人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子

FLC日記 2016年11月3日(木) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にあります。
株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_16503344.jpg
こちらが本社社屋です!
昨日から、秋が深まり、急に冷え込みました。
昨日の朝の気温は5℃!
慌てて冬支度をしました!

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1704723.jpgこの子は、エントランスにいる、薪ストーブの「薪之介」です。
トラックのホイルを利用した手作りの薪ストーブです。
昨日、すぐに使えるように、きれいに磨き、掃除をしました。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1781468.jpg屋根に上り、夏の間取り外していた“煙突”も取り付けました。
煙突掃除は、取り外した際に行っていたので、今回は設置だけです。
準備万端整えて、今朝を迎えたのです。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1732742.jpg今朝の気温は3℃で、この秋一番の寒い朝でした。
さっそく薪之介は大活躍!
エントランスで、薪之介に火を入れると、廊下を通り事務所までポカポカになります。
薪ストーブのぬくもりは、エアコンやファンヒーターと異なり、癒される暖かさなのです。
この、炎を見ているだけでも、なんだかとても落ち着きます。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17103954.jpgただ、この薪之介はかなりの大食漢で、薪を1冬で軽トラック2台分以上は消費します。
だから、薪の準備も大変なんです。
薪は、山林組合に勤めている、ご近所の川口さんが、山で切った雑木や、伐採した杉やヒノキを持ってきてくれるので大助かりです。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1715955.jpgただ、持ってきていただくのは、丸太のままなので、時間を見てこうして薪之介に入る長さに、チェーンソウで切って、それを薪割りしなければなりません。
薪割りをしないといけない丸太が、まだまだこんなにもあります。
でも、どうしてもやっておかねばならないのです!
それは・・・、この山奥の寒さは半端ないからなんです!

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17291061.jpgこれは、2014年2月13日の様子です。
お昼過ぎに、約20cmほどの積雪になりました。
それから、雪はどんどん降り続け、翌日(2月14日)の朝には・・・

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17323615.jpg積雪なんと45cm!
私がここに暮らすようになって、この日が最も雪が積もりました。
一番寒かった日は、-16℃にもなったんです。
ここは本当に熊本県?って感じですよね!(笑)

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17374792.jpgこれは、ここの目の前にある、ここに来る唯一の舗装道路です。
ここより山奥には誰も住んでいないため、電線はここまでしか来ていません。
敷地内に立てられている電柱は、言うならば“電柱の果て”って感じでしょうか!
ここに来るには、急な坂道を登ってこないといけないので、大雪になると、ここに来ることも、ここから下りることもできないのです。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17423287.jpg先ほど紹介した、2月14日の朝の写真です。
新雪の時はまだいいのですが、これが凍結すると完全にアウトです!
当然、こうなると、3日ほどは下山できません。
ですから、冬の間は常に3日分くらいの食料は確保しています。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_17561836.jpgそんな山奥で、私が何をしているかと言うと、自ら畑を耕し、果樹を育て、原木しいたけを栽培し、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しながら、株式会社旬援隊のネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
これは9月中旬の上の段の畑の様子です。
1500坪ほどあり、そこで様々な作物を育てています。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1814761.png「FLCパートナーズストア」では、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる“本物”と呼べる様々な旬の食材を販売しています。
お客様に食材を案内するためには、自らも農業を行って、生産者であり消費者でもある立場から、きちんと紹介したいと考え、この地に会社を作り頑張っています。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18105256.jpgまもなく、弊社の大人気商品『原木しいたけ』の今期の販売をスタートします。
私は、弊社で販売する商品すべての作付地に伺い、年間を通して現地取材してこのブログで紹介しています。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18131775.jpg『原木しいたけ』は、自らも栽培しています。
契約農家の「小春農園」さんに種ゴマを分けていただき、自己消費用としての栽培です。
これは、昨年春にコマを打ち込み伏せていた原木です。
一昨日と今日とで、その原木を栽培地に移す“ボタ起こし”をしました。
起こす時期がちょっと遅かったようで、すでにたくさんのしいたけが出てきていました。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18164133.jpgすでにすっかり開いていますが、おいしそうなしいたけができていました。
『原木しいたけ』は、クヌギやナラの木を原木とし、そこにしいたけの菌を打ち込み栽培する方法で、農薬や化学肥料は使わず、最も自然に近い栽培方法です。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18232475.jpgしかし、『原木しいたけ』の栽培には、原木の伐採から収穫まで約2年の年月を要することと、その間に多くの手間ひまがかかるため、しいたけにおける『原木しいたけ』の比率は、2割にまで減少しています。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18273181.jpg本日起こしたボタ木から、しいたけが芽吹いていました。
1週間ほどで収穫です。
現在、スーパーなどで販売されているしいたけのほとんどは“菌床しいたけ”で、おがくず等と肥料を使い“菌床”として栽培する方法です。
ハウスや建物の中で栽培され、温度や湿度管理をすることで、1年を通して収穫が可能です。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18314285.jpgもちろん、「菌床しいたけ」を否定する気は全くありませんが、「FLCパートナーズストア」では、最も自然に近い栽培方法で、2年もの長い歳月と惜しまぬ手間ひまをかけた、こだわりの『原木しいたけ』をまもなく販売いたします。
ぜひご賞味ください!

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18354726.jpgまもなく販売と言えば、ここで私が育てた『水源キウイ』も、今月中旬より販売予定です。
今年も、ゴールド種とグリーン種の2種類のキウイを販売いたします。
左がゴールド種、右がグリーン種で、もちろん全く別の果樹に実ったもので、枝が隣接しているものを撮った写真です。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18411144.jpgキウイは冬のフルーツなんですよ!
こちらは収穫の様子、この日はわりと温かく軽装ですが、11月中旬の写真です。
今年も、完全無農薬、完全無化学肥料で育てたキウイを販売いたします。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18425876.jpg大変ありがたいことに、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している人気商品です。
たくさんの方に食べていただきたいのですが、数量限定商品のため、完全予約制での販売です。
現在は、お電話でのみ予約を承っていますが、まもなく、ホームページでも受付をスタートします。
詳細は、またこのブログで、後日詳しくご紹介いたします。

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1847949.jpg本日は、ここの冬支度の様子や、オリジナルブランドの食材の商品を紹介しましたが、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる旬な食材を販売しています。
株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_1848128.jpg

株式会社旬援隊 秋の深まりと冬支度、原木しいたけのボタ起こしと敷地内の様子_a0254656_18505028.jpg3人のこだわりの匠が育てた『熊本のお米』、最旬フルーツ、新鮮野菜などなど、他では手に入れることのできない、弊社のネット独占販売商品ばかりです。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧下さい!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2016-11-03 18:55 | FLC | Trackback | Comments(0)
<< 香り高き柚子(ゆず) 平成28... ザ・みかん お待たせしました!... >>