人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技

FLC日記 2017年7月18日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
今年度も初出荷は、毎年10月10日前後の予定です。
太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18014118.jpg


太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18044809.jpg今年は例年よりも少し遅れて、5月中旬から6月上旬にかけ、花が咲き、その後着果しました。
生理落下が終わったこの時期の、元気に育つ様子を現地取材してきました。
青々と育つ『太秋柿』たちに、なんだか美しささえおぼえるほどです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18061897.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称される、秋の果実の王様です。
生産量は熊本県が日本一で、「古川果樹園」さんは、20年以上も前から『太秋柿』を育てる匠の農家さんです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18080926.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(下の段)です。
とてものどかな自然豊かな山あいに、「古川果樹園」さんの柿園はあり、そのいずれも柿園全体をネットで覆っています。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18085140.jpgそれには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。


太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18093640.jpgこの時期、足元には小さな『太秋柿』がたくさん落ちていました。
これらは、“生理落下”と言って、花が終わりた着果した後、果樹の自らの体力以上に果実が実った際に起こる現象です。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18112536.jpgですから、この時点で残っている果実たちは、その果樹が育てようと頑張ります。
しかし、それを果樹まかせにしていると、大きくて甘い『太秋柿』は育ちません。
そこで匠は、「摘果作業」を施すのです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18130867.jpgこちらは、以前の取材で収穫時に撮影したものです。
「古川果樹園」さんでは、古川孝仁さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18142831.jpg本日紹介している『太秋柿』の他には、8月中旬より出荷予定の『熊本産高級種なしかぼす』、5月中旬から下旬にかけて出荷した『山竹たけのこ』などがあります。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18145361.jpg現在は、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を大好評販売中です。
夜の間に成長した柔らかいアスパラガスを、朝採りで収穫し、即日発送にてお届けしています。
その為、発送日を決めての、完全予約制、数量限定販売です。

なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の詳しい情報を知りたい方、今すぐ購入(予約)したい方はコチラ!


太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18184160.jpgさて、話を『太秋柿』に戻しましょう!
生理落下を終えると、これから匠がしっかりと手をかけ『太秋柿』を育てます。
それが、これから行う摘果作業と枝吊り作業です。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18200966.jpgこの様に、まとまって実ると、それぞれの果実は大きく育ちません。
匠の判断で、その枝に見合った数にまで摘果作業を施していきます。
それは、なんと6割ほどにもなり、残すのはたったの4割なのです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18205659.jpg「古川果樹園」さんでは、その残したたったの4割の『太秋柿』を惜しまぬ手間ひまをかけ大事に大事に育て上げます。
それが、枝吊り作業です。
7月、8月の最も暑い時期に行われる、気の遠くなるような手作業です。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18214756.jpg「まぁ、脚立ば何べんも上り下りせにゃんけん、シャツは汗じっくりたい。1日に最低でも3回は着替えるばい(笑)。ばってん、しっかり手ばかけんなら、良か作物はでけんけんなぁ~!」
以前の取材の際に、古川さんがそう笑いながら話されたことを思い出しました。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18250712.jpg残したたった4割を収穫まできれいに大きく育てるべく、匠は1枝1枝を全てひもで吊って、風(とりわけ台風)で揺れ、果実に傷がついたり、ましてや落果したりしない様惜しまぬ手間ひまをかけていきます。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18263517.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、
弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
匠の摘果作業も枝吊り作業も毎年見てきているのです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18273103.jpg果樹が自ら生理落下をして、10の体力に見合う果実を実らせ、匠がそれをわずか4割にまで落とします。
そのわずか4割を果樹が10の体力で全力で育てるのですから、大きくて甘い太秋柿になるのです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18283475.jpgこちらは、現在の様子です。これから、匠の摘果作業が行われます。
次回は、摘果作業と枝吊り作業が行われている頃に取材に伺いその様子はまた、今年もきちんとブログで紹介いたします。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18341776.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する太秋柿は、『太秋柿プレミアム』です。「古川果樹園」さんが大切に育て上げ、丁寧に収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の太秋柿だけを、弊社のお客様用に『太秋柿プレミアム』として出荷いただいているのです。

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18355415.jpg『太秋柿』の“本場”と言える熊本県で、20年以上の栽培歴を持つ匠の『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!
スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技_a0254656_18413973.jpg今年も『太秋柿プレミアム』と、大玉のものだけをそろえた『太秋柿プレミアム極(きわみ)』、そして『太秋柿プレミアム(化粧箱入り)』()写真の、3商品の出荷予定です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年は、10月10日(火)の初出荷を予定しています。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-18 18:43 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/237227513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デコポン(肥後ポン) 着果後の... 無農薬・無化学肥料で育てる「菊... >>