人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)

FLC日記 2017年9月16日(土) 雨時々くもり(台風18号接近)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を大好評販売中です!
無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16212099.jpg

いずれも数量限定での販売で、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
いずれも残りわずかとなってきました。
ご注文はお急ぎ下さい!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16233003.jpgまた、平成28年度産の「白えごま」より搾油した、白えごま油『ピュアホワイト』は、大好評に付完売しました。
平成29年度の「白えごま」は、順調に成長していて、今年も元気な花が咲きました。
無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16265607.jpg


無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16290452.jpg収穫は、開花より約50日後の10月上旬の予定です。
この小さな花が散り、エゴマの種子が成長し、がくが色づき始めたら収穫です。
もちろん今年も、完全無農薬、完全無化学肥料で育てています。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16361123.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある「白えごま」を栽培する畑です。
この畑では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)が、「白えごま」を栽培しています。
私が育てている「白えごま」は、中生の品種なので、5月下旬に種を撒き、6月上旬に発芽した苗を苗床で育て、6月下旬にこの畑に定植しました。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16474601.jpg定植直後の様子がコチラです。
播種から約3か月をかけ成長し、開花しました。
その間には、株間、畝間の除草を兼ねた耕運をして、農薬や化学肥料を使わない分、しっかりと手をかけ育ててきました。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16502130.jpgこちらは現在の様子です。
わき目もしっかり伸びて、全く土は見えないほどに葉も茂っています。
咲き誇る花の様子を見ても、今のところ、かなり順調に成長しています。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16534319.jpg農薬は使わず、除草剤も一切使用しないので、たくさんの虫たちが花に集まっていました。
これは、黄色スズメバチです。
その他にも、マルハナバチ、ミツバチ、カナブンなどもいましたよ。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_16564455.jpgこちらは、「白えごま」の畑のすぐ横にある、「黒えごま」を栽培している畑です。
ここで育てている「黒えごま」は晩生の品種で、中生の「白えごま」より播種は1ヶ月ほど遅いため、まだまだ生育途中と言ったところですが、こちらもかなり順調に成長しています。
花が咲き、収穫を迎えるのは、11月上旬の予定です。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17043633.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『えごま油』は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」の皆さんとで、無農薬・無化学肥料で栽培したエゴマから作ったものです。
私も「エゴマ部会」の一員で、この写真の左端にいます。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17101763.jpgまた、『焙煎えごま粒(黒)』は、私が育てた「黒えごま」で育てたもので、先ほど紹介した白えごま油『ピュアホワイト』や『焙煎えごま粒(白)』(写真)は、私と「エゴマ部会」の有志の方々で育てたもので、弊社のオリジナルブランド商品として販売しています。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17134312.jpg今年は、「白えごま」も「黒えごま」もかなり生育がよく、収量も増えることを期待しています。
(写真は9月初旬の「白えごま」の様子)
ただ、明日(9/17)に上陸するであろう、台風18号が心配でなりません。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17233265.jpgこちらは、昨年9月21日の台風16号通過後の株式会社旬援隊の「黒えごま」の畑の様子です。
エゴマの栽培においては、台風による被害を避けて通れません。
毎年、どうしてもこのような被害が出ます。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17234163.jpg倒れるだけならまだ可能性がありますが、この様に避けるようになったり、折れたりしては成長もできないし、もちろんその後の収穫はできません。
今年も台風が上陸しそうです。
被害が少ないことを願うばかりです。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17294762.jpgさて、『えごま油』や『焙煎えごま粒』に含まれる、“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。
しかし、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17315530.jpg“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17323799.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を、大好評販売中です。
また、平成29年度産で作った白えごま油『ピュアホワイト』は、収穫→乾燥→脱穀→唐箕がけ→洗浄→乾燥→選別→搾油を経た、早くても12月からの出荷予定となっています。

無農薬・無化学肥料の熊本県菊池水源産『えごま油』『えごま粒』 白えごまの開花と黒えごまの成長の様子(2017)_a0254656_17372237.jpg黒えごまはそれより1ヶ月ほど遅く、早くても来年1月からの出荷になりそうです!
平成28年度の、菊池水源産『えごま油』『焙煎えごま粒』は、数量限定で現在も販売中です。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただくため、とにかくご注文はお急ぎ下さい!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-09-16 17:41 | エゴマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/237757705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 甘熟いちじく大好評販売中!『い... 熊本限定栽培品種のイチゴ『熊紅... >>