人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 七城町『砂田のれんげ米』の稲刈り2018 平成30年度の新米の先行予約受付をスタート!!(後編)

FLC日記 2018年10月19日(金) くもり時々晴れ一時雨
「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんがれんげを使ったこだわりの土で育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
平成30年度の新米の予約受付をスタートしました!
a0254656_16432097.jpg


a0254656_16543992.jpg熊本県菊池市七城町は、日本でも有数の米どころです。
平成29年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、10年連続11回目の受賞です。
江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。

a0254656_16492189.jpgその七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、無農薬栽培で生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、今年も『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_16563199.jpg現在は、平成30年度の新米の収穫(稲刈り)を終え、乾燥、脱穀の工程へと進んでいます。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、ここでしか買うことのできない、大変貴重なお米です。

a0254656_17032741.jpg白米も玄米でも販売していますが、自信をもっておススメしているため、お試しなどは一切なく、10kgからの販売となっています。
お得な定期購入は、メールまたはお電話でご注文下さい。

今すぐ注文(ご予約)、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』

a0254656_17051718.jpg昨年(2017年)の稲刈りの取材の際に撮影した生産農家の野中逸雄さんです。
野中さんは、『砂田のこだわりれんげ米』を、毎年変わらぬやり方で育てています。
稲刈り時の稲ワラと、れんげだけを有機肥料にした元気な土の田んぼで、それ以外には、なにも足さずに、なにも引かずにこだわりのお米を栽培しています。

a0254656_17090238.jpg今年は、野中さんが病気療養中のため、2人の息子さんによって稲刈りが行われました。
本日のブログでは、昨日に続き、現地取材したその様子を紹介いたします。

a0254656_17110122.jpg長男の野中賢吾さんがコンバインを操作しながら稲刈りを行っています。
「今までは、稲刈りの段取りも含め、父に任せていましたが、今年は剛(弟さん)と二人で、稲刈り前のコンバインの整備から収穫後の乾燥の準備も含めやってきました。すごくいい天気で、稲刈り日和ですね!」
賢吾さんはそう話しました。

a0254656_17173140.jpg弟の野中剛さんです。
「やはり微妙な操作が難しいですね!」と話していましたが、いえいえ、初めてにしてはなかなかのコンバイン操作だと思いながら私は見ていましたよ。
苗床や田植え、稲刈りの際には、野中さんと共に手伝っていてよく顔を合わせていたので、私は2人ともすっかり仲良しなんです。

a0254656_17221332.jpgこちらは、今年の5月25日に行われたお米の種まきの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17240176.jpg野中さんのお米作りもずっと取材してきました。
冬の土つくりや種まき、苗床、田植え、稲の生長、花が咲き稲穂が実る様子、そして稲刈りなどその全てです。
写真は種まきと同日に行われた、苗床作りの様子です。

a0254656_17282055.jpg苗床作りは、生産農家の野中逸雄さんと奥様のゆいさん、奥様のお兄さんの吉広満男さん、そして二人の息子さん(賢吾さんと剛さん)で行われました。
こうして2人の息子さんとも、毎年何度も顔を合わせていたので、稲刈りの連絡も直接頂き、現地取材に伺ったのです。

a0254656_17375428.jpgさて、稲刈りに話を戻しましょう!
野中さんが行っていた時同様、外周から稲刈りを進めています。
それにしても本当に良い天気で、取材していてもすごく気持ちが良かったです。

a0254656_17400416.jpg「賢吾さん!すごく様になってますよ!」と言うと、
「父と比べても、良い感じでしょ?(笑)」と健吾さんが笑顔で答えました。
「そろそろいっぱいになるけん、籾を移すよ!」賢吾さんが剛さんにそう指示しました。

a0254656_17431909.jpg賢吾さんに代わり、剛さんが収穫した籾を荷台に移す作業を行いました。
大きなトラブルもなく、今年も順調に稲刈りが行われています。
賢吾さんが稲刈りを進めている間に、剛さんにもお話をうかがいました。

a0254656_17463522.jpg「おかげさまで、父も回復に向かってるんですよ。その父が大事に育ててきた稲なので、俺たち二人でしっかり収穫しないといけないと思ってます。もちろん、収穫後の土つくりや来年以降も、父と同じやり方でお米の栽培も続けていきたいですね!」

a0254656_17520403.jpg野中さんは、この砂田の田んぼで、土にこだわりお米を作り続けてきました。
4月下旬の咲き誇るれんげの様子です。
ここは、本日紹介している稲刈りを行っている田んぼです。

a0254656_17545569.jpgれんげは、花が咲き終わる頃、その花も葉も茎も根も田んぼに鋤き込み、有機肥料とするために育てられています。
稲刈り時の稲ワラと、このれんげのみを肥料とし元気な土を作りお米を育てているのです。

a0254656_17592998.jpg土にこだわる野中逸雄さんが育てたお米は、今年もこうして実りの秋を迎えました。
野中さんがまたお米作りに戻るまでは、2人の息子さんたちがきちんと変わらぬ栽培方法で育ててくれることでしょう!

a0254656_18125645.jpg「稲を刈り終わる前にツーショットをお願いします!」そう言って撮影した写真がこちらです。
2人とも野中さんに負けないほどの良い笑顔です。
来年の稲刈りの際には、野中さんも含めた稲穂をバックのスリーショットを撮りたいと思いました。

a0254656_18195005.jpg「FLCパートナーズストア」では、野中さんの『砂田のれんげ米』をネット独占販売しています。
こだわりの土で育てられたそのお米を、私は、“ご飯がごちそうになるお米”と呼んでいます。
定期購入のお客様に加え、すでに平成30年度の新米のご予約を多数頂戴しています。
弊社にだけ特別にお譲りいただいていいる、一般流通のないこの大変貴重なお米は、数量限定での販売です。
まもなく出荷をスタートします。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-10-19 18:32 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238815050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 完熟紅ほっぺ 平成30年も12... 砂田米 七城町『砂田のれんげ米... >>