人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!

FLC日記 2020年3月20日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年(令和2年)もネット独占販売いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17124537.jpg

今年は6月上旬からの出荷予定です。
そしてもちろん、赤果肉、黄色果肉をそろえて出荷いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17151102.jpg赤果肉2玉入り、黄色果肉2玉入り、そして、大好評の赤果肉1玉+黄色果肉1玉の2色セットも販売いたします。
本日のブログでは、6月上旬の出荷に向け、定植直後の様子を現地取材してきましたので紹介いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17335975.jpgここは熊本県山鹿市鹿央町にある、匠の農家さん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスです。
今回も「岡山農園」の岡山佑大さんに取材協力いただきました。
「この時期はまだ寒いので、ビニールハウスの中に小さなビニールハウスを作り、その中にはさらにキャップをしています。」と佑大さん。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17385300.jpg「笠さん!ちょっとだけなら良いので、中の苗たちも見ていってください!」
佑大さんはそう言うと、ビニールを開けキャップを外してくれました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17423781.jpgそこには、有機肥料をふんだんに与えた元気な土で育つ、定植したばかりの苗たちがいました。
「昨日定植したんですよ!今年は定植作業の様子の取材ができませんでしたね。」と佑大さん。
「昨年の写真でその様子を紹介することにします。」と答えました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17470338.jpgその様子がこちらです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17482864.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、苗床や接木、定植やその後の成長の様子など、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17495904.jpg苗を運んでいたのが佑大さんのお父さんの岡山忠和さんです。
「岡山農園」さんではこの苗たちも自らの苗床で育てています。
ちなみにこの苗たちは冬瓜に接木した『黒小玉スイカ』の苗たちです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17540888.jpgこちらからは今年の様子です。
根を張る力が強い冬瓜の苗に、『黒小玉スイカ』の苗を接木します。
その証拠に根っこ近くには双葉が2セット(4枚)ありますよね。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17561530.jpg「最初に定植する苗たちは、温度管理がしやすい単棟のハウスで育てます。さらに“キャップ”をかけて、苗の周りの温度と湿度を一定に保つようにするんです。」
「今年も初回発送分から、赤果肉も黄色果肉もあるんですよね?」と尋ねると、
「えぇ!右と左に分けて栽培していますよ。」と佑大さん。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_17592910.jpg「『初回発送分で赤と黄色の2色でお願いします!』って、もうメールやお電話で予約頂いていますよ。」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しいですね。がぜんやる気が出てきました。」とこの笑顔。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18063473.jpgこちらは以前取材した5月下旬の『黒小玉スイカ』たちです。
こうして見事に育ち、収穫を迎えるまでには、これからたくさんの惜しまぬ手間ひまが必要です。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18084372.jpg取材同日に撮影した、先に定植を終えている大玉スイカのつる引き作業の様子です。
佑大さんのお兄さんの岡山和功さんがその作業をしています。
定植後は“芽カギ”や“つる引き”、“交配(受粉)”、“摘果”、“玉返し”などなどたくさんの作業を要しあの至高の『黒小玉スイカ』が出来上がるのです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18122451.jpgつる引き作業は別のハウスでも行われていました。
「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、春から夏にかけては、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』と、高級メロン『肥後グリーン』を生産する匠の農家さんです。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18130693.jpgお父様、お母様の豊富な経験と高い技術力に、若いお二人の研究心と惜しまぬ手間ひまが大きな力となり、最高級のスイカ・メロンを育てています。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18153779.jpg『肥後グリーン』の出荷が始まる、6月中旬からとなると思いますが、今年も大人気のスイカとメロンのコンビも販売予定です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 6月上旬の出荷に向け定植後の様子を現地取材!_a0254656_18140115.jpg今年も数ヵ所のハウスで、収穫時期をずらしながら栽培しています。
赤果肉、黄色果肉共に、6月上旬からの出荷予定です。
現在、いずれも惜しまぬ手間ひまと匠の技で元気に成長中です。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に今年もご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2020-03-20 18:19 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/240194534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本県産黒毛和牛の精肉販売に向... 幻の白い「長生たけのこ」 今年... >>