人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編

FLC日記 2018年6月17日(日) 晴れのちくもり

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16393484.jpg「隙間なくぎっしりと、まるでお石垣を組んだかのように、ぶどうの果実が実るのが理想ですね!そのために、収穫が最も遅いハウスでは、摘粒作業を行ってます。」
「社方園」園主の社方武路さんがそう話してくれました。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16413381.jpg摘粒作業を終えたばかりのぶどうがこちらです。
ある意味、ここまでスカスカのぶどうたちが、果実が肥大し、色づく頃にはあの石垣の様なぶどうになるのです。
そこには、匠の技がありました。
熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16460174.jpg

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成30年度もぶどうの匠「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16470787.jpg「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを販売開始します。
「FLCパートナーズストア」では、今年は7月7日が土曜日のため、1日早めて7月6日(金)よりの出荷予定です!!

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16480776.jpg毎年コンスタントに3色のぶどうを7月上旬に出荷できるぶどう農家さんは、全国にも数少ないと思います。
販売初日から、濃厚な味わいの黒ぶどう、甘さが際立つ赤ぶどう、皮ごと食べられる白ブドウの、3色のぶどうをそろえての出荷です。
今年もすでに初回発送分でたくさんのご予約を頂戴している、弊社の大人気商品です。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16500966.jpg一昨日、熊本県山鹿市久原にある、匠の農家さん「社方園」さんのぶどう畑に現地取材に伺いました。
この栽培場は、最も遅く収穫するトンネル仕立て(露地栽培)のぶどう畑です。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_16523382.jpg最初に収穫する、加温をして栽培しているハウスでは、もうすっかりぶどうの色がついていました。
次に収穫するのが、ビニールは張りますが加温はしない栽培ハウスです。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17290751.jpg「今、摘粒作業をしているのは、8月のお盆過ぎ位に収穫するぶどうたちですね。ここは、雨除けのための屋根代わりのビニールは張っていますが、全く加温をしないから今この時期が摘粒作業なんです。」
「社方園」園主の社方武路さんと奥様の美里さんです。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17364337.jpg「毎年見てきましたが、ホント不思議ですよね!あの、小指の先ほどのつぼみが花咲き、こうしてぶどうとなり実っていくんですからね!」と言うと、
「ハハハッ!そうですね!笠さんが初めて見た時は、ビックリされてましたもんね!(笑)」と社方さん。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17433445.jpgこちらは以前取材した、ぶどうのつぼみです。
このつぼみを、“摘蕾(てきらい)”と言って、必要なだけに残します。
残すのは、ほんの小指の先ほどです。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17451708.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17465480.jpg「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
摘蕾で残したのは、ほんのこれだけです。
これらに花が咲き、着果しぶどうとなるのです。
そして、タイミングを見計らって、匠の判断で摘粒(てきりゅう)作業を施します。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17493581.jpg「社方さん!先ほど私が撮影したぶどうに、摘粒作業を施してもらっても良いですか?」と言うと、
「どれくらい落とすかお見せしましょう!」
社方さんはそう言うと、先ほどまでの優しい眼差しが一転し、匠の目になり作業を始めました。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17513943.jpg「この作業で、仕上がりをどれくらいの大きさ(重さ)の房にするのか決めるんです。この房だけを見るのではなく、果樹の樹勢、着果枝の勢いなどを見て判断し、どれくらい落とすかを決めてるんです。」

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17534064.jpg「できましたよ!こんな感じですね!」と社方さん。
「いやぁ~、随分落としましたね!このスカスカ状態が、色づく頃にはぎゅうぎゅう詰めになるんですよね!」と驚きながら話す私に、

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_17554075.jpg「摘粒をすることで、残りの果実がどんどん大きくなっていきます。おそらくこれくらいになるので、心配しなくても、笠さんの言葉を借りるなら、“ぎゅうぎゅう詰め”になりますよ!(笑)」社方さんは自信の笑顔でそう話しました。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_18020736.jpg最も収穫の早いぶどうの情報もお伝えしておきましょう!
こちらは、人気はなまる急上昇中の赤ぶどう『クイーンニーナ』の現在の様子です。
もうこうして、色づき始めていました。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_18042236.jpgこちらは、以前取材した6月下旬の『クイーンニーナ』です。
ぶどうは糖度が18度ほどと、フルーツの中でも高い糖度を誇りますが、『クイーンニーナ』は、なんと糖度が22度もあり、酸味はほとんど感じられず、とにかく甘~い!んです。
昨年、販売スタート同時に、予約が殺到し、さらに多くのリピート購入を頂く大人気商品となりました。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_18090711.jpg「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の代名詞ともいえる、黒ぶどうの『ピオーネ』、昨日のブログで紹介した、数ある果物をおさえて、なんと今年も売れ筋ランキングで1位(5年連続)となった、白ぶどうの『シャインマスカット』、そして『クイーンニーナ』を中心に、今年も販売していきたいと思っています。

熊本ぶどう 社方園 今年は例年以上に良いんです!袋かけ前の様子と摘粒作業(2018)後編_a0254656_18114445.jpg私がそれらの美味しさに心底惚れ抜き、現地取材を徹底的に重ね、自信を持ってお勧めするのが、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』です。
もちろん今年も、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。
今年も、初回発送は7月6日(金)の予定です。
今年の『山鹿のぶどう』にも、ぜひご期待ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-17 18:13 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238606111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 平成30年度から米作りに挑戦し... 熊本ぶどう 社方園 今年は例年... >>