引き継がれています。
野中さんと一緒に苗床を作った最後の年から、苗箱(苗を育てるトレー)の下土の代わりに「こめパワーマット」を使用しています。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_16580360.jpg「こめパワーマット」とは、下土の代わりになるもので、肥料を含ませたシートです。
土を入れずにこれを使うと、安定した肥料の配給ができ、しかも持ち運びが楽なため、土に比べ少々お高くなりますが、3年前から導入しています。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_17030995.jpg種まきは、まず苗箱にこめパワーシートを乗せ、その上に籾を蒔き、上土をかけていきます。いつもの段取りで手際よく種まき作業が進められています。
種まきを終えると、苗床と呼ばれる田植えまで苗を育てる場所で栽培します。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18365986.jpg種を撒いた苗箱は、軽トラックにきれいに積み重ねていきます。
翌日、苗床に運び苗床作りをするということでしたが、私は別の取材があり今年はその様子を現地取材できませんでした。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18391484.jpgその様子は、野中賢吾さんに写真を撮っていただきました。
野中兄弟の苗床作りは、野中逸雄さんがしていたころと同様、水をはる前に苗箱を並べ、その後水を入れる手順で苗床を作ります。
今年も野中兄弟の叔父の吉広満男さんも苗床作りを一緒にされたようです。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18432233.jpgちょうど重なってしまった取材を終え、野中兄弟の苗床に駆けつけると、苗床作りはすっかり終わっていました。
“苗床”とは、トレーにお米の種(籾)を発芽させ、田植えまでの期間成長させる田んぼのことです。
ここで集中管理し、苗を育てるのです。
また、この苗床にも田植えをしてお米を育てます。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_17254397.jpgこちらは、4月中旬の苗床(田んぼ)の様子です。
野中兄弟はれんげを有機肥料としてお米を育てているので、苗床にだってれんげの種を撒き、初冬から晩春までの期間れんげを育ててます。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_18473809.jpg令和2年度の、野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』の栽培が、苗床作りから本格的にスタートしました。
野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』を、弊社では「ご飯がごちそうになるお米」と称しています。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_17381661.jpg野中兄弟の『砂田のこだわりれんげ米』は、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中兄弟のれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2020年)_a0254656_17392562.jpg令和元年度のお米は、定期購入のお客様分を除くと、販売可能数がいよいよ残りわずかとなってきました。
現在はまだ、玄米及び白米での販売が可能です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
数量限定商品のため、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文はお急ぎください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-05-24 18:50 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240344046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水源キウイ 開花から交配、着果... 甘熟いちじく 芽吹きと芽カギ&... >>