人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!

FLC日記 2017年1月22日(日) 雪のちくもり

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15162214.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、有機肥料の“ステビア”を土作りに利用し、無農薬・無化学肥料で育てた熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
『ステビアにんにく』は、弊社の大人気商品で、平成28年度もおかげさまで完売いたしました。
熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15185971.jpg

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15211326.jpg惜しまぬ手間ひまと、“ステビア”を与えた元気な土で育ったにんにくは、なんといってもその一粒が大きいことが最大の特徴です。
大きなものは、ピンポン玉ほどの大きさにもなります。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15243063.jpg“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブの1種です。
作物の品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15273218.jpgここは、熊本県菊池市にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
にんにくの栽培は、10月下旬の種まきからスタートします。
種まきをしたにんにくたちが、元気に成長していました。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_1531788.jpgこちらが、その種まきの様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15332388.jpg巻いている種(にんにく)は、弊社で販売している『ステビアにんにく』と全く変わらないものですが、それらを次の年用に“種”として保管していたものです。
早いものはすでに根っこが伸び始めています。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_15362255.jpg「本藤果樹園」園主の本藤猪一郎さんです。
「にんにくの栽培には、とても肥料がいるとたいね。堆肥を有機肥料とうぃてふんだんに与えて、さらに「ステビア」もしっかり投与して良か土ば作っとかんと、元気に育ってくれんとたい。」
にんにくは、10月下旬に種を撒き、冬の寒さに耐えながら成長していきます。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_1616395.jpg「本藤果樹園」さんのメインの作物は、こだわりの『樹上完熟梨』です。
猪一郎さんは、現在、冬の剪定さぎゅを行っていますが、『ステビアにんにく』の栽培地のすぐ近くにある梨園は、昨日こうして雪が積もりました。
果樹と異なり、1年ごとのにんにくですが、霜が降り、雪が降り、氷点下にもなる冬の本格的な寒さに耐えて成長するからこそ、栄養価の高い食材になるのでしょうね!
(※写真は、本藤猪一郎さんのフェイスブックより)

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_162252100.jpg「本藤果樹園」さんでは、『ステビアにんにく』を、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てています。
“ステビア”を土作りに利用することで、土が持つ本来の力を呼び戻すことができるからです。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16265647.jpgまだまだ、背丈も低いにんにくたちですが、冬の寒さに耐えながら成長した4月上旬には、何度も何度も新しく葉っぱを芽吹かせながら、1.5倍くらいの背丈に成長します。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16302579.jpgそして、5月上旬には、その先に、このような花芽が芽吹いてくるのです。
この、丸くなっているところが、にんにくのつぼみで、そこに花が咲くらしいのです。
なぜ、「咲くらしい」なんて表記にしたかというと・・・

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16323832.jpg実は私は、にんにくの花を見たことがありません。
にんにくの栽培においては、花芽が出るとこうして「芽カギ作業」を行って、全ての花芽をかいでしまいます。
ですから、もう何年も現地取材をしてきても、私はにんにくの花を見たことがないのです。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16361516.jpgこちらがその芽カギ作業の様子です。
「にんにくの芽ばこの時期に摘んでやらんと、良かにんにくはできんけんね。花ば咲かせんごつせにゃんとたいね。」
猪一郎さんのお母さんの本藤郁代さんが、その取材の際にそうお話しいただきました。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_1640771.jpgこうして花芽をかぐことなしに、そのまま花を咲かせると、栄養が花に行き、球根ともいえるにんにくの食するところに栄養が蓄えられないのです。
ですから、ての花芽は全て摘んでしまうので、当然1輪もニンニクの花は咲かないということなのです。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_1643346.jpg惜しまぬ手間ひまと、“ステビア”を与えた元気な土で育ったにんにくは、ひと粒が大きいく、みずみずしいく、辛さがマイルドなんです!
にんにく特有の嫌な香りが少ないのも特徴で、 にんにくのうまみ成分はそのままに、大きくて臭いが少ないにんにくになります。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16474993.jpgこれからまだまだ成長していくにんにくですが、5月上旬の芽カギ(摘蕾)作業を経て、5月下旬か6月上旬には収穫(掘り上げ)します。
乾燥作業が終わり次第の出荷ですが、今年も7月下旬を予定しています。

熊本産『ステビアにんにく』 平成29年度も“ステビア”を肥料とし無農薬・無化学肥料で元気に育てます!_a0254656_16494992.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
今年もすでに、初出荷分はご予約を頂戴しているほどの大人気で、おそらく今年も完売間違いなしの大人気商品です。
受注受付は、7月中旬頃からの予定です。
『ステビアにんにく』のこれからの成長、芽カギ作業、収穫や、その後の乾燥の様子など、現地取材でまたご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-01-22 16:51 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/23567872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 太秋柿 剪定前の冬の様子 フレッシュブルーベリー ブルー... >>