ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

菊池水源茶 有機栽培のお茶に肥料を散布!厳しい基準がありました!

FLC日記 2018年3月11日(日) くもり
『菊池水源茶』の茶畑に、肥料散布の様子を、昨日取材に伺いました。
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の伊牟田地区にある、有機栽培の茶畑の1つです。
a0254656_18011004.jpg


a0254656_17583727.jpg「この茶畑は、有機栽培の碾茶(抹茶の原料)の茶畑たいね。だけん、こうして肥料を散布するのにも、とても厳しい基準があって、あらかじめ「こういう肥料をこの時期に散布します。肥料の原材料はこのようなものです!」って、報告書ば出しとかんといかんとたい。だけん、絶対にそれ以外は使用することはできんとたいね。」
『菊池水源茶』『菊池水源紅茶』を栽培する、匠の農家さん「川口製茶園」の川口荘一さんがそう話してくれました。

a0254656_18044523.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「川口製茶園」さんの『菊池水源茶』『菊池水源紅茶』をネット販売しています。

a0254656_18071118.jpgこちらは昨年5月上旬に行われた茶摘みの様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「川口製茶園」さんの『菊池水源茶』の栽培の様子も、こうしてもう何年も現地取材をしてきました。

a0254656_18101515.jpg肥料散布は、茶畑の通路を通りながら、この専用の機械で行っていました。
「すごく便利な機械ですが、きっと値段も高いんでしょうね?」と尋ねると、
「そうねぇ~。軽の車くらい買えるかもね(笑)」

a0254656_18141642.jpg「でも、作付面積が広かけん、肥料を抱えて歩き回ってなんかは絶対に無理たい。きちんとそれなりの働きはしてくれよるよ!」と川口さん。
「肥料のラベルの写真も撮っていいですか?」と言うと、

a0254656_18172227.jpg「もちろん!きちんと登録している肥料だけん、しっかり写真ば撮っときなっせ!これから新芽が芽吹いてくるたいね。その前に、こうしてしっかりと肥料ば与えとかにゃんとたい。」

a0254656_18202359.jpg肥料は、通路を通りながらしっかりと根元付近を中心に散布してありました。
有機栽培のお茶として出荷するためには、かなり厳しい基準があります。
農薬や化学肥料は一切使用できませんし、こうして散布する有機肥料もあらかじめ登録が必要です。
また、その基準に少しでも触れることがあれば、むこう3年間は「有機栽培のお茶」としての出荷ができなくなります。

a0254656_18285761.jpgお茶の葉を見てみると、ところどころ茶色になっていました。
「お茶の葉っぱが枯れてるところがあるようですね。寒にやられたんですか?」と言うと、

a0254656_18310584.jpg「そうそう!今年は特に寒くて、何回も雪が積もったけんね。まぁ、この表面にある茶葉は、笠さんも知ってる通り、今月下旬と来月中旬にかけて、剪定してしまうけん全く問題はなかたいね。」と川口さん。

a0254656_18343935.jpgこちらは今年ん1月11日の、雪に覆われる茶畑の様子です。
九州の熊本県と言えども、この地は標高が高く、この冬も、何度も積雪し、最も積もった時で19cmほどの積雪がありました。

a0254656_18400019.jpg昨年4月中旬に行われた2回目の剪定作業の様子です。
きちんと切りそろえ、これから新たに芽吹いたお茶の葉を、収穫(茶摘み)し出荷するのです。

a0254656_18434802.jpg葉っぱの付け根には、これから芽吹く新芽が膨らみ始めていました。
この新芽が成長し、5月上旬には、お茶として収穫します。
しっかりと育てるために、この日、有機肥料を与えていたのです。

a0254656_18483772.jpgこちらが、この茶畑で収穫した碾茶で作られた、有機抹茶『雲上の白』です。
熊本県では、唯一の有機栽培の抹茶で、ある有名お菓子メーカーもこの抹茶を使用しています。
「FLCパートナーズストア」のホームページで購入することもできます。
『菊池水源茶』の購入はコチラ!


a0254656_19152483.jpgまた川口さんは、同じく無農薬、無化学肥料で育てた有機栽培のお茶を使用した、『菊池水源紅茶』の茶葉も生産しています。
『菊池水源紅茶』『菊池水源紅茶』は、きちんと“有機JAS”のマークを取得しています。

a0254656_19184927.jpg『菊池水源紅茶』は2g入り×15袋入りでの販売です。
もちろん、「FLCパートナーズストア」で販売していますので、ぜひ一度ご賞味ください!!
『菊池水源紅茶』の購入はコチラ!


a0254656_18562659.jpg川口さんは私の取材後、すぐに作業に戻りました。
今年も惜しまぬ手間ひまをかけ、徹底した管理のもと、安全で美味しいお茶を育て上げます。
もちろんその様子は、今年も現地取材してしっかり紹介していきたいと思っています。

a0254656_18590067.jpg「FLCパートナーズストア」では、ブランド茶の『菊池水源茶』、そして菊池水源の茶葉を使用し作られた、有機栽培の『菊池水源紅茶』をネット販売しています。
写真は、この地域独特の製茶法で作られた『玉緑茶』です。
名水百選にも選ばれた『菊池渓谷』の清らかな水と、お茶栽培に適した霧深く朝夕の寒暖差の激しい標高500mを超える高冷地で、お茶の匠たちによる惜しまぬ手間ひまで育て上げられた至高のお茶を、ぜひご賞味ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
by flcps | 2018-03-11 19:01 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/238384067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スナップエンドウ「シャキ甘“菊... 美味しいサラダ食べてますか?農... >>