人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

菊池水源棚田米 熊本地震に負けず苗床ばしたばい‼

FLC日記 2016年5月15日(日) くもりのち時々雨
「FLCパートナーズストア」では、清らかな水で育った後藤武臣さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売しています。
平成27年度の『菊池水源棚田米』も残りわずかとなりました。
a0254656_1861181.jpg

↓ 今すぐ注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


a0254656_189566.jpg「今年は、熊本地震で大変だろうと思って、苗床ばするとの連絡ばせんだったとたい。5月5日に苗床はしてしもうたけん、写真ば撮っときなっせ!」
水にこだわるお米作りの“匠”、後藤武臣さんが先日そう電話をしてきていただきました。
さっそく、苗床の様子を取材してきました。

a0254656_1815069.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある棚田です。
全体を見下ろす高台から撮影しました。
後藤さんの田んぼは、高台から見て一番奥の最も南に位置しています。

a0254656_1815589.jpgここ、菊池水源は、その名の通り“水の源(みなもと)”の地区です。
1級河川「菊池川」の最上流にある地域です。
この清らかな水が、用水路を通り後藤さんの棚田へと流れてきます。

a0254656_18293567.jpgこの用水路は通称“原井出(はるいで)”と呼ばれています。
菊池水源にある原(はる)と言う地区を出発点とするからです。
今でこそ、コンクリートで整備されていますが、もともとは江戸時代(元禄)に作られたものです。

a0254656_18323410.jpgなんと、300年以上も前の話です。
当時、河原手永惣庄屋、河原杢左衛門(かわはらもくざおもん)と言う方が、菊池川上流から水を引く井出の計画を立て、4年余りの歳月を経て、元禄14年(1701年)に総延長11kmにおよび、長短の総延長500mを超えるトンネルを掘り進め完成しました。

a0254656_18413336.jpg後藤さんの棚田のすぐ近くには、その公益をたたえ河原杢左衛門さんの記念碑があります。
正確に言えば、記念碑がりました。
4月17日未明に起きた熊本地震の本震で、こうも無残に崩れてしまったのです。

a0254656_18482685.jpg後藤さん家の近所にある、神社の鳥居もこの姿です。
お墓や、石垣なども軒並みくずれ、同じ原地区の中には、家屋の崩壊や大きな地割れなどの被害も出ています。
後藤さんの家は、壁がくずれはしたものの、大きな被害からは免れました。
また、先ほど紹介した“原井出”がなければ、この辺り一帯のお米作りはできませんが、何とか無事でしたので、後藤さんは例年通りの苗床を作ったのです。

a0254656_1857421.jpg後藤さんの田んぼは、私が立っているところも含め、5枚の棚田です。
もともと19枚あった小さな田んぼ(棚田)を区画整理で5枚にしました。
それでも、曲がりくねった田んぼばかりです。

a0254656_190559.jpg棚田でのお米作りは、平地での四角い田んぼに比べ、お米を育てる労力は5倍とも10倍とも言われています。
隣りの田んぼ(棚田)までは、まっすぐなあぜ道などなく、曲がりくねりしかも急こう配の土手で区切られています。
その土手の、草刈りだけ考えても、かなりの重労働となります。

a0254656_19104915.jpgではなぜ、後藤さんはこの手のかかる棚田でお米を作るのか?
それは、この地が“菊池水源”と呼ばれる、水の源(みなもと)の地だからです。
水の源から最初に流れ出る、お米作りの命とも言える、清らかな水がここにあるからです。

a0254656_1913750.jpg苗床は、最も上に位置する棚田に作られました。
こちらは、一昨年の苗床作りの様子です。
苗床とは、お米の種(籾)をまいたトレーを、田植えまで集中管理して育てるところです。

a0254656_1915121.jpg苗床に並べたトレーには、この時期、白いシートがかけられています。
これは、2つの目的があり、1つ目は発芽や成長を促すための保温効果と、野鳥対策です。
一定期間を過ぎると取り外し、苗を田植え時期まで育てます。

a0254656_19184277.jpg水にこだわり『菊池水源棚田米』を育てる“匠”、後藤武臣さんです。
先日の電話で、「こぎゃん時だけん、今年も立派に米ば作らんといかんと思うとたい!同じ農家仲間の中には、「地割れで田んぼのどぎゃんもならんけん、もう米作りはやめた!」なんていうもんもおるとたいね・・・。だけん、その分もがまだすばい‼」

a0254656_19215340.jpg後藤さんの熊本弁わかりました?
「(自身があった)こんな時だからこそ、今年も良いお米を作らないといけない。農家仲間には田んぼが次割れてどうしようもできないので、米栽培をやめてしまったという方もいるんだよ。だから、その分頑張らんと行けないんだ!」
と言ったところでしょうか!(笑)

a0254656_1926591.jpg後藤さんの平成28年度の『菊池水源棚田米』作りが、本格的にスタートしました。
10月には、米作りの命とも言える、菊池水源の清らかな水で、今年もこの様な黄金色に輝く稲穂が育てられることでしょう。

a0254656_19273677.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売いたします。
手のかかる棚田で、たっぷりの愛情と惜しまぬ手間ひまで育てた、安全・安心な美味しいお米です。
ふっくらとしてつやがあり、美味しいお米はそれだけでごちそうですよね!
ここでしか買えない貴重なお米です。
もちろん、数量限定での販売となっていますので、早い者勝ちですよ!!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお急ぎください。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-05-15 19:36 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22812515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本梨 本藤果樹園 結果枝の樹... 香り高き柚子(ゆず) 柚子の花... >>