人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

太秋柿 剪定前の冬の様子

FLC日記 2017年1月23日(月) 雪
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。
1週間ほど前に現地取材に伺った際の写真で、まもなく、匠の剪定と誘引作業が始まります。
太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_16485413.jpg

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_16502272.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_16535491.jpgこちらは、10月下旬の最旬を迎えたころの「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園の様子です。
『太秋柿』は、熊本県が全国生産量の約半分を占めています。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_16555825.jpgその中でも、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、甘さがずば抜けています。
毎年変わらぬ徹底した管理と、惜しまぬ手間ひまをかけて育てられた太秋柿の中から、さらに選び抜いた“本物”と呼べるものだけを、弊社のお客様にご提供いただいているのです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_1715080.jpg太秋柿の本場、熊本県でもう20年以上も栽培している匠が、大切に育て上げ、匠の目で判断した選び抜かれた逸品に、“太秋柿プレミアム”のシールを貼り出荷します。
ここまで美味しさが違うのか?と思わせるほどの甘さで、昨年の『太秋柿プレミアム』も、糖度がなんと20度を超えていました!!

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_1771158.jpg今年も変わらぬ美味しさに育て上げる匠の、現在の柿園の様子を取材してきました。
これから、冬の剪定と誘引作業を行っていくのです。
それにしても、いつ伺っても、本当にきれいに整備されています。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_17254377.jpg12月下旬、「古川果樹園」さんでは、落葉した太秋柿の葉っぱを、全てきれいにかき集め処分します。
落葉した葉っぱを残しておくと、病気や害虫の原因になるからです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_17291072.jpg匠の農家さん「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「1枚も残らんごつ葉っぱは集めてしまうとたい。できるだけ農薬は使おごつなかけん、その分こぎゃんして手ばかけてやるとたいね。」

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_17333041.jpg奥様のアツ子さんが手際よく落ち葉を集めています。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんとアツ子さんの仲良しご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_17365552.jpgこちらは、収穫の取材に伺った際のツーショット写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_17393011.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
これは、5月に咲く『太秋柿』の花です。
収穫後の落ち葉拾いも、冬の剪定や誘引も、蕾、花、着果後の摘果の様子も全てです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_1805925.jpg「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆って『太秋柿』を育てています。
それには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。
ご覧ください!
『太秋柿』が実る枝、1本1本を全てこうしてひもで吊るしているのです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_18104642.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した『太秋柿』のなんと約6割を摘果して、残した約4割を大切に育て上げます。
残した4割が成長の過程で枝が折れたり、キズがついたりしないように、その1本1本をひもで吊るし育てるのです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_1823474.jpgしかしそのためには、元気な花をしっかりと咲かせ、きちんと着果させなければなりません。
そこで、的確な時期に的確な剪定作業を施す必要があるのです。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_18252264.jpgこの短く切られた枝は、昨年果実を実らせた枝です。
冬のこれからの時期に、「古川果樹園」さんでは、匠の技できちんと剪定作業を行い、5月には元気な花を咲かせます。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_18285524.jpg「農作物を美味しく育てるためには、様々な作業ば、的確な時期に、正しい方法でせんといかんけんな!」
古川さんはいつもそう話します。
もちろん、この冬の匠の剪定作業の様子も、現地取材しこのブログでご紹介いたします。

太秋柿 剪定前の冬の様子_a0254656_18312250.jpg「FLCパートナーズストア」では、]「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
収穫した中から、匠の目で選び抜いた『太秋柿プレミアム』です。
すでに、今年の初出荷分ではたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
今年も惜しまぬ手間ひまで、“本物”と呼べる太秋柿を育てることでしょう!
これからも、冬の選定作業、花咲く様子や着果の様子、枝釣り作業、摘果作業などなど、成長の過程や、匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-23 18:34 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/23570712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本イチゴ『さがほのか』 2番... 熊本産『ステビアにんにく』 平... >>