ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本の美味しいお米(七城米、菊池水源棚田米、砂田のれんげ米)大好評発売中!こだわり紹介2018 その1

FLC日記 2018年11月3日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年度)も、3人のこだわりの匠が育て上た、『熊本のお米(新米)』を大好評販売中です!!
a0254656_17053001.jpg
●七城米 長尾さんのこだわりのお米
●菊池水源棚田米
●砂田のれんげ米


↓ 今すぐ購入(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_17014609.jpg本日は、その中でも店長一押しのお米、“美しすぎる田んぼ”と称している田んぼで育てられた、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』をご紹介いたします。

a0254656_17085643.jpg「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんちのこだわりのお米』は、熊本県菊池市七城町で育てられます。
七城町は、日本有数の米どころでこの地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。

a0254656_17053927.jpg「「七城の米」は、日本穀物検定協会食味ランキングで、最高位の「特A」獲得しています!
2017年度も9年連続11度目の最高位『特A』を受賞しました。

a0254656_17103045.jpg菊池市七城町一帯は農業用用水の水路がきちんと整備されていて、名水100選にも選ばれた菊池渓谷を支流に持つ、菊池川の清らかな水を使い様々な作物を育てています。
菊池川から流れてくるこの清らかな水と豊かな土壌が七城米を育みます!

a0254656_17123866.jpgそんな七城町でも、農家さんによってお米の作り方は様々です。
私は「長尾農園」さんの、一切の妥協を許さないお米作りで作られた“美しすぎる田んぼ”と称するきれいな田んぼ、そして何より育て上げたお米の美味さに惚れ込み、2年がかりでお願いして弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_17255493.jpgそんな「長尾農園」さんの米作りを、私はもう何年も年間を通して現地取材してきました。
稲刈り後の冬の土つくり、苗床の準備、種まき、苗床作り、苗床での成長、田植え、田んぼでの成長の過程や花咲く様子、稲穂が膨らみ頭を垂れる様、黄金色に輝く稲穂、もちろん稲刈りなどその全てです。
写真は天地返しと呼ばれる冬の作業です。

a0254656_17302389.jpg昔から「春先に深く掘り返した田んぼでは美味しいお米が育つ!」と言われてきました。
その言い伝えは、現在ではきちんと実証されています。

a0254656_17345622.jpg作物(とりわけ稲)を育てるためには、根っこが深くまで進むような土つくりをしなければなりません。
“天地返し”は、そのために必要な作業です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんはこう話しました。

a0254656_17370486.jpg「寒か時期に耕地の表層と深層を入れ替えると、深層で越冬しようとしとった害虫や雑草の根、土壌病害の原因となる病原菌を寒さで退治することがでるとたい。前の年の耕作で使った堆肥が深層に溜まっとるたい。その堆肥ば表に出すことで田んぼの土全体ば均一化するとたいね。」

a0254656_17432268.jpg5月になると、本格的な米作りがスタートします。
写真は苗床を作っている様子で、“地ならしペタペタ”と呼んでいます。
種を蒔いた苗が、同じように発芽し、同じように成長するために苗床を水平にならしています。
「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫婦の、惜しまぬ手間ひまの徹底作業です。

a0254656_17464505.jpg水平にならし、苗箱を置くことで、一斉に発芽し、同じように育ちます。
苗箱を置いた順番にきれいに水を吸って、まるでグラデーションをかけたようです。
みんなそろって「よーいドン!」で同じようにスタートを切り、その後も水管理が徹底できることで、苗の成長もそろうのです。

a0254656_17493442.jpg苗床の高さを均等にそろえたことで、水の管理も徹底して行うことができ、発芽した苗はこうも同じように育つのです。
「長尾農園」さんは、苗床だって美しい!
“美しすぎる苗床”なのです。

a0254656_18000049.jpg田植えをして苗が育つ田んぼも、徹底的に水平にならして準備をします。
代かきと呼ばれる作業です。
長尾さんの代かきは、とにかく長尾さん自身が納得するまで行われます。
稲を植えない畔とのギリギリまでも、こうして徹底的にならしています。

a0254656_18181083.jpg一様に育った苗たちが、この田んぼに来てからも、そろって成長し、花を咲かせ、同じように実り頭を垂れるように、長尾さんはこだわりぬき惜しまぬ手間ひまをかけるのです。

a0254656_18025065.jpg均等に育った元気な苗は、見事にならされた田んぼに、田植え機で田植えをする際、全く欠株が起こりません。
惜しまぬ手間ひまで、同じように育った苗は、一斉にそろって成長していくのです。

a0254656_18041079.jpg「正直言うと、なんもそこまでせんでも!って思う時のあるとたい(笑)。ばってんね、千行さんが作った田んぼは私も毎年ほれぼれする美しさたいね。だけん、やっぱりすごかねぇ~って思うとたいね。」
田植えの取材の際にとも子さんがそう話したのを思い出しました。

a0254656_18191249.jpg7月中旬、田植え後約1ヶ月の様子です。
私が“美しすぎる田んぼ”と呼んでいるのは、こうしてまっすぐに植えられた様子もさることながら、苗がとことん同じようにそろって成長する様を称しています。

a0254656_18211549.jpgまるで、同じ苗の写真をコピーして並べたかのように、そろっって思う、元気に成長しています。
もちろん、欠株などは一切ありません。
8月下旬になると、稲は一斉に花を咲かせます。

a0254656_18271852.jpgそのころの様子がこちら。
一様に育ち、一様に花を咲かせ、そしてこれからいよいよ実りの秋を迎えます。
穂が膨らみ頭を垂れ、黄金色の輝きを放つのです。

a0254656_18291187.jpg「長尾農園」代表の長尾千行さんはいつもこう話します。「お米以外にもいろいろな野菜ば育てよるたいね。ダイコンやほうれん草なんかの野菜は、同じように育てても、収穫の時にその1つ1つば判断して収穫の出来るたい。ばってん、お米はそうはいかんとたいね。田んぼ1枚を一斉に収穫するとだけん、いかにその1枚の田んぼを均等に育てるかが大事たいね!」

a0254656_18304146.jpg稲刈り前の黄金色に輝く「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”です。
こうして稲穂が実り、頭を垂れたころでも、私は長尾さんの田んぼの稲が倒れているのを見たことがりません。

a0254656_18334985.jpg毎年、10月10日をめどに今年も稲刈りをスタートします。
見事に真直ぐに並び、見事に同じように育った、本当にきれいな田んぼです。
現在は稲刈りを終え、乾燥、精米した、平成30年度の新米を、全国のお客様に出荷中です。

a0254656_18404823.jpg「長尾農園」さんは、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、一切の妥協を許さぬ、惜しまぬ手間ひまをかけ、まさに“本物”と呼べる美味さのお米を育てています。

a0254656_17573358.jpg日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町でも、生産農家さんでお米作りの方法は様々です。
そんな中、私が惚れ込んだ『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』は、一番のおススメ、今年も゛店長一押し”として販売しています。
同じように育たった粒ぞろいのお米は、美味しさの基本です。
さらに、その艶、風味、そして独特の甘さ・・・。
ぜひ、『七城米 長尾さんちのこだわりのお米(ひのひかり)』を味わってみてください!!
ご贈答用としても大変喜ばれる商品です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-11-03 18:45 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238840016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本の美味しいお米(七城米、菊... 米作りへの挑戦!掛け干しした稲... >>