ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 七城町『砂田のれんげ米』 平成31年度も稲ワラとれんげの有機肥料で変わることなく育てます!前編

FLC日記 2018年11月18日(日) くもり
七城米『砂田のこだわりれんげ米』生産農家の野中逸雄さんの田んぼでは、来年(平成31年)の米作りの準備がスタートしました。
本日は、稲刈り後の田んぼの様子と、耕運作業についてお話しいたします。
a0254656_16452002.jpg
ここは熊本県菊池市七城町砂田地区にある、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』の田んぼです。
もちろんこの時期、稲刈りを終え、田んぼはこの様にスッキリとしています。

a0254656_16474231.jpg今年(平成30年度)の稲刈りは、好天に恵まれた10月13日(土)に、生産者の野中逸雄さんの2人の息子さんによって行われました。
土にこだわる匠のお米は、今年も見事に実りました。

a0254656_16505498.jpgこちらは、昨年の稲刈りの際に撮影した、生産者の野中逸雄さんです。
野中さんは現在病気療養中のため、今年の稲刈りは息子さんたちに任せたのです。

a0254656_17272875.jpg熊本県菊池市七城町は、日本でも有数の米どころです。
平成29年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、10年連続11回目の受賞です。
江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_16492189.jpgその七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、こだわりの土で生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
お得な定期購入は、メールまたはお電話でご注文下さい。

今すぐ注文(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』

a0254656_17302671.jpg同じ熊本県菊池市七城町砂田地区でも、農家さんによってお米の育て方は様々です。
野中さんは、れんげを“緑肥”として使用した、『砂田のこだわりれんげ米』を毎年変わらず作っています。
4月下旬の写真で、左が野中さんの田んぼで、右は他の農家さんの田んぼです。

a0254656_17320825.jpgれんげは、花が咲き終わる頃、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、有機肥料とします。
多くの手間ひまやコストがかかるため、れんげ米の生産農家は年々減少しています。

a0254656_17333296.jpg稲刈りを終えた、10月中旬の様子です。
刈り取った稲の切株と、一面の”稲ワラ”がありました。
この切株も“稲ワラ”も、肥料とするために、11月上旬に田んぼに鋤き込んでいくのです。

a0254656_17344947.jpg11月9日、稲ワラを田んぼに鋤き込むとの連絡をいただき、現地取材に伺いました。
この日は、病気療養中の野中さんに代わり、次男の野中剛さんがトラクターに乗っているようです。

a0254656_17365891.jpg「すみません!急に取材に来てもらって!天気が崩れそうなので、その前に耕運をしとこうと思って!」と剛さん。
「いえいえ、農作業は待ったなしなので、むしろきちんと連絡いただいてありがたいです。」と、私は話しました。

a0254656_17393225.jpgこちらは、今年の稲刈りのの際に撮った写真です。
野中さんは、稲刈りの際に稲ワラを裁断してそのまま田んぼにまきます。
11月の上旬に田んぼに鋤き込みそのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17414562.jpgそんな野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』作りを、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も年間を通して取材してきました。
写真は、苗床作りの様子です。

a0254656_17440065.jpg種まきや苗床作り、田植え(写真)、稲の生長、花咲く様子、穂が膨らみ頭を垂れる様、もちろん稲刈りや乾燥、そして冬の土つくりなど、その全てです。

a0254656_17482411.jpgもちろん、野中さんの2人の息子さんたちは、野中さんと共に子供のころからずっと米作りをしてきました。
写真は田植えの際に苗を運ぶ剛さんです。

a0254656_17502158.jpgさて、現在の様子に話を戻しましょう!
「いやぁ、自分だけでやってみると、やはり大変ですね!腰が痛くなっちゃいましたよ(笑)」と剛さん。
「今年も、今まで同様の野中さんがやってきたやり方そのままで米作りをするんですね!」と言うと、

a0254656_17535178.jpg「そうですね!父はホント頑固者なので、ずっと同じやり方で米を作ってきたので、今日鋤き込んでいる稲ワラ、その後に種を撒くれんげを有機肥料にして、来年もこだわりの土をきちんと作ってお米を育てますよ!」

a0254656_17575748.jpg「父が安心して療養できるように、「今日耕運をきちんと終わったばい!」と報告してあげたいので、作業に戻りますね!」
剛さんは、そう言うとまたトラクターに乗り込み作業を始めました。

a0254656_18351441.jpg野中さんは、自分や家族が“安全”で“美味いお米”を食べたいと“れんげ”にこだわりお米を作っています。
私は、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、「ご飯がごちそうになるお米!」と呼んでいます。

a0254656_18413457.jpg以前は熊本市のデパートに「野中さんのれんげ米」として出荷もしていたとのことですが、今は生産量を減らし、自分や家族のために作っているお米で、一般流通のないお米です。

a0254656_18050063.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も野中さんの「砂田のこだわりれんげ米」を、ネット独占販売しています。
玄米、白米共に10kg入りからの販売です。
ただし、数量限定です。
定数になり次第、予告無しで締め切らせていただきます。
一般流通のない、野中さんちの『砂田のこだわりれんげ米』のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページより!
ご注文お待ちしてます。
明日は、長男の野中賢吾さんが行った、れんげの種まきについて紹介予定です。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-18 18:07 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238864389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 砂田米 七城町『砂田のれんげ米... 第2回九州のお米食味コンクール... >>