人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

ザ・みかん 開花から着果まで!極早生は順調です!しかし、中世と晩生が・・・

FLC日記 2017年8月3日(木) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたします。
a0254656_18490899.jpg
10月初旬より出荷する「極早生みかん」の『日南』(写真)、続けて「中世みかん」の『ひのみらい』、最後に「晩生(おくて)みかん」の『青島』、『金峯』と、毎年販売してきました。

a0254656_18544868.jpg『ザ・みかん』とは、飾ることなく味で勝負したいと名付けられた名前です。
極早生から晩生まで、それぞれの季節に合う美味しさで、弊社の人気商品となっています。

a0254656_18571219.jpg熊本県山鹿市鹿北町にある、自然豊かなこの地の日の当たる山の斜面を使った、「小春農園」さんの壮大なミカンの果樹園です。
とてもとても、1枚の写真では収まりきれないほどの広さです。

a0254656_19001211.jpgもちろん現在は、このようにまだ青々としたミカンの果実で、現在、降り注ぐ太陽の光、手をかけ作り上げられた元気な土、そして匠の技とたくさんの愛情で、元気に成長しています。

a0254656_19015938.jpgこちらは、みかんの花の様子です。
みかんは、5月上旬~5月下旬にかけて、このような白くてかわいらしい花を咲かせます。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19042983.jpgもちろん、「小春農園」さんの『ザ・みかん』も、もう何年も年間を通し、こうして現地取材をしてきました。
しかし、今年は例年とはちょっと違うんです。

a0254656_19081886.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
7月中旬に着果の様子を取材した際に撮影しました。
「笠さん!今年は極早生しか出せないかもしれませんよ。」と将輝さん。

a0254656_19112631.jpg取材に伺うなり、開口一番かなりショッキングな言葉でした。
「中世や晩生のミカンが花も少なかったし、なり込みがすっごく少ないんです。これは、うちだけではなくて、どうも熊本県はもとより、全国的なことのようですよ。」

a0254656_19170235.jpgこちらは、毎年8月中旬より行う、みかんの摘果作業の様子です。昨年の摘果作業の取材の際に撮影したもので、将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正弘さんです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの豊富な経験と卓越した栽培技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには、大学で果樹栽培を専門に学んだ、将輝さんの新たな知識が重なり、3人の“匠”を中心として、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_19202843.jpg「小春農園」さんのみかんの栽培方法は、極早生から中世の品種までは、水も栄養も十分に与えた元気な果樹は、良い花を咲かせ、この時期まで、たくさんの果実を着けさせます。
たくさん実っているのではなく、たくさん実らせているのです。

a0254656_19222909.jpg乾燥に強いみかんの果樹は、水を与えないと甘い果実を作るのですが、果樹自体はかなり無理をします。
「小春農園」さんでは、水は十分に与え元気な果樹を育て、たくさんの果実を実らせ、水が無いないストレスで甘くするのではなく、水が足りないという状況下で果実に頑張らせて甘く育てます。
しかしそのままでは、果実が大きく育ちません。
そこで、タイミングを見計らって、一気に3分の2まで摘果し、大きくて甘い果実に育て上げるのです。

a0254656_19244398.jpg「今年は、中世や晩生は着果数が少なくて、晩生は毎年摘果はしませんが、今年は中世も摘果の必要がないほどなんです。そうなると、毎年私たちが育てている、あのみかんの味は作り上げることができないってことなんです。」と将輝さん。

a0254656_19281611.jpg「摘果を毎年行わない、晩生はどうなんですか?」と尋ねると、「晩生もちょっと厳しいですね。笠さんはご存知の通り、晩生はたくさん実らせること(写真)で、大きさや味のバランスをとってきたのですが、こうも着果が少ないと、1つ1つが大きくてごつごつしたものになりがちなんです。もちろん、あの濃い味は出せないと思います。」と将輝んさん。

a0254656_19355513.jpg長年取材をしてきましたが、将輝んさんの口からこんな言葉を聞くのは初めてです。
中世や晩生のミカンの果樹は、着果が少ない分、栄養が新しい芽へと行き、たくさんの新芽が芽吹いていました。

a0254656_19393670.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も匠の農家さん「小春農園」さんの『ザ・みかん』をネット独占販売いたしますが、販売商品についてはこれからも現地取材を重ね「小春農園」さんのご意見をうかがいながら決定したいと思います。

a0254656_19465072.jpg「小春農園」さんは“匠の農家さん”です。
絶対に自分が納得するものしか出さないという強いこだわりを持っています。
そのこだわりゆえの判断が下るかもしれませんが、これからも現地取材を重ね、このブログで紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-03 19:47 | ザ・みかん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/237433795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本梨 こだわりの樹上完熟梨『... 七城米 長尾農園 平成29年度... >>