人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます

FLC日記 2016年6月4日(土) 雨

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1711573.jpg株式会社旬援隊では、無農薬・無化学肥料で育てる『水源キウイ』を生産しています。
そして、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。
今年も、元気に成長中です!
水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1742776.jpg
『水源キウイ』は、甘味が強いゴールド種と、程よい酸味のグリーン種です。
ただし、収穫及び出荷は、11月下旬からの予定です。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17943.jpg夏のイメージが強いキウイフルーツですが、実は冬の果物なんです。
これは、11月下旬の収穫の様子で、株式会社旬援隊代表取締役の私、笠泰紀です。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17142342.jpgここで栽培する『水源キウイ』は、毎年、5月上旬からこのような白い花が咲きます。
ちなみに、これは雌花で、真ん中の子房がいずれキウイの果実になるんです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17175460.jpgこちらが雄花です。
中央には子房がなく、もちろん雄花には果実は実りません。
キウイは雄花と雌花を別の株につける雌雄異株の植物です。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17234298.jpgここには、4ヵ所のキウイ棚があって、メスの木が6本と、オスの木が5本です。
それぞれの開花の時期が少し異なっていて、最初に開花するのは、このゴールド種の雌花です。
なぜだか雄花は、雌花に開花より5日ほど、毎年遅いんです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17314811.jpg雌花が咲き、雄花が咲くまでの間は、毎年心より雄花の開花を待ち望みます。
と言うのは、ここのゴールド種はこうして1本から3つの花を咲かせることが多いのですが、最初に咲く中央の花に着果しないと良いキウイができないからです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17373287.jpg通常は、昆虫たちが雄花と雌花を飛び回り交配(受粉)を行います。
写真は、マルハナバチです。
しかし、毎年雄花の開花間もないころは昆虫たちに任せず、雄花を摘み取り交配作業を行い良い果実を着果させようと頑張っています。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17442024.jpg今年もその甲斐あって、中央の花はもちろん、両サイドの花にもしっかりと着果しました。
しかし、それらを全て果実にしても、けっしていいものはできません。
そこで、摘果作業を行うのです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17472420.jpgきちんと中央に着果しているのを確認して、両サイドの果実を中心に落としていきます。
まずは、1次摘果でこれくらいの数を残すようにします。
この後、2次摘果をして、おそらくこの写真では、2つの果実だけを残し実らせると思います。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17513884.jpgその後の2次摘果は、単純作業ではなく、その果実1つ1つを判断して行います。
ちなみに、この3つの中では右の果実を落とします。
丸みが強い形の果実は、あまり大きく成長しないからです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_17565538.jpgこちらは、グリーン種の果実です。
ゴールドもグリーンも摘果作業は同じですが、この写真の場合残すのは真ん中の1つだけです。
左はすでにキズが入っていて、右はそのまま育てても中央とぶつかってきれいに育たないからです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1814897.jpgこちらは、7月中旬の様子です。
これくらいのバランスで、果実を実らせ育てないと、大きく甘いキウイになりません。
キウイは開花から収穫まで半年ほどかかり育ちます。
その間にキウイ同士がぶつかったり、枝や葉に触れたりしてキズがつかない様に、毎日のチェックは欠かせない作業です。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1864051.jpg今日は冷たい雨が降りました。
これは最も開花が遅いキウイたちですが、どうしても1次摘果を早く行わねばならず、雨の中黙々と作業を続けました。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_18131788.jpg『水源キウイ』は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある株式会社旬援隊の敷地内で育てています。
これは、本社社屋で、ここの敷地は、1500坪ほどあり、近隣にも畑も借りていて、全部で、約3,000坪の中で暮らしています。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_18174361.jpgその地で私は自然と共に生き、自ら畑を耕し、13種類の果樹と原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
ここではすべての作物を、完全無農薬、完全無化学肥料で育てています。
ここで育てている農作物の、自然栽培で育てた『利平栗』や、『烏骨鶏のタマゴ』、『春の山菜』などは、オリジナルブランド商品として販売していて、その中の1つが本日ご紹介した『水源キウイ』です。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1823164.png株式会社旬援隊では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約している匠の農家さんが育てる“旬の食材”を販売しています。
どれも、ここでしか買えない“本物”と呼べる逸品ばかりです。

水源キウイ 摘果作業で大きく甘く育てます_a0254656_1825695.jpg現在の最旬フルーツは、やはり『スイカ』です!!
頑固なまでにこだわりぬいた“スイカの匠”達による、最高級のスイカを、豊富な品ぞろえでご案内しています。
「FLCパートナーズストア」では、毎月新しいフルーツを販売しています。
来月(6月)は、高級マスクメロン『肥後グリーン』や、樹上完熟『アップルマンゴー』も販売予定です。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをのぞいてみて下さい!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-06-04 18:27 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22874862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本スイカは今が旬!選べるライ... 有機栽培の水田ごぼう 今まさに... >>