人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子

FLC日記 2017年5月17日(水) 晴れ時々くもり

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_17362108.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度の匠の農家さん「社方園」さんが育てた、熊本産晩生みかん(青島)『木箱熟成蔵出しみかん』のネット独占販売に向け、現地取材を続けています。
本日は、みかんの花と、開いた山の定植後の様子をご紹介いたします。
山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_17391100.jpg
こちらがみかんの花です。
柑橘類特有の、とてもいい香りを放っています。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_17525396.jpgここは、熊本県山鹿市久原にある、「社方園」さんの熊本産晩生みかん『青島』の栽培地、みかん畑です。
みかん畑と言うよりも、“みかん山”と言った表現の方がぴったりくるように感じます。
奥に見える大きな池は、一ツ目池です。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、その向こうには「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培ハウスも見えます。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_17583911.jpg「社方園」さんと言えば、「FLCパートナーズストア」のお客様や、このブログ「FLC日記」をご覧いただく方は、知らない方はいないと思いますが、あえて説明いたします。
「社方園」さんは、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を生産する匠の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売していて、すでに今年のご予約をたくさん頂戴している大人気商品です。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18023033.jpgこちらは、昨年も人気ナンバー1でした、3色5房の商品です。
1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!
口にほおばると、ぶどうの甘味が口の中で爆発する!と言う表現がぴったりの、まさに最高級のぶどうです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18043516.jpg5月上旬の『山鹿のぶどう』の栽培ハウスの様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18062172.jpgもちろん、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫時期をずらした数ヵ所のハウスで、この時期は摘粒、ジベレリン処理、摘蕾、などなどが同時進行で行われていました。
その様子はまた後日詳しく紹介いたします。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18094310.jpg「社方園」さんでは今年も、7月7日には“本物”と呼べるぶどうを育て上げます。
しかも、黒ぶどう、赤ぶどう、白ぶどうの3色をそろえて初日より出荷するまさに匠です。
今年も楽しみでなりませんが、本日はみかんの話をすることとします。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18132645.jpgブログですから、このみかんの香りを伝えられないのが悔しくてなりません!(笑)
本当にさわやかないい香りです。
大きく花びらが開いていて、1つ1つとても良い花です。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18162710.jpg頂上付近には、みかんの果樹が新たに定植されていました。
これらは、昨年定植した果樹たちです。
このあたりは、一昨年まで雑木林でした。
そこを「社方園」園主の社方武路さんとお父さんの社方義武さんとで切り開き、みかんの苗を植えたのです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18223332.jpg「社方園」さんでは、大きな畝(うね)を立て、そこでみかんの果樹を栽培しています。
どれも、低木で育つ品種で、しっかりと手をかけ、徹底管理しながら育てるのです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18282535.jpg山の中腹には今年定植された苗たちが元気に育っていました。
この光景は、私にとって驚きでした!
このあたりは、今年、山を切り開き定植した場所だからです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18300830.jpgこちらがその時の様子です。
3月下旬に取材しました。
手前の後姿が「社方園」園主の社方武路さんで、ユンボを操縦しているのが、お父さんの社方義武さんです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18335033.jpg「花咲く頃にはぜひまた取材に来てください!この光景が、一変していますから!」
武路さんがそう話ししてくれたことを思い出しました。
その言葉通り、見事に整備されみかんの果樹が植えられていたのです。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18371749.jpgこの状況を初めて見る方は、そう感じることはないと思いますが、まだ開拓途中の状況しか知らなかった私は、かなりの驚きの光景です。
山を開く様子は、以前のブログで紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!



山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18445833.jpg「社方園」さんの『熊本みかん』は、現在花が咲き誇っています。
これから着果ししっかりと成長し、収穫は12月です。
しかし、すぐには出荷しません。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18511889.jpg収穫後は、「社方園」さんの蔵の中で、専用の木箱に入れられ、じっくりと熟成させます。
そして、毎年2月上旬より出荷するのです。
そのみかんは大人気で、現在は全て契約している仲卸の業者さんに出荷しています。

山鹿のみかん 社方園 『木箱熟成蔵出しみかん』の花と開いた山の定植後の様子_a0254656_18575636.jpg私は、「社方園」さんの『木箱熟成蔵出しみかん』に惚れ込み、もう何年も前から弊社で販売させてほしいとお願いしていました。
そしてついに、平成30年度から数量限定でネット独占販売することとなりました。
これからも、その栽培の様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを現地取材してしっかりとご紹介していきます。
ぜひ楽しみにしていてください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-17 19:06 | 山鹿のみかん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/23890161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大玉スイカ『祭りばやし』 今年... 水耕栽培の朝採り新鮮野菜 フレ... >>