ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

究極の柑橘「せとか」 今年も元気な花が咲きました!まもなく着果です!!

FLC日記 2018年5月23日(水) 雨のち晴れ

a0254656_16251023.jpg5月11日(水)、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスに、現地取材に伺いました。
雄大な自然の中、日の当たる山の斜面に連棟建てのハウスで、究極の柑橘『せとか』は育てられています。

a0254656_16381436.jpgハウスの中には、きちんと整列して『せとか』の果樹が栽培されていました。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。

a0254656_16404309.jpg「小春農園」さんでは、「草生栽培」と言って、地面に雑草を生やしながら育てます。
草を伸ばし栽培することで、ハウス内に仮に病気や害虫が侵入しても、この草にとどまることが多く、果樹への影響を極力減らすことができます。

a0254656_16452134.jpgさらには、害虫の天敵となる良い虫もとどめることができるのです。
雑草は時期を見て手作業で刈ります。
こちらは以前、摘果作業を主坐剤した際のハウスの中の様子と、「小春農園」専務の小原将輝さんです。
今回は『せとか』の花咲く様子を取材に伺いました。
ご覧ください!
これが『せとか』の花です!
a0254656_16484248.jpg

a0254656_16491328.jpg今年も、花びらが大きく反り返った、とても元気で良い花が、4月下旬から5月上旬にかけて咲きました!
爽やかな柑橘系のとても香りの良い白くてきれいな花です。

a0254656_16532213.jpg『せとか』は、こうしてまとまって咲く総状花と、先ほどの写真の様な単生の花が混在しています。
『せとか』は樹勢が弱いと、葉っぱを持たない花が咲く場合があります。
しかし、「小春農園」さんでは、4月上旬の花芽剪定で、良い花芽を残し、樹勢もしっかり保てていて、そんな花はほとんどありません。

a0254656_16572947.jpg今年の花芽剪定の取材の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_16590755.jpgもちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「俺はデコポン、将輝はせとかって、それぞれに分かれて花芽剪定ばしよったとたい。」
そう話してくれたのは、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さん(写真右)です。

a0254656_17023440.jpg「それぞれ、剪定の仕方が違うけんね!ベストな時期に、ベストな方法で花芽剪定をすることで、良い花を咲かせにゃんとたいね。花芽剪定がその年の果実の良し悪しの7割ほどは占めるとじゃないかな!」と、小原さん。

a0254656_17071170.jpg「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力を持つ親子の匠で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育てています。

a0254656_17102183.jpg「毎年コンスタントに良いものを育てて、果樹栽培は初めて評価されるとたい!」小原さんの口ぐせです。
今年も、2月の収穫に向け、元気な葉っぱがそろった良い花が咲いています。

a0254656_17131914.jpg早かった花は、着果が始まっているようです。
でもまだまだこんな大きさです。
もちろんはっきり着果しているとは限らず、これから生理落下が始まります。

a0254656_17161775.jpg生理落下とは、植物が自ら果実を落とす作用で、自分の体力以上に果実が実った際などに起こります。せとかもこの現象がおきます。
写真右上の黄色くなっている果実が、生理落下で落ちるものです(6月上旬撮影)。

a0254656_17402177.jpg『せとか』は、開花から収穫を迎える2月上旬まで、約9か月の果実の栽培期間を要します。
こちらは、今年の集荷直前の様子です。
こうも見事に育つまでは、その間のたくさんの惜しまぬ努力や匠の技が必要です。

a0254656_17430271.jpgその1つが、果実がゴルフボールほどに成長した真夏の頃に行う、玉吊り作業です。
「小春農園」さんでは、果実が枝や葉、果実同士でぶつかってキズ着かないように1玉1玉を全てひもで吊るし惜しまぬ手間ひまをかけ、見た目にも美しい『せとか』を育てるのです。

a0254656_17460960.jpg現在は、私の指先にも満たない大きさの『せとか』の果実を、ここまで大きく、美しく、もちろん甘く美味しく育てる「小春農園」さんの惜しまぬ手間ひま、匠の技をこれからも現地取材でご紹介していきます。
まずは、摘果作業とと新芽の選定作業がはじまり、徹底した温度と湿度管理をしながら、8月上旬には1玉1玉ひもで吊り下げて、大切に育てていきます。
「小春農園」さんの、来年の『せとか』にもぜひご期待下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-05-23 17:51 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238539002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amu-like at 2018-05-23 20:12
頂き物でしたがせとか何回か食べたことがあります。甘くてとてもおいしかったです。
Commented by flcps at 2018-05-24 07:26
> amu-likeさん
せとかは、“究極の柑橘”なんて呼ばれるだけあって、ホント美味しいですよね!
でも、“本物”と呼べるせとかに仕上げるには、栽培技術も究極です!
これからも、成長の様子や匠の技などなど、現地取材で紹介していきます。
コメントありがとうございました。
<< 太秋柿 古川果樹園 元気な花(... 菊池水源茶 平成30年度の茶摘... >>