人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

幻の白い「長生たけのこ」 本日より収穫及び即日発送!(2017)朝掘りの収穫の様子を密着取材!!(後編)

FLC日記 2017年4月5日(水) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も匠の農家さん「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
本日は、昨日のブログに続き、昨日行われた初収穫の様子をご紹介いたします。
ご覧ください!
これが幻の白い『長生たけのこ』です!
a0254656_17064204.jpg
この白さ!
この丸みを帯びた形状!
まさに、“本物”と呼べる逸品です!

a0254656_17092234.jpg白さばかりが注目されがちですが、もちろんその美味しさも文句のつけようがありません。
たけのこ本来の食感がありながら、とても柔らかく、たけのこのうま味をギューっと閉じ込めています。

a0254656_18045021.jpg「小春農園」さんは5ヵ所でたけのこを栽培していますが、この地だけ土壌が異なるんです。
この独特な粘土質の赤土で育ったたけのこだけが、真っ白なたけのこになります。
この場所は、小春農園のスタッフの皆さんと私しか知らない秘密の場所です。

a0254656_17113271.jpg昨日が今期の初収穫でした。
収穫を始めて間もないころは、浅い根っこから芽吹くたけのこなので、まだ小さめです。
こちらは、昨日の初収穫の際に撮った写真ですが、できるだけ大きなものを並べました。
もし、大きくて“最旬”のたけのこをお望みなら、匠の農家さん「小春農園」と相談し、一番いい時期に発送しますので、“最旬”希望!とご指示いただき、発送日をお任せください。
幻の白い『長生たけのこ』は、毎回の出荷量限定、完全予約制での販売です!
a0254656_17153896.jpg
↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_17200640.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町長生(ながそ)地区にある、「小春農園」さんの“たけのこ畑”です。
「小春農園」さんでは、竹林を年間を通し徹底管理し“本物”と呼べるたけのこが育つよう作り上げているので、竹林とは呼ばず、“たけのこ畑”と称しています。
しかも、完全無農薬栽培で、除草剤なども一切使用せずに、安心・安全なたけのこを育てています。

a0254656_17382894.jpg私が、取材を兼ねお手伝いにういかがった朝早くには、すでに収穫作業が始まっていました。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、この地の独特な粘土質の赤土のなかから、たけのこを掘りだしています。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_17494869.jpgもちろん、「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した技術、息子さんで専務の小原将輝さんの大学で学んだ知識や新たな技術をもとに、2人の匠が中心となって様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_17591610.jpg「小春農園」さんでは、本日ご紹介している、幻の白い『長生たけのこ』の他にも、様々な“本物”と呼べる農作物を生産しています。
現在大好評発売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)、究極の柑橘『せとか』、『原木しいたけ』です。
さらに、6月には山あいの『南高梅(青梅・完熟梅)』、8月からは『甘熟イチジク』、さらには、『ザ・みかん』、『干したけのこ』、『乾燥原木しいたけ』などを生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17581327.jpg私は、それらの全てを年間を通して現地取材し紹介しています。
時にはこうして、自らの農業経験を活かし、お手伝いもしています。
これはデコポンの収穫のお手伝いの様子です。

a0254656_18254052.jpgしかし、たけのこの収穫(たけのこ掘り)だけは、全くできません。
なぜなら高度な技術が必要だからです。
この様に、穂先が地表に出ていたら、たけのこがあることがわかりますが、「小春農園」の皆さんは、完全に中のたけのこを探し出し掘り上げるのです。

a0254656_18292739.jpg昨日のブログの終わりの方で紹介したこの写真!
この中にたけのこがあるんです。
小原さんは、この中央にたけのこがることを見つけ出しています。
「微妙な土や葉っぱの盛り上がりや、地割れを見つけて、たけのこを掘り上げるとたい。」と小原さん。

a0254656_18440856.jpg事実、小原さんがたけのこ掘りの道具(トウガ)を使って、葉っぱと土をやさしくよけると、ご覧の通りたけのこが出てきました。
しかも、たけのこの穂先の向きを見て、どちらを掘るのか見極めて作業を進めています。

a0254656_18420941.jpg「これはちょっと厄介ばい。だいぶ曲がっとるけん、最後に打ち込む角度をピシャッとせんと、上手く掘れんけんねぇ~。」と小原さん。
ある程度、掘り進めたら、たけのこの芯にトウガを打ち込みます。

a0254656_18501239.jpg「芯にピシャッとトウガが入ると、たけのこの穂先が“ピクッ”ってなるとたい。あとはてこの原理を使って、掘り上げるとばってん、この場合、角度は横じゃないとたいね。」

a0254656_18530976.jpg「わかりやすく言うと、真上からこんな角度で打ち込まんといかんごたるね。なら良いかな?」
小原さんは、そう説明すると、トウガを振り下ろしました。

a0254656_18561915.jpgトウガが入った瞬間、お話通り、たけのこの穂先がピクッと動き、そのままてこの原理を使って掘り上げました。
「よ~し、上手くいった!」と小原さん。

a0254656_18581892.jpg「トウガで探りながら、たけのこの向き山がり方を確認するわけたいね。この場合、穂先はほぼ真上に出とったばってん、たけのこ自体は大きく曲がって、最後にはほぼ横向きだったわけたい。だけん、それに垂直にトウガが入るように、こうして真上から打ち込んだというわけたい。」
さすが匠です!
私には、ほんのわずかな土や葉っぱのふくらみからたけのこを探すことも、たけのこの形状に合わせて掘り進み、角度を決めてトウガを打ち込むこともできません。

a0254656_19132742.jpg小原さんは、ひざの手術のリハビリ中ですが、弊社のお客様のためにこうして匠の技で、地中のたけのこを掘っていただいているのです。
ですから、私は、こうして匠たちが掘り上げたたけのこを運ぶ作業をお手伝いしました。

a0254656_19170503.jpg一方、将輝さんも同じく、匠の目で地中のたけのこを探し出し、匠の技で見事にたけのこを掘り上げていました。
こちらは、最後にトウガを打ち込む瞬間の写真です。
たけのこを探し出し、向きを見定め掘り進み、そして最後にトウガを一撃!
一切の迷いがありません。

a0254656_19220674.jpg「この時期にしては、わりと大きくて、丸々とずんぐりむっくりした良いたけのこが採れました。」
将輝さんも満足の笑みを浮かべます。
収穫したたけのこたちは、出荷場に運び、そこで厳しく選別して、選び抜かれたものだけが、幻の白い『長生たけのこ』として、弊社のお客様へと、即日出荷されます。

a0254656_19280425.jpgきれいに下の方を切りそろえての出荷です。翌日、もしくは翌々日の配達で、もちろんチルド便にてお届けいたします。
今年も、アク抜き用の米ぬか、唐辛子(タカの爪)、山椒の新芽をサービスしています。

a0254656_19314921.jpg匠の技で地中から掘り起こされた、穂先が黄色く、まだ太陽の光を浴びていないたけのこは、エグミがなくうま味だけを詰め込んでいます。
「FLCパートナーアズストア」では、今年も「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
数量限定の完全予約制販売です。
ご注文はお急ぎください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-05 19:36 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/23772249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夢スイカ 小玉スイカ『ひとりじ... 幻の白い「長生たけのこ」 本日... >>