ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』 種まき~苗床作り(2018後編)

FLC日記 2018年6月2日(土) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、野中逸雄さんが、無農薬で育てた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。

a0254656_16544047.jpg日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、匠の農家さん野中逸雄さんによって、れんげと米ワラのみを肥料として使って育てられたお米です。
野中さんは、七城町の中でも、砂交じりの独特な田んぼを持つ「砂田地区」で、れんげを有機肥料として育てる、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の生産者です。

a0254656_16563085.jpgこちらは、昨年の収穫(稲刈り)の様子です。菊池川と迫間(はざま)川の間の地区で、砂の混ざった独特な土壌を持つ『砂田地区』の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
a0254656_16371309.jpg


a0254656_16591797.jpgその「砂田地区」の中でも、野中さんは“れんげ”を有機肥料として使った、『砂田のれんげ米』を育てています。
秋の稲刈り後、田んぼにれんげの種を撒き、お米を育てる肥料として育てます。

a0254656_17004332.jpg4月下旬の野中さんの田んぼです。
この写真だけ見ると、ここでお米が育てられるとは思いませんよね!
5月上旬、花が咲き終わるころ、れんげはその花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、お米を育てる有機肥料とします。

a0254656_16323978.jpg「FLCパートナーズストア」では、その田んぼで、無農薬で育てられた『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
他では買うことのできない大変貴重なお米です。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17045281.jpg5月上旬のれんげを田んぼに鋤き込む様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17092328.jpgもちろん、野中さんのお米作りももう何年も年間を通して現地取材してきました。
今年(平成30年)は、5月25日に苗床作りが行われました。
お米の種(籾)をまいたトレーを、こうして苗床に並べていきます。

a0254656_17065862.jpg苗床とは、田植えまでの期間、苗を集中して管理して育てる場所のことです。
一般的には、すでに水をはった苗床に苗箱(トレー)を並べますが、野中さんはもう随分以前から、作業効率を上げるため、乾いた苗床で作業をし、後から水を入れるようにして苗床を作っています。

a0254656_17120306.jpg「ちょっと待て!ここばピシャッとならすけん!」
野中さんが息子さんの賢吾さんにそう言って手際よく作業をしています。
できる限り水平に苗箱を置くことが重要なのです。

a0254656_17141729.jpg苗床作りは、野中さんと奥様、2人の息子さん、そして奥様のお兄さんの5名で行われていました。
水をはる前に苗箱を並べると、いくら5名いるとはいえ、作業効率が良くどんどん苗箱が並んでいきます。

a0254656_17195543.jpg「これじゃいかん!土が盛り上がってる時は、苗箱ばおさえて、他んとと同じごつ高さばそろえにゃんたい!」
野中さんがそう言いながら、きれいに高さの調整をしていました。野中さんの熊本弁がわからない方もあると思いますが、なんとかニュアンスで察してください!(笑)

a0254656_17233168.jpg準備していた全ての苗箱を並べ終わると、苗箱には、シートがかけられました。
そうすることで、温度が保たれ、さらには野鳥が籾を食べることから守ることができます。

a0254656_17260088.jpg「よ~し、良かね!なら、水はいれるぞ~!」野中さんはそう言うと、給水口を開けました。
一級河川「菊池川」からきている清らかな水が、田んぼへと勢いよく流れ込んでいきます。

a0254656_17285611.jpgその水は、乾いた田んぼに潤いを与えながら、どんどんと奥へと進んでいきました。
「しっかり水のたまるまでは、1時間くらいかかるだろうけん、後で俺が見に来よう!それじゃ、これだ終わりにしようかね!」野中さんの一言で、苗床作り終了です。

a0254656_17490530.jpg「こんな機会なかなかないので、写真撮っときましょうよ!」
私がそう声をかけ、集合写真を撮りました。
左から、長男の野中賢吾さん、次男の野中剛さん、生産農家の野中逸雄さん、奥様の野中ゆいさん、そして、奥様のお兄さんの吉広満男さんです。
見るからに正直者の様な、この家族で今年も、無農薬栽培の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を育てます。

a0254656_17543258.jpg
野中さんが育てたお米は、『砂田のこだわりれんげ米』として、以前は、有名デパートにて販売していました。
しかし、現在は、生産量を調整し、自分や家族、親せきや知人のためだけに育てています。
ですから、一般流通はほとんどありません。
私は、野中さんのれんげを使った米作り、そして安全・安心で、もちろん美味しいお米に惚れ込み、無理を言って数量限定で弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_16365182.jpg
私はこの、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、「ご飯がごちそうになるお米」と呼んでいます。
弊社でしか買うことのできない大変貴重なお米です。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
平成30年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、もちろん今年も現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-06-02 17:57 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238558488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無農薬・無化学肥料で育てる「菊... 砂田米 『砂田のこだわりれんげ... >>