人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子

FLC日記 2016年10月1日(土) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬で育てた『エゴマ』の種子(粒)から絞った『エゴマ油』と、種子を焙煎した『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を、平成28年度もネット独占販売いたします。
無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_186317.jpg

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18104578.jpgエゴマは、シソ科の1年生植物で、その種子(粒)を収穫し、搾油したものが『エゴマ油』、焙煎したものが『焙煎エゴマ粒』とするのです。
こちらは、昨年の収穫時期のエゴマです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1812720.jpg収穫したものを乾燥させ、脱穀→唐箕にかけて→洗浄→乾燥→選別という手順を経て出荷し、そこから搾油や焙煎作業を施し商品となります。
収穫時期を前に、エゴマ部会が開催されました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18163856.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『えごま油』、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」の皆さんとで、無農薬・無化学肥料で栽培したエゴマから作ったものです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18221371.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)も、昨年より「エゴマ部会」に参加し、ともに栽培しています。
こちらは、今年の7月28日の黒エゴマの定植の際に撮影したものです。
これより、1か月前の6月下旬には、白エゴマの定植も行いました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18303299.jpg白エゴマは、黒エゴマに比べ、少し粒が大きく、主に『焙煎エゴマ』として利用しています。
私たちが育てる白エゴマは、中生の品種で6月上旬に種を撒き、10月上旬に収穫です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18324420.jpgこちらは、同じ「エゴマ部会」の方の黒エゴマの栽培場の現在の様子です。
黒エゴマは、7月上旬に種を撒き、7月下旬に定植、今の時期に花が咲き、収穫は10月下旬から11月の上旬です。
私たちの「エゴマ部会」の多くの方が、この『黒エゴマ』のみを生産しています。
今年から「エゴマ部会」に参加された方もいるので、この時期に成長の様子の確認やこれからの手順の指導を含め、今年度の3回目の「エゴマ部会」が開催されました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18391596.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある「きくちふるさと交流館」の食堂です。
「きくちふるさと交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」を利用した、校区民を中心に構成されたNPO法人『きらり水源村』によって運営されています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18424431.jpgきらり水源村は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、様々な活動をしています。
その活動の中の一つが「エゴマ部会」です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18445871.jpg『えごま油』は、今でこそ多くのメディアで取り上げられ、健康食材として全国的なブームとなっていますが、『きらり水源村』では、ブームになるずっと前の、2012年より本格的な生産を始めました。
私は、その様子をずっと取材していきました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1853426.jpgこちらは、2012年11月15日に開催された、きらり水源村が主催する『水源 食の文化祭』での展示パネルです。
エゴマの良さ、エゴマができるまで、エゴマを使たドレッシングなどが紹介されています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_18572041.jpg現在は背後地なっていますが、当時の水源小学校の生徒の皆さんと共に育て、各々オリジナルドレッシングを作りました。
子供ならではの、独創的なドレッシングもあり、かなり好評でしたよ。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1858582.jpgさて、今回のエゴマ部会に話を戻し、まずはきらり水源村の理事長、岩崎良美さんが、
「これからがエゴマ栽培の本番です。収穫から出荷までは大変な作業が待っていますが、頑張りましょう!」と挨拶しました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1924396.jpg続いて、エゴマ部会の中丸ひとみ部長が、エゴマの定植作業や、台風での被害などエゴマ栽培の苦労を、ユーモアを交え話しました。
もちろん、お二人ともエゴマの生産者です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1933641.jpgきらり水源村スタッフの山下くんが、「先日、岩崎理事長と皆さんの栽培地を見て回りました。これは、以前、研修に行ったエゴマ畑のこの時期の様子ですが、みなさんの頑張りで今年は今のところかなり良いようです。」と、研修に行った際の写真と、私たちの現在の写真を見比べながら話しました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1983799.jpgその後、様々な質問や意見が飛び交う、とても有意義なエゴマ部会が続きました。
やはり皆さん、これからの収穫から出荷までの段取りが気になるようです。
私も生産者の一人として、これからの手間ひまと苦労を考えちゃいますね!

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_19111169.jpgそこで、この日は、みなさんの英気を養い、一致団結して頑張ろうと、懇親会も開催されました。
やはり話題の中心は、終始エゴマのことばかりです。
皆さんの、まじめに一生懸命取り組む姿勢をひしひしと感じましたよ!

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_19171587.jpg地元の作物をメインとして使った、美味しい料理を堪能しました。
この時期の旬の食材の「栗ご飯」は絶品でした。
そうそう!
忘れてはいけないのがコチラです!

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1919291.jpgこれは、なんと、「エゴマ豆腐」なんです。
エゴマの粒を搾油する際に、残った主にエゴマの殻を使ったオリジナル料理です。
もちろん、栄養はまだたっぷりと残っていて、わさび醤油で食べると、本当に美味しいんです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1921337.jpgその「エゴマ豆腐」を考案したのが、きらり水源村の調理スタッフの原田さんです。
地物と食材を生かした郷土料理を中心に、きらり水源村の食堂で、お料理を提供しています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_19235485.jpg美味しいお料理と共に、会話も弾みとても有意義な「エゴマ部会」でした。
次回は、黒エゴマの収穫時期を前に、再度開催する予定です。
「台風が心配だけど、みなさん頑張りましょう!」と、お開きになりました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_1926756.jpg今回のエゴマ部会の前に、みんなで集合写真を撮りました。
ちなみに、一番端にいるのが私です。
私ともう1名は、白エゴマを栽培しているので、みなさんより先に、いよいよ収穫が始まります。
その様子は、また後日、このブログでご紹介いたします。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 平成28年度の収穫に向け第3回エゴマ部会の様子_a0254656_19292572.jpg『焙煎えごま粒(白)』の出荷は、11月中旬より、黒エゴマから作る『エゴマ油』、『焙煎えごま粒(黒)』は、12月下旬よりの出荷予定です。
もちろん今年も「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。
無農薬、無化学肥料にこだわり、しっかりと手をかけて育てた安全・安心な菊池水源産のエゴマです。
現在、お電話でのみご予約を頂戴しています。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2016-10-01 19:33 | エゴマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/23255617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無農薬・無化学肥料で育てる「菊... 熊本産『ステビアにんにく』 数... >>