人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本梨 本藤果樹園 平成31年度も美味しい梨を育てるために、匠の冬の剪定作業スタートしました!

FLC日記 2018年12月18日(火) 晴れ
「冬の剪定ば始めたばい!今年も『秋麗』から始めるけん、見に来るとよかばい!」
「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんより、そう連絡をいただき、昨日さっそく現地取材に行ってきました。
a0254656_16131076.jpg


a0254656_16141043.jpg熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、こだわりの『樹上完熟梨』を生産する、「本藤果樹園」さんの梨園です。
こちらは、数ヵ所ある梨園の中の、ほんの一部です。

a0254656_16161513.jpg「本藤果樹園」さんは、広大な梨園で、6品種の梨を栽培しています。
ここは主に、熊本限定栽培品種の梨『秋麗(しゅうれい)』の栽培場です。

a0254656_16232724.jpg『秋麗』は、2003年に、品種登録された梨で、熊本のブランド梨として、県をあげて推し進めている梨です。
『秋麗』は、果皮の見た目は、けっしてきれいだとは言えません。
“青梨”と言う部類に入る品種で、弊社で販売する、他の“赤梨”に比べても、なんだか熟していないような見栄えなんです。

a0254656_16240495.jpgしかし、ひとたび口にすれば、誰もが一瞬で好きになるような美味しさです。
梨の中でも、しっかりと芳醇な香りがします。
さらには、サクッとした食感も良く、酸味のない甘さがとても程よく上品で、今期もすでにたくさんのリピート購入をいただいている大人気商品です!

a0254656_16251966.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
平成31年度の梨の収穫に向け、冬の剪定と誘引作業を行っていました。
この日は、剪定作業にだけ徹するようです。
でも、いつもの歯切れのいいパチン!と言った剪定バサミの音がしません。
「おぉ!電動の剪定バサミ買ったんですか?」と言う私に、

a0254656_16275635.jpg「ハハハッ!これだろ?手動でも良いとばってん、効率ば上げて、他にもいろいろ手をかけようと思って今年から導入したばい!」とのこと。
毎年、想像を絶する数の枝を剪定するのですから、もちろんこの導入は大正解だと思います。

a0254656_16335181.jpgちなみにこちらはちょうど一年前の様子です。
昨年までは、剪定作業と同時に誘引作業も行っていましたが、今年から電動剪定ばさみ導入と共に、まずは一気に剪定を施し、その後に誘引作業をして効率を上げるとのことでした。

a0254656_16363015.jpg4月上旬の花咲く様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「本藤果樹園」さんの梨栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16375811.jpg剪定後に行う誘引作業とは、果実を実らせる枝を、梨園内に張り巡らせてあるワイヤーに結び付け、満遍なく日が当たるようにする作業のことです。

a0254656_16400102.jpg「今年も良い花芽がきていますね!」と言うと、
「笠くんは毎年見よるけんよくわかるやろ?樹勢もしっかり保たれて、ふっくらとした良い花芽が今年も来とるばい。」
タオルで隠した顔の下に、笑みがこぼれるのがわかりました。

a0254656_16444221.jpg今年のシーズン中も、あれだけたくさんの『秋麗』を実らせていたのですが、こうしてきちんと新梢も芽吹いています。
「まぁ、毎年コンスタントに、もしくは毎年さらに美味しい梨を作り続けるのが俺の仕事だけんね!」

a0254656_17031040.jpgそう言うと本藤さんは、今年大活躍した亜主枝を切り始めました。
「それも切っちゃうんですか?」と尋ねると、
「そっち側に新しい亜主枝があるたい。世代交代させて次からも良か果実ば実らせにゃんけんね!」と本藤さん。

a0254656_17060265.jpg「誘引の時にきちんと仕上げるけど、下向きの花芽や、弱い花芽はこの時期に切り落として、果樹に無駄な体力を使わせずに、実らせる梨の果実に全精力を費やさせるのも重要たいね。」
本藤さんはそう言いながら匠の判断を繰り返していました。

a0254656_17113242.jpgこの時期に取材に行くと、のこぎりくずなどを避けるために、常にタオルを巻いた姿なので、昨年取材した際の写真で、匠のお顔を紹介しておきます。
これからも、まだまだ続く選定や誘引作業、花咲く様子、着果や摘果作業などなど、現地取材で紹介していきます。

a0254656_20421711.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成31年度も「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』をネット販売いたします。
こだわりの樹上完熟の梨はみずみずしさが違いますよ!!
今年も7月下旬の『幸水』からスタートし、『豊水』、『秋麗』、ジャンボ梨『新高』と続きます。
平成31年度の「本藤果樹園」さんの『樹上完熟の熊本梨』にも、大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-12-18 17:21 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238910238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本イチゴ『熊紅(ゆうべに)』... 冬至の「柚子風呂」用柚子(ゆず... >>