ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

香り高き柚子(ゆず) 柚子の花!開花の数は収穫の時の剪定作業で決まります!

FLC日記 2016年5月14日(土) 晴れ
「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高きゆず『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
a0254656_17361177.jpg
11月上旬からの出荷予定です。
昨年は、出荷が追いつかないほどの人気で、とりわけ、『冬至用ゆず』は、出荷予定数をご予約のみで完売し、すでに今年のご予約も多数頂戴しています。

a0254656_17375527.jpg色づいたゆずの出荷前に、柚子こしょう用として大人気の『青ゆず』も販売いたします‼
9月中旬より、出荷用のサイズにまで成長したものを、朝採り即日出荷でお届けいたします。

a0254656_17415742.jpg今年も元気なゆずの花が咲きました。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売する商品の生産地に年間を通して伺って、現地取材しています。

a0254656_17463559.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、「鬼塚農園」さんの柚子(ゆず)の栽培地です。
この写真は、その中のほんの一部!
柚子の栽培地はなんと5反(1500坪)もあり、けっして1枚の写真では収まらない広さです。

a0254656_183935.jpg自然豊かな日の当たる山の斜面を利用して、『香り高きゆず』を栽培しています。
柚子の花咲く頃は、ちょうどアザミの花も、まるで競うかのように咲き誇っていました。
今日の主役は、柚子の花です。
毎年、4月下旬から5月中旬にかけて白い花を咲かせます。

a0254656_187368.jpg柚子は、ミカンやデコポン、カボスなどと同じ柑橘類です。
花の色や形はほんとそっくりです。
咲き誇る花はとてもさわやかないい香りがして、私も大好きです。

a0254656_18101490.jpgどうやら、花の香りに誘われているのは、私だけではないようです。
たくさんの虫たちもいました。
ミツバチ、ハナアブ、マルハナバチ、カナブンなども、たくさんいましたよ。

a0254656_1815965.jpgたくさんの花をつけた柚子の果樹がありました。
これは、小さめの柚子を生産する果樹です。
「鬼塚農園」さんでは、11月の収穫の際に同時に剪定作業も行い、果樹の樹勢を保っています。

a0254656_18175414.jpgこちらは新芽に芽吹いた花です。
こうして、1輪だけぽつんと咲くと、柚子の果実は大きく成長します。
昨年、多く実らせた果樹は、収穫と同時の剪定もたくさんするので、次の年は新芽が伸びてそこに花が咲くのです。

a0254656_18215158.jpg一方、この枝にはこんなにもたくさんの花がしています。
昨年は、大きな果実をポツンポツンと実らせた果樹です。
でもこれだけの花が咲いても、着果するのは良くて10分の1くらいなのです。

a0254656_18252289.jpg足元にはすでにたくさんの柚子の花びらが落ちていました。
たくさん咲いた枝は、小さい果実が実ります。
お客様のニーズに合わせ、大きいものから小さいものまで生産調整しているのです。

a0254656_1829746.jpg柚子は、柑橘類のの中でも、とりわけ鋭いとげを持っています。
もちろん、自らの枝や果実を守るためのものですが、その鋭いとげが実る果実も傷つけてしまいます。

a0254656_1833152.jpgですから、「柚子はキズがあって当たり前」と言われるほどです。
しかし弊社では、それらをあえて『キズあり柚子』として販売しています。
それは、香り高きゆず『あっぱれ』と差別化するためです。

a0254656_18344928.jpg先ほどポツンと咲いている花を紹介しましたが、そこに実ると『あっぱれ』になる可能性がります。
上手くキズが付かずに収穫を迎えた柚子が、香り高き柚子『あっぱれ』になるのです。
香り高き柚子『あっぱれ』は、収量のわずか1割程度で、ここまでキズ一つない柚子は、奇跡の柚子と呼ばれています。

a0254656_18393888.jpg「鬼塚農園」の鬼塚敬治さんです。
「冬の間に、有機肥料をしっかり与えてこの花の時期に備えてきたけん、今年もホント良か花の咲いたし、しっかり良か新芽の芽吹いとるばい。」
鬼塚さんは、柚子園に入る時は、とげとの戦いに備え常にヘルメット着用なのです。

a0254656_1850614.jpg「今年も、これから半年かけて、しっかり良か柚子ば作り上げるばい。昨年は、『あっぱれ』があっという間に売り切れたけん、全体の収量を増やすことで、1割しかない『あっぱれ』の収量も増えると良かばってんね・・・。」

a0254656_18541332.jpgこれは、昨年の収穫の際に撮影した「鬼塚農園」の鬼塚啓治さん、紀美代さんご夫婦です。
笑顔の絶えないとっても仲良しのお二人が、惜しまぬ手間ひまで『香り高きゆず』を育て上げます。

a0254656_18582273.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』、『青ゆず』をネット独占販売いたします。
今年も、柚子栽培20年以上の匠が育て上げる『香り高きゆず』にご期待下さい!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材にてご紹介いたします。
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-05-14 19:02 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22809291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菊池水源棚田米 熊本地震に負け... 熊本ぶどう 社方園 匠の摘粒作業 >>