人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子

FLC日記 2017年8月1日(火) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬、無化学肥料で育てられたエゴマの種子から作った『えごま油』『焙煎えごま粒(実)』を、今年もネット販売しています。
無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17433705.jpg


無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17464258.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)』は、私たちの身体に欠かすことのできない“α-リノレン酸”を多く含んだ食品です。
この写真は撮影用にお皿にたくさん注いでいますが、『えごま油』の場合、1日に小さじ1杯程度を食すと良いと言われています。
無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17482961.jpg

エゴマ油やエゴマ粒の主成分、α-リノレン酸の主な身体への働きは・・・

●血管を強く、しなやかにし若返らせる
●心臓のリズムを整える助けをする
●動脈硬化を遅らせる
●LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げる
●血液の粘度を下げる
●血圧を下げる
●免疫システムを強化する
●皮膚炎など様々な炎症を抑える
●関節炎の痛みを緩和する
●腎臓病を防ぐ
●美肌効果
●脳を活性化させ認知症の予防効果
●うつ病の改善効果
●視力回復

などがあげられ、脳・神経の正常な機能に必要不可欠なものなのです。
その中でも、大変貴重な商品が、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊のオリジナルブランド商品の白えごま油『ピュアホワイト』です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17513933.jpg白えごま油『ピュアホワイト』は、一切の不純物を手選別で抜き出した、完全に白えごまの粒のみを搾油した純度の高い『えごま油』です!
しかもα-リノレン酸が、なんと、65.3%も含まれています。(熊本県産業技術センター調べ)
ただし、平成28年度の「白エゴマ」より搾油した白えごま油『ピュアホワイト』は、今回の再入荷分で終了となるため、数量限定の販売です!
売り切れ必至の大人気商品!
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17533383.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です。
株式会社旬援隊の敷地内の畑に、エゴマ(黒エゴマ)の定植作業をしました!

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_17565405.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『えごま油』、『焙煎えごま粒(黒)』の原材料となる菊池水源産の「黒えごま」は、NPO法人『きらり水源村』の「えごま部会」のみなさんと共に、完全無農薬、完全無化学肥料栽培で生産しています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18052202.jpgまた、「白えごま」は、私及び「えごま部会」の中の有志の方々とで、同じく菊池水源で完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
私たちが育てている「白えごま」は中世の品種で、「黒えごま」は晩生の品種です。
播種や定植そして収穫の時期が、約1ヶ月ほど異なります。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18075352.jpg『えごま油』は、今でこそ多くのメディアで取り上げられ、健康食材として全国的なブームとなっていますが、『きらり水源村』では、ブームになるずっと前の、2012年より本格的な生産を始めました。
私は、その様子をずっと取材していきました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18090154.jpgNPO法人『きらり水源村』は、廃校となった「菊池東中学校」を利用した、『きくちふるさと水源交流館』で、校区民を中心に構成されたNPO法人です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18130716.jpg『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、様々な活動をしています。
こちらは水源小学校の生徒のみんなと、2012年にえごまを育て、そのエゴマで作った『えごま』をドレッシングにするまでを発表した際の様子です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18161294.jpg生徒たちそれぞれが考え作ったオリジナルのドレッシングです。
その頃から『えごま』主成分α-リノレン酸の身体への働きを伝えはじめ、「えごま部会」を立ち上げ本格的な生産をスタートしました。
それから約2年後、多くのメディアやテレビが『えごま油』を取り上げ、現在にいたっているのです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18232205.jpg2015年(平成27年度)からは、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役笠泰紀(私)もえごま部会に参加し、エゴマの生産者となりました。
こちらは7月27日よりスタートした、「黒えごま」の定植作業の様子です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18295978.jpg今年の黒えごまは、6月26日に播種を行い4~5日ほどで発芽しました。私は50穴の育苗トレーを使って定植まで栽培しています。
播種の際はちょっとめんどくさいのですが、それぞれの穴に1粒ずつ種を撒きました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18341884.jpg昨年、収穫後の選別の際に、大粒な種をとっておいたので、発芽率はかなり良かったようです。
もちろん、発芽しないもの、途中で枯れるもの、根切り虫やバッタなどに食べられるものもあるので、苗箱には補植用のとして、筋蒔きで種を撒いておきました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18385493.jpg播種から1ヶ月は、こうして苗床で育てます。こちらは、定植予定日の10日ほど前の様子です。
成長が早いものは12~13cmほどに成長しています。
私の目安としては、15cmほどまで成長したものを、畑に定植しています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18421320.jpgその頃には、茎をもって引っ張ると、ポットの中の土を根っこがしっかりと抱え込みそのまま引きあがるほど、根っこが十分に伸びています。
「早く広いとこに植えてくれよ!」と、えごまの苗たちが言っているようです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18513496.jpgえごまの定植は、足腰にじみに響く過酷な作業です。
夏の暑さと、蚊との戦いでもあり、首からは蚊取り線香をぶら下げて頑張りました。
好天が続いて、土がしっかり乾ききっている時は、定植後すぐに水を与えますが、この日は、前日の夜に少し雨が降り、土も良いコンディションに湿っていたので、水を与える作業は省略することができました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_18570129.jpgその日の午後と、翌日の午前中で、ここの敷地の畑には、ちょうど300本のえごまの苗を定植しました。
消毒や駆除は一切行わないので、根切り虫にやられるとすぐに補植せねばなりません。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_19000913.jpg近隣の農家さんに借りている畑に、さらに700本を定植します。
会社の仕事をしつつ、天気と相談しながらの作業ですが、何とかあと2日ほどでは終わりそうです。
農薬や化学肥料を一切使用しない分、しっかりと手をかけて育てていきます。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_19045346.jpg白エゴマは9月上旬、黒エゴマは10月上旬にそれぞれ開花し、その1ヶ月後に刈り取り(収穫)です。
これからの栽培の様子もまた、このブログで紹介していきます。
今年もきちんと育て上げ、無農薬、無化学肥料の安全で美味しいエゴマ油、エゴマ粒にしたいと思っています。
無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成29年度の黒エゴマ定植の様子_a0254656_19082894.jpg
「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と白えごま油『ピュアホワイト』、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を大好評販売中です!
ぜひ、健康維持にお役立てください!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
残りわずかとなってきました!
ご注文はお急ぎください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-01 19:19 | エゴマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/237413547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 七城米 長尾農園 平成29年度... FLCパートナーズストアの本社... >>