人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

山鹿のみかん 社方園 花の時期から現在の着果後の様子

FLC日記 2018年6月21日(木) 雨のち晴れ
ここは、熊本県山鹿市久原にある、「社方園」さんの熊本産晩生みかん『青島』の栽培地、みかん畑です。
a0254656_16230101.jpg
この時期は、もちろんミカンの収穫の時期ではありません。
現在は、こうして、しっかり著着果し、順調に成長しています。

a0254656_16311216.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度の匠の農家さん「社方園」さんが育てた、熊本産晩生みかん(青島)『木箱熟成蔵出しみかん』のネット独占販売に向け、現地取材を続けています。

a0254656_16344805.jpgみかんは、5月上旬から下旬にかけ、このような白い花を咲かせます。
撮影したのは、5月中旬で、早いものは花びらが落ちみかんの赤ちゃんが見えてきていました。

a0254656_16382877.jpg「社方園」さんのみかんの栽培地は、みかん畑と言うより“みかん山”と言った表現があうようです。
この高台から見下ろす陽の当らる斜面一帯に、たくさんのみかんの果樹を栽培しています。

a0254656_16541620.jpg「社方園」さんと言えば、「FLCパートナーズストア」のお客様や、このブログ「FLC日記」をご覧いただく方は、よくご存じだと思います。
「社方園」さんは、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を生産する匠の農家さんです。

a0254656_16563007.jpg「社方園」さんのぶどう畑では、今年も7月上旬の出荷に向け、しっかり色づき順調に『山鹿のぶどう』が成長していました。
まもなく、収穫前の最後の作業の“袋かけ”を行います。

a0254656_16594417.jpg「社方園」園主の社方武路さんです。
「ぶどうも順調ですが、みかんも元気に育ってますよ。今日は父と母がみかん畑に行ってるので、ぜひ行って取材してください。」
そう言っていただき、その帰りにみかん畑に伺ったのです。

a0254656_17030052.jpg高台まで登り、一昨年定植した苗たちを見ると、元気に成長していました。
でも、ところどころに明らかに幼い苗があります。
その訳を、武路さんのお父さんで、初代「社方園」園主の社方義武さんにうかがいました。

a0254656_17052662.jpg「あれだろ?イノシシの来て、苗の根元ば掘り返してしもうたけん、枯れたとたい。だけん、昨年そこにまた苗ば植えたけん幼かとのあるとたい。」とのこと。

a0254656_17083447.jpg「それだけ、自然豊かなとこで育てよるってことばってん、困ったもんばい。まだ、果実は食べんばってん、色づき始めたらやられるけん、対策ばせにゃんと思いよるとたい。イノシシもなんか食べにゃんだろうけど、うちのみかんは勘弁してほしかなぁ~(笑)」

a0254656_17125334.jpg義武さんは、九州はもとより西日本において、ぶどうを栽培している方の中にはかなり名前が通っているまさに匠の農家さんです。
たくさんぶどう栽培農家さんが、毎年「社方園」さんに匠の栽培方法などを学びに来ます。

a0254656_17150879.jpg「うちのみかんは晩生だけん年明けの出荷になるたいね。こうして順調に育ちよるけん楽しみにしときなっせ。そうそう、笠さんが取材に来た、山場開いて定植した苗たちも元気に育ち様るけん、そこも見ときなっせ!」と義武さん。

a0254656_17184838.jpg義武さんにお礼を言って、さっそく行ってみました。
こちらは、今の話にあった山を開いて定植した苗たちの、昨年5月中旬の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17211289.jpgもちろん「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』や『山鹿のみかん』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
定植する前の山を切り開いている様子も取材しましたよ。

a0254656_17235967.jpgこちらは現在の様子です。
そこには、少したくましくなったみかんの果樹たちと、義武さんの奥様の姿がありました。
「こんにちは!」と声をかけると、
「あらぁ~、笠さん!取材に来たと?今日は草取りばしよるだけよ!(笑)」

a0254656_17264467.jpg「まだ若木だけん、根元だけでも草を取ってやりよるとたい。どうね?ずっと見てきたろうけん分かるど?大きくなったね?」と奥様。「もちろん、定植直後からすると、ずいぶん大きくなってますし、葉っぱの色もしっかり濃ゆくて樹勢も良いように見えますよ。」と言うと、

a0254656_17303705.jpg「笠さんは失とろうけど、ここに定植した子たちは、なんか違う仕立て方ばするって、武路が言いよったけん私も楽しみにしとるたい。まぁ、収穫ができるようになるのはまだまだ先だろうけどね!(笑)」
こちらは、猪の被害もなく、元気な新芽も芽吹き、順調のようです。

a0254656_17371410.jpg「社方園」さんの『山鹿のみかん』は、晩生のミカンです。
現在成長している果実たちが実り、収穫し、出荷を迎えるのは年明け2月ごろからです。

a0254656_17393106.jpgこちらは、以前取材した2月上旬の「社方園」さんの蔵の様子です。
「社方園」さんでは、収穫したみかんたちを、専用の木箱に入れしっかりと熟成させて、ベストなタイミングで出荷します。

a0254656_17445354.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成30年度(平成31年2月より出荷予定)より、匠の農家さん「社方園」さんの、山鹿のみかん『木箱熟成蔵出しみかん』をネット独占販売いたします。
こうして、現地取材を重ね、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひまをきちんとお伝えしていきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

by flcps | 2018-06-21 17:48 | 山鹿のみかん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238613642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 砂田のこだわりれんげ米 田植え... 山あいの南高梅 平成30年度完... >>