ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

水源キウイ 開花から着果までの様子 今年(平成30年度)も無農薬で育て販売いたします!

FLC日記 2018年5月27日(日) 晴れ

a0254656_17421940.jpgキウイの花を見たことがありますか?
ここは熊本県菊池市原(はる)にある、株式会社旬援隊の『水源キウイ』の栽培場(キウイ棚)の1つです。
まずは、今年、4月30日に開花したキウイの花をご覧ください!
a0254656_17425624.jpg
4月中に開花したのは、今年が初めてでした。
例年より、5日ほど早く、昨年より15日も早い今年の開花でした。

a0254656_18151503.jpg株式会社旬援隊では、無農薬・無化学肥料で育てる『水源キウイ』を生産しています。
そして今年も、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売いたします。

a0254656_18163081.jpgゴールド種とグリーン種の2種類のキウイを生産しています。
農薬や化学肥料を一切使用せずに育てる『水源キウイ』は、弊社の大人気商品です。

a0254656_18161128.jpgこうして、大きく成長し収穫を迎えるのは、11月中旬以降です。
キウイは冬のフルーツです!
現在は先に咲いたゴールド種は、交配、着果が終わり、元気に成長中です!

a0254656_19105393.jpgまた、グリーン種は今の時期が花盛りで、早いものでもやっと花びらが落ち始めたころです。花だけ見ても、ゴールド種かグリーン種かの区別はつきませんけどね!(笑)

a0254656_19145828.jpgもちろん、ゴールド種とグリーン種は、それぞれ別々の果樹から実ります。
また、キウイは雄花と雌花を別の株につける雌雄異株の植物です。
(近年、品種改良で雄花が不要なキウイの果樹もあるようです)

a0254656_19123071.jpgこちらが、雌花です。
真ん中の子房がいずれキウイの果実になるんです。
雄花と雌花をミツバチなどの昆虫が飛び回り、交配(受粉)します。

a0254656_19133704.jpgこれが雄花で、もちろん中央の子房はありません。
ここでは、毎年、数日早く雌花が咲くので、雄花の開花を待ち、早い花には私が直接花粉をつけ、交配を行っています。

a0254656_19171053.jpg今年ほど、花が咲くことや交配を心配した年はありませんでした。
3月下旬に芽吹いた花芽が、4月7日に降った雪でこのようにかなりの数ダメになってしまったからです。

a0254656_19180676.jpgとりわけ、毎年先に咲くゴールド種は心配でしたが、なんとか今年もしっかりと着果し、元気に成長してくれているので、胸をなでおろしているところです。
ここでは、今年も無農薬、無化学肥料栽培で『水源キウイ』を育てます。

a0254656_19190723.jpg『水源キウイ』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
これは、本社社屋で、ここの敷地は、1500坪ほどあり、近隣にも畑も借りていて、全部で、約4,000坪の中で暮らしています。

a0254656_19261056.jpgその地で私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は自然と共に生き、自ら畑を耕し、15種類の果樹と原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
ここではすべての作物を、完全無農薬、完全無化学肥料で育てています。
ここで育てている農作物の、自然栽培で育てた『利平栗』、無農薬栽培の『えごま』、『烏骨鶏のタマゴ』、『春の山菜』などは、オリジナルブランド商品として販売していて、その中の1つが本日ご紹介ている『水源キウイ』です。

a0254656_19265711.jpgここでは、全ての作物を無農薬、無化学肥料で育てていますが、それにはきちんとした理由があります。
すぐお隣には、有機農法の『菊池水源茶』を栽培されている茶畑があります。

a0254656_19310006.jpg有機農法のお茶と認められるためには、とても厳しい検査があります。
それゆえ、そのこだわり有機農法に協力して、ここ(株式会社旬援隊)でも、全く農薬や化学肥料を使わずに『水源キウイ』や『利平栗』、『えごま』、他の果物、野菜などを育てているのです。

a0254656_19280871.jpgさて、話をキウイの戻して、現在は、ゴールド種の摘果作業を行いながら、花盛りのグリーン種の交配(受粉)と着果を待っている状態です。
これから、的確な時期に有機肥料を与えながら、大きく、甘く育て、11月の収穫までしっかりと手をかけていきます。

a0254656_19294027.jpg「え?収穫は11月下旬~?」とお思いになった方も多いことでしょう!
キウイは、多くの方々が夏の果実と言うイメージをお持ちでしょうが、収穫時期は11月から12月です。
夏に店頭に並ぶキウイはそのほとんどが海外(95%がニュージーランド)からの輸入商品です。
ですから、国産キウイの“旬”は、実は冬なんです!

a0254656_19324616.jpgここで栽培している『水源キウイ』は、ゴールド種とグリーン種の2種類。
いずれのキウイフルーツも、ビタミンCや食物繊維が豊富な食物です。
ビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。
また、カリウムも多く含んでいて、高血圧や動脈硬化、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病の予防効果が期待できるといわれています。

a0254656_19350780.jpgまた、最近の研究結果では、ガンの要因となる変異タンパク質を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。
食物繊維量も多く含むのでお通じにもいいようです。
豊富に含まれるビタミンCとの相乗効果で美容効果も期待できますね!
さらには、「アクチニジン」という、お肉をやわらかくする“タンパク質分解酵素”も多く含まれ、消化を促進する効果があります。

a0254656_19382687.jpg熊本県菊池市、菊池水源のきれいな空気と、清らかな水、元気な太陽の光によって育つ、『水源キウイ』は、安心・安全な完全無農薬、無化学肥料で元気に成長中です。
今年も、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売致します。

a0254656_19370824.jpg何度も申し上げますが、収穫は11月中旬から!
ご注文(ご予約)及び、商品発送は、もうしばらくお待ちください!!
現在は、お電話でのみ先行予約の受付を行っております。
これからも、その成長の様子などご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-27 19:39 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238546908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 七城米 長尾農園 数量限定で販... 完熟アップルマンゴー 着果の様... >>